方面軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

方面軍(ほうめんぐん、英語: area army)は、軍隊部隊編制単位の一つ。複数の(: army)をもって編成され、さらに複数個方面軍が集まって総軍(theater, general army)となる。

「方面軍」自体は主にかつての日本陸軍において使用されており、アメリカ軍イギリス軍は「方面軍」の編制をもたず、多くの場合、「野戦軍(: field army)」が陸軍部隊としてはもっとも大規模なものであった。このことから、日本陸軍の「方面軍」は、アメリカ/イギリス陸軍の「野戦軍」と同級として翻訳されることも多いが、編制面からは「軍集団(: Army group)と同規模のものとなっている。また、ソビエト労農赤軍ソビエト連邦軍の「戦線(: front)」は、NATOの用語に従って「軍集団」と翻訳されることが多いが、訳者によっては「方面軍」と翻訳することもある。なお、現在の陸上自衛隊における最大規模の部隊編制単位である「方面隊」は、名称こそ「方面軍」と擬似しているものの編制上は一つ下の「軍」に相当し、公式の英訳でも「Army」を用いている(北部方面隊(Northern Army))

日本陸軍[編集]

大日本帝国陸軍における軍として、日中戦争開戦以前には朝鮮軍台湾軍関東軍支那駐屯軍の各4軍があったが、これらは外地駐留の警備部隊であり規模も小規模なものであり、また更に遡る日露戦争においては総軍(満州軍)が各6軍を直隷していたため、方面軍と称するものは存在しなかった。

1937年(昭和12年)7月7日、盧溝橋事件が発生し事実上の日中戦争支那事変)が勃発したため、同年8月31日に支那駐屯軍が第1軍に改編されると共に、華北西部を作戦地域とする第2軍も編成されたが、それらを統括する上級部隊として新設された北支那方面軍が日本陸軍における最初の方面軍である。

同年11月7日には新たに中支那方面軍も編成されたものの、翌1938年(昭和13年)2月14日の早々に中支那派遣軍に改編、1940年(昭和15年)2月9日には南支那方面軍が編成されたが、1941年(昭和16年)6月28日に第23軍に改編されており、太平洋戦争大東亜戦争)開戦時に方面軍と称するものは北支那方面軍のみであった(なお、1939年(昭和14年)9月12日には北支那方面軍・中支那派遣軍を統括する支那派遣軍が編成されており、満州軍以来の総軍が新設されている)。しかし戦争の激化と共に方面軍は増設され、終戦時は17個が存在した。

軍隊符号HAで、1HA(第1方面軍)、2HA(第2方面軍)などと表記しA(軍)と区別した。陸軍大将または中将司令官として親補される。

方面軍の一覧[編集]

関連項目[編集]