司令官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

司令官(しれいかん、Commander)とは、主に陸軍なら「軍団」以上、海軍なら「艦隊」以上等、ある程度の大きな規模を有する単位の部隊(部隊#部隊の単位近代陸軍の編制#部隊の単位等参照)を指揮する指揮官(部隊長、長)に充てられる役職。

各国[編集]

アメリカ[編集]

アメリカ陸軍アメリカ海兵隊アメリカ空軍では、Commanderは部隊指揮官一般を指す用語であり、軍団未満の小部隊の指揮官でもCommanderである。例えば中隊の指揮官であればen:Company commanderであり、中隊司令官ではなく中隊長と和訳される。

アメリカ海軍ではCommanderは中佐の階級を意味する。艦隊を指揮するような将官の意味ではない。

イギリス[編集]

イギリス陸軍では、Commanderは車長や火砲の砲員の長など部署の責任者の立場にある下士官を指す用語であり、日本語の「司令官」の意味はない。また、小隊長を務めている大尉のことを“platoon commander”、旅団長を務めている准将を“brigade commander”と呼ぶことはあるが、これらも「司令官」の意味とは異なる。

イギリス海軍ではCommanderは中佐の階級を意味する。艦隊を指揮するような将官の意味ではない。

中国[編集]

中国人民解放軍では、「司令官」でなく、「司令員」と称される。

日本[編集]

日本軍[編集]

自衛隊[編集]

「司令官」という名称の役職の内で(陸海空の)最上位のものは、創設の順に、海上自衛隊の「自衛艦隊司令官」、航空自衛隊の「航空総隊司令官」(共に1961年6月12日~)、陸上自衛隊の「中央即応集団司令官」(2007年3月28日~)である。現在、防衛省は新たに陸海空の全てを統括する統合司令官の設置を検討している[1]

フランス[編集]

ロシア[編集]

ソビエト軍ロシア連邦軍では、軍・軍管区(戦線)・独立兵科の長に「司令官」(Командующие)の語が用いられる。方面総司令部(総軍)・軍種の長は、「総司令官」(Главнокомандующие)と称される。

上位・下位[編集]

最高司令官[編集]

通常、「最高司令官」とは、以下の2つの意味で使われる。

一国の軍隊の全体に及ぶ最高位の指揮権者(Commander-in-Chief / Supreme Commander)
通常、その国家元首が、その職務の一部として務める。少なくとも形式上、共和制共和国)なら大統領(例:アメリカ合衆国大統領 / 共和国大統領 (フランス) / ロシア連邦大統領)、君主制なら皇帝(「インペラトル」が語源)や国王などの君主である。但し、実権としては、その国における行政の最高責任者たる首相宰相などが務める場合も多い。
なお、元首でもなく行政の最高責任者でもない役職が務める極めて珍しい例として、中国中央軍事委員会主席や朝鮮人民軍最高司令官(北朝鮮国防委員会委員長と兼務)が挙げられる。ただしどちらの役職も、それぞれの国の実質的な最高実力者が務めることが慣例となっている。
複数の国々から拠出された部隊から編成される連合軍多国籍軍の指揮権者(Supreme Commander)

総司令官[編集]

通常、「総司令官」とは、以下の2つの意味で使われる。

ある特定の軍種における最高位の役職
その軍種における最高位の役職。但し、必ずしも作戦上の指揮権を有さない場合もある。
大日本帝国陸軍における総軍の指揮官
この場合は「軍の司令官」という意味の役職であり、司令部は「総司令部」と称しその長に「総司令官」を、総司令部参謀部の長として総参謀長を擁する。方面軍航空軍を隷下部隊とする。
しかしながら以下の3個総軍に関しては、総司令部ではなく「司令部」と称しその長として「司令官」を、司令部参謀部の長として参謀長を擁する。
なお例外として、その規模から総軍相当とされ「総司令部」を置くものの、隷下部隊を持たず厳密には総軍たる軍隊ではない官衙であっても「総司令官」の役職を擁すものがあった。

司令長官[編集]

「司令長官」(Commander-in-Chief)とは、本来、その下位に別の「司令官」が配置されている、「司令官のたる司令官」という意味の役職である。

司令官[編集]

」や「」などを指揮する指揮官(部隊長)の役職は、「群司令」や「隊司令」など「司令」と称される。なお「司令」を用いる役職として、日本陸軍において兵営における週番勤務者の長である「週番司令」が各部隊に置かれていた。

フィクション[編集]

出典[編集]

  1. ^ “防衛省「統合司令官」新設を検討”. Reuters. (2013年6月21日). http://jp.reuters.com/article/JPNKorea/idJP2013062001001975 2013年6月21日閲覧。 

関連項目[編集]