総軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

総軍(そうぐん、: theater, general army, forces command)は、軍隊における部隊編制単位の一つ。主に陸軍において一つの戦域を統括する最大規模・最上級の編制単位であり、第二次世界大戦では日本ドイツイギリスなどに置かれ、現在ではアメリカ陸軍総軍がこれに該当する。

日本陸軍[編集]

大日本帝国陸軍において、支那事変日中戦争)開戦以前の平時の内地における最大規模の部隊は師団のみであり、編成されていなかった。海外領土には朝鮮軍台湾軍関東軍支那駐屯軍の各4軍があったが、これらは外地駐留の警備部隊であり規模も小規模なものであった(このうち常設師団を持つものは朝鮮軍のみであり、他は師団とくらべ規模兵力が特に大きかったわけではない)。軍は戦時有事)に作戦に応じて編成されるものであり、支那事変開戦以降、軍は増設され、その軍の上級部隊として複数個軍を統括する方面軍ないし相当部隊も新設された。

それら複数個方面軍等を統括し、中国方面を担当する最大の陸軍部隊として、1939年(昭和14年)9月12日に総軍たる支那派遣軍(編成当初は北支那方面軍中支那派遣軍を統括)を編成、なお、日本陸軍において総軍に相当する編制は日露戦争における満州軍において既に存在していたが、当時は方面軍が存在せず総軍(満州軍)が軍を直隷していた。

太平洋戦争大東亜戦争)開戦を控えた1941年(昭和16年)11月6日には、南方方面を担当する南方軍が編成されており、太平洋戦争開戦時には2つの総軍が存在していた。また、内地などにあった軍司令部を広域防衛の見地から指揮する官衙である防衛総司令部がこれに類した。

満州事変当時のかつての関東軍は守備隊を隷下に持ち、他に満州駐剳の1個師団を指揮するのみの(関東軍については編組であり駐剳師団が隷下にあったわけではない)小規模な軍であったが、兵力を漸次増強し、1941年(昭和16年)には関東軍特種演習(関特演)と称した準戦時動員で兵力を大幅に増強、太平洋戦争開戦後の1942年(昭和17年)10月1日に改めて総軍たる関東軍に昇格した。

本土防衛戦中で本土決戦を控えた1945年(昭和20年)4月7日には、防衛総司令部と陸軍航空総監部の両官衙を軍隊に改組した第1総軍第2総軍航空総軍が編成された。

総軍の長は総司令官と称し(方面軍以下は司令官陸軍大将親補される。軍隊符号SA、航空総軍はFSAとなるが、これは第1・第2・航空総軍編成時のものであり、古参の支那派遣軍はCGA、南方軍はNAである。

第二次世界大戦終戦時には以下の6個総軍があり、各戦線を担当していた。

  • 支那派遣軍 - 中国戦線における在中国の全陸軍部隊を統括。
  • 南方軍 - 南方戦線における在南方の全陸軍部隊を統括。
  • 関東軍 - 在関東州(満州)の全陸軍部隊を統括。
  • 第1総軍 - 本土防衛戦における在日本東方北海道及び北方方面を除く)の全陸軍部隊を統括。
  • 第2総軍 - 本土防衛戦における在日本西方の全陸軍部隊を統括。
  • 航空総軍 - 本土防衛戦における在日本の陸軍航空部隊を統括。

総司令部の編制[編集]

総軍は司令部として総司令部を置き、主に参謀部・経理部・軍医部・獣医部・法務部・兵務部及報道部から構成された。

参謀部
参謀部の長は総参謀長と称し、陸軍中将又は陸軍少将からこれに充てた。総参謀長は作戦の立案及び司令官に対する助言などが任務である。次席の参謀として総参謀副長がいる。参謀部は、幾つかの課に分かれ、第1課(作戦課とも。長は高級参謀)・第2課(長は情報主任参謀)・第3課(長は後方主任参謀)・第4課(長は政策主任参謀)がある。このほか高級参謀の下に作戦主任参謀を配置した。
軍医部
長は陸軍軍医少将が就任した(呼称変更前は軍医監)。
経理部
長は陸軍主計少将(呼称変更前は主計監)。
獣医部
長は陸軍獣医少将(呼称変更前は獣医監)。
法務部
長は陸軍法務少将。

その他の部署としては兵務部・報道部・補給監部・情報部・特種情報部・技術部・築城部等がある。設置されない軍もある(関東軍は築城部を建設団に改編した)。また、関東軍は防疫給水部・化学部・技術部があった。

関連項目[編集]