軍集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NATOの軍集団を表す兵科記号

軍集団(ぐんしゅうだん、英語: army group)とは、近代陸軍の編制の一つであり、部隊の規模を示す。複数のを束ねたものであり、軍集団は複数束ねられて総軍: general army)あるいは戦域軍(: army theater)となる。

呼び方は国や時代により差がある。アメリカ軍イギリス軍ドイツ国防軍などでは軍集団と呼ぶが、旧日本軍では方面軍 (area army)、ソビエト連邦軍では戦線(front: 方面軍と訳すこともある)と呼ばれる。

アメリカ軍の軍集団[編集]

第一次世界大戦においては、指揮・統制・通信の問題から軍集団の編制はなかった。

第二次世界大戦中の1944年には、連合国軍において、ヨーロッパ反攻をにらみ、イギリスで4個軍集団の編成が行われている。(第21軍集団:北フランスから英仏海峡沿いにベルギー、オランダ方面を担当。司令官:バーナード・モントゴメリー英元帥。第12軍集団:フランス北部からライン川沿岸、ルール方面を担当。司令官:オマール・ブラッドレー米大将。第6軍集団:南フランスからアルザス方面を担当。司令官:ジェイコブ・ディバース米中将(en:Jacob L. Devers)、第15軍集団:イタリア方面担当。司令官:マーク・ウェイン・クラーク米大将(en:Mark Wayne Clark))

冷戦期においては、西ドイツ中部に北大西洋条約機構の2個軍集団(北部軍集団 NORTHAG・中部軍集団 CENTAG)の配備が行われていた。

1991年には冷戦の終結に伴い、北部軍集団・中部軍集団の司令部は解体され、他に転用された。