朝鮮軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝鮮軍
創設 1904年明治37年)3月11日
(韓国駐剳軍)
再編成 1910年(明治43年)10月1日
(朝鮮駐剳軍)
1918年大正7年)6月1日
(朝鮮軍)
廃止 1945年昭和20年)2月6日
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 朝鮮
編成地 京城
最終上級単位 天皇直隷
担当地域 朝鮮半島
最終位置 京城 龍山
主な戦歴 満州事変 - 張鼓峰事件
第二次世界大戦
テンプレートを表示

朝鮮軍(ちょうせんぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。朝鮮を管轄した。

概要[編集]

日露戦争を機に大韓帝国へ駐留した大日本帝国陸軍韓国駐箚軍(かんこくちゅうさつぐん)を前身とし、明治43年(1910年)の韓国併合に伴い朝鮮駐箚軍(ちょうせんちゅうさつぐん)に名称変更、大正7年(1918年)に朝鮮軍となった。司令部は当初漢城の城内に置かれたが、1908年10月1日に郊外の京城府龍山(現・ソウル特別市龍山区)に移転し、翌日から事務を開始した[1]

昭和20年(1945年)2月、戦況逼迫に伴い第17方面軍が設けられ朝鮮軍は廃止されたため、管轄区域の朝鮮軍管区は第17方面軍司令部が兼ねた朝鮮軍管区司令部が管轄した。

歴代朝鮮軍司令官[編集]

韓国駐剳軍司令官[編集]

  • 原口兼済中将:明治37年(1904年)3月11日 - 明治37年(1904年)9月8日
  • 長谷川好道大将:明治37年(1904年)9月8日 - 明治41年(1908年)12月21日
  • 大久保春野大将:明治41年(1908年)12月21日 - 明治43年(1910年)10月1日

朝鮮駐剳軍司令官[編集]

  • 大久保春野大将:明治43年(1910年)10月1日 - 明治44年(1911年)8月18日
  • 上田有沢中将:明治44年(1911年)8月18日 - 明治45年(1912年)2月14日
  • 安東貞美中将:明治45年(1912年)2月14日 - 大正4年(1915年)1月25日
  • 井口省吾中将:大正4年(1915年)1月25日 - 大正5年(1916年)8月18日
  • 秋山好古中将:大正5年(1916年)8月18日 - 大正6年(1917年)8月6日
  • 松川敏胤中将:大正6年(1917年)8月6日 - 大正7年(1918年)6月1日

朝鮮軍司令官[編集]

  • 松川敏胤中将:大正7年(1918年)6月1日 - 大正7年(1918年)7月24日
  • 宇都宮太郎中将:大正7年(1918年)7月24日 - 大正9年(1920年)8月16日
  • 大庭二郎中将:大正9年(1920年)8月16日 - 大正11年(1922年)11月24日
  • 菊池慎之助中将:大正11年(1922年)11月24日 - 大正13年(1924年)8月20日
  • 鈴木荘六中将:大正13年(1924年)8月20日 - 大正15年(1926年)3月2日
  • 森岡守成大将:大正15年(1926年)3月2日 - 昭和2年(1927年)3月5日
  • 金谷範三中将:昭和2年(1927年)3月5日 - 昭和4年(1929年)8月1日
  • 南次郎中将:昭和4年(1929年)8月1日 - 昭和5年(1930年)12月22日
  • 林銑十郎中将:昭和5年(1930年)12月22日 - 昭和7年(1932年)5月26日
  • 川島義之中将:昭和7年(1932年)5月26日 - 昭和9年(1934年)8月1日
  • 植田謙吉中将:昭和9年(1934年)8月1日 - 昭和10年(1935年)12月2日
  • 小磯国昭中将:昭和10年(1935年)12月2日 - 昭和13年(1938年)7月15日
  • 中村孝太郎大将:昭和13年(1938年)7月15日 - 昭和16年(1941年)7月7日
  • 板垣征四郎大将:昭和16年(1941年)7月7日 - 廃止

編制[編集]

大正10年(1921年)当時

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7586号、明治41年10月7日。

関連項目[編集]