安東貞美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安東 貞美
Sadayoshi Ando 01.jpg
安東貞美
生誕 1853年10月20日
信濃 飯田藩
死没 1932年8月29日(満78歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1872 - 1918
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

安東 貞美(あんどう さだよし、 または故実読み ていび、嘉永6年8月19日1853年10月20日) - 昭和7年(1932年8月29日)は、日本の陸軍軍人朝鮮駐剳軍司令官第10師団長第12師団長台湾総督などを歴任した。階級は陸軍大将勲一等功三級。勲功により男爵に叙爵された。

経歴[編集]

信濃飯田藩槍術師範・安東辰武の三男として生まれる。父の辰武は信濃松本藩槍術師範・菅沼政治の子で、飯田藩士・安東辰置の養子となり、辰置の長女志記と結婚した。志記との間に長男欽一郎を儲けるが、志記が早くに亡くなった為、島地菊子を娶った。これが貞美の生母で、貞美の同母兄には後に大審院判事となる柳田直平((1849-1932)(柳田家に養子)(柳田國男義父)が、弟には中学校教師となる安東武雄がいる。

1870年(明治3年)12月大阪陸軍兵学寮に入った貞美は1872年(明治5年)6月これを卒業し、陸軍少尉心得に任じられる。翌年5月には陸軍少尉に進み、1874年(明治7年)11月、陸軍中尉に進む。1876年(明治9年)8月東京鎮台歩兵第1連隊中隊長心得を命ぜられ、1877年(明治10年)3月、征討別働第2旅団に編入され西南戦争に出征する。この戦役で負傷し、同年5月大尉に進む。1878年(明治11年)4月の陸軍士官学校附の後、1883年(明治16年)2月歩兵少佐に進級し歩兵第2連隊第3大隊長を命ぜられる。1884年(明治17年)2月に陸軍士官学校教官、1886年(明治19年)4月参謀総長伝令使となり、1887年(明治20年)3月参謀本部の第3局第1課長に就任する。翌年5月には第1局員に移り、1889年(明治22年)8月再び陸軍士官学校教官となる。1891年(明治24年)4月歩兵中佐に進み1893年(明治26年)8月7日陸軍戸山学校長に就任する。1894年(明治27年)8月30日には鉄道線区司令官に移り、同年12月1日歩兵大佐進級を経て1896年(明治29年)9月28日陸軍士官学校長に就任する。後に専ら中将が補された陸軍士官学校長であるが、この頃は大佐が充てられることが続いていた。

1897年(明治30年)9月28日歩兵第6連隊長に移り、1898年(明治31年)10月1日陸軍少将に任じられ、台湾守備混成第2旅団長に就任する。1899年(明治32年)8月26日歩兵第19旅団長に移り、1904年(明治37年)3月の動員下令を以って日露戦争に出征する。1905年(明治38年)1月15日陸軍中将に進級し第10師団長に親補される。日露戦争の功により1906年(明治39年)4月12日功三級金鵄勲章を受章する。1907年(明治40年)9月12日には男爵の爵位を授けられ、華族に列せられる。1910年(明治43年)8月26日第12師団長に移り、1912年(明治45年)2月14日朝鮮駐剳軍司令官に親補される[1]1915年(大正4年)1月25日陸軍大将進級と共に待命となるが、同年5月1日佐久間左馬太の後を受け台湾総督に就任する。就任早々、日本人95人が殺害される西来庵事件がおこった。1918年(大正7年)6月6日待命となり、同年8月19日後備役編入、1923年(大正12年)4月退役となった。1932年(昭和7年)8月29日薨去。同日付で勲一等旭日桐花大綬章を受章する。

貞美の長男貞雄は陸軍士官学校を29期で卒業し陸軍大佐に進む。また、貞美の娘は陸軍少将服部兵次郎、陸軍中将本郷義夫東京帝国大学教授桑木厳翼、外交官太田喜平、同前笠原太郎に其々嫁ぐ。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8594号、明治45年2月15日。