植田謙吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
植田 謙吉
Ueda Kenkichi.jpg
生誕 1875年3月8日
日本の旗 日本大阪府
死没 1962年9月11日(満87歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1898 - 1939
最終階級 Japan-army-1938-1945 17-1-.gif 陸軍大将
除隊後 戦友団体連合会会長
日本郷友連盟会長
テンプレートを表示

植田 謙吉(うえだ けんきち、1875年(明治8年)3月8日 - 1962年(昭和37年)9月11日)は、日本陸軍軍人陸士10期陸大21期栄典正三位勲一等功三級[1]聖マイケル・聖ジョージ勲章コンパニオン(CMG)。最終階級は陸軍大将

経歴[編集]

大阪府出身。陸軍軍吏、植田謙八の二男として生れる。北野中学校東京高等商業学校(現一橋大学)を経て、1898年(明治31年)11月、陸軍士官学校(10期)を卒業し、翌年6月、騎兵少尉任官。陸士生徒隊附、騎兵監部員などを経て、1909年(明治42年)12月、陸軍大学校(21期)を卒業。第18師団参謀第16師団参謀、陸軍省軍務局課員、参謀本部附(欧州出張)などを歴任。シベリア出兵に際しては、浦塩派遣軍参謀として出征した。

教育総監部附、騎兵第1連隊長などを経て、1923年(大正12年)8月、陸軍少将に進級。航空部附、騎兵第3旅団長、軍馬補充部本部長などを歴任し、1928年(昭和3年)8月、陸軍中将に進級した。支那駐屯軍司令官を務めた後、第9師団長在任中、第一次上海事変により出動。停戦交渉中の1932年(昭和7年)4月29日、上海天長節爆弾事件により左脚を失った。

参謀本部付、参謀次長朝鮮軍司令官などを歴任。1934年(昭和9年)11月、陸軍大将に進み、軍事参議官を務めた後、関東軍司令官兼駐満大使となり、在任中にノモンハン事件が発生。停戦後にその責めを負うかたちで1939年(昭和14年)12月に予備役編入となった。

のち、戦友団体連合会会長、日本郷友連盟会長を務めた。

年譜[編集]

植田謙吉

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]


軍職
先代:
長沢郁五郎
軍馬補充部本部長
第13代:1923年3月17日 - 1923年8月6日
次代:
福羽真城
先代:
鈴木文次郎
騎兵第3旅団長
第6代:1924年2月4日 - 1925年5月1日
次代:
吉田源治郎
先代:
小畑豊之助
軍馬補充部本部長
第11代:1926年3月2日 - 1929年3月16日
次代:
吉岡豊輔
先代:
新井亀太郎
支那駐屯軍司令官
第12代:1929年3月16日 - 1930年12月22日
次代:
香椎浩平
先代:
永井来
第9師団
第10代:1930年12月22日 - 1932年9月1日
次代:
荒蒔義勝
先代:
川島義之
第9師団
第11代:1934年8月1日 - 1935年12月2日
次代:
小磯国昭
先代:
南次郎
関東軍司令官
第5代:1936年3月6日 - 1939年9月7日
次代:
梅津美治郎