ジャスティン・ハマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティン・ハマー
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Iron Man #120 (1978年5月)
クリエイター David Michelinie
John Romita, Jr.
Bob Layton
作中の情報
Full name Justin Hammer
種族 人間
所属チーム Hammer Industries
能力 肉体的な特殊能力はないが、金融に関しては天才的頭脳を持ったビジネスマンであり,策略にもたけている

ジャスティン・ハマーJustin Hammer)は、マーベル・コミック漫画作品に登場する架空の人物。スーパーヒーローアイアンマンの敵としてよく現れる。初登場は『Iron Man (1stシリーズ)』 #120 (1978年5月)。

経歴[編集]

ジャスティン・ハマーは、イギリスサリーで生まれ、後にモナコの国民となった。産業企業家のトニー・スターク(アイアンマン)のライバルであり、マルチ・ビリオネア・ビジネスマンのハマーは、後に非倫理的な手段によって悪徳金融家となった。彼は犯罪で得た利益の50パーセントと引き換えに、逮捕された犯罪者のために保釈金を支払い、さらに武器や設備を与える。

Demon in a Bottleの始まりでは、ジャスティン・ハマーはアイアンマンのアーマーを制御できる「ハイパーソニックスキャントランスミター」と呼ばれる装置を発明した。彼はこの遠隔操作をテストし、アイアンマンのユニビーム、プレート、およびブーツジェットを封じ込めた[1]。ハマーは金になる入札をスターク・インターナショナルに取られたのに腹を立て、アイアンマンのアーマーを操ってカーネリアン大使を殺させ、アイアンマンに対抗する超人犯罪者軍隊を設立した。スタークは疑いを晴らし、制御装置を破壊したが、以後はハマーを敵として認識するようになる[2]

Forceと共に、ハマーは次にアヘンを合衆国に密輸するためにヨットをハイジャックしたが、アイアンマンに破られた[3]。ハマーは、後にスターク・エンタープライズを攻撃するためにAdap-Torを送った[4]。また、スタークのアイアンマンの技術をスパイマスターに盗ませ、動力付きのアーマーを身に付ける超人たち(Stilt-Man、the Raiders、the Mauler、ビートル、クリムゾン・ダイナモ、チタニウムマンなど)に売った[5]

能力[編集]

ジャスティン・ハマー自身は普通の中年男性であるが、商業とビジネスの学位を持ち、天才レベルの知性がある非常に有能な管理者である。

彼は自身の技術者によって設計された様々な分野の最新技術に触れる手段を持っている。

他のバージョン[編集]

アルティメット・ジャスティン・ハマー[編集]

アルティメット・ユニバースでは、ジャスティン・ハマーは『Ultimate Spider-Man』#16(2002)で初登場した。

そこでは、彼は、ハマー・インダストリーズの裕福な産業企業家とCEOであり、イギリスではなく米国南部の出身となっている。彼は、ノーマン・オズボーンのライバルであり、オズボーンインダストリーズの主な競合相手であった。 オズボーン・インダストリーズを凌ぐために、ハマーはオズボーンの一流の科学者のオットー・オクタヴィウスを雇い、内部情報を得た。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

  • アイアンマンの1994年のテレビアニメでは、Tony SteedmanとEfrem Zimbalist, Jr.が声優を担当した。1996年にNHKの衛星アニメ劇場で放送された際には納谷六朗が吹き替えをした。

映画[編集]

  • 2010年公開[6]の『アイアンマン2』では、サム・ロックウェルがハマーを演じ[7]、原作とは違い、キザなやさ男風の青年になっているなど容姿は大幅に若くなっている。言動は抽象的で周りの理解を得づらく、ジョークのセンスも二流、発明品に誤作動が多いなど、能力面でも原作に比べ劣っている。劇中ではマーク2を改造してウォーマシンにするなど重要な役割を与えられている。

脚注[編集]

  1. ^ Iron Man #118, 120, 123
  2. ^ Iron Man #124-127
  3. ^ Iron Man #140-141
  4. ^ Iron Man #217
  5. ^ Iron Man #225
  6. ^ http://www.superherohype.com/news/ironmannews.php?id=7689
  7. ^ https://archive.is/20120722035859/www.cinematical.com/2009/01/16/sam-rockwell-confirms-himself-for-iron-man-2/

外部リンク[編集]