マイティ・ソー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイティ・ソー
Thor
監督 ケネス・ブラナー
脚本 アシュリー・エドワード・ミラー
ザック・ステンツ
ドン・ペイン
原案 J・マイケル・ストラジンスキー
マーク・プロトセヴィッチ
原作 スタン・リー
ラリー・リーバー
ジャック・カービー
製作 ケヴィン・フェイグ
製作総指揮 ルイス・デスポジート
スタン・リー
パトリシア・ウィッチャー
出演者 クリス・ヘムズワース
ナタリー・ポートマン
トム・ヒドルストン
アンソニー・ホプキンス
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
編集 ポール・ルベル
製作会社 マーベル・スタジオズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年5月6日
日本の旗 2011年7月2日[1]
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[2][3]
興行収入 $448,512,824[3]
次作 マイティ・ソー/ダーク・ワールド
テンプレートを表示

マイティ・ソー』(Thor)は、2011年公開のアメリカ映画マーベル・コミックの作品『マイティ・ソー』が原作で、マーベル・シネマティック・ユニバースに属するシリーズの4作目である。主演のクリス・ヘムズワーストム・ヒドルストンはハリウッドの駆け出し俳優だったが、北米で2週連続1位を記録[4]。世界興行収入で4億ドル以上売上げるなどのヒットとなった。既に2作目の製作も発表されている[5]

ストーリー[編集]

西暦965年オーディン率いるアスガルドの軍団は、ラウフェイ率いるヨトゥンヘイムフロスト・ジャイアントの侵略からミッドガルド地球)を守るために戦った。戦闘の末、アスガルドの戦士たちはフロスト・ジャイアントを破り、そのパワーの源である『箱』を押収した。

現代。オーディンの息子のソーのアスガルド王位継承の儀式の最中に、フロスト・ジャイアントが「箱」を奪おうと宝物庫に侵入したが、戦闘マシン「デストロイヤー」に阻止される。オーディンは休戦を崩したくないとするが、儀式を台無しにされたソーはオーディンの制止を無視し、弟のロキ、幼馴染のシフ、「ウォーリアーズ・スリー」のヴォルスタッグホーガンファンドラルを引き連れ、ヨトゥンヘイムに攻め込んだ。激戦の中、オーディンが介入して一同は退却するが、アスガルドとヨトゥンヘイムは開戦の危機を迎えた。怒ったオーディンは罰としてソーのパワーを奪い、ムジョルニアと共に地球に追放した。

ソーはニューメキシコ州へと落下し、天文物理学者のジェーン・フォスター、そのアシスタントのダーシー、指導者のエリック・セルヴィグ博士に発見される。やや離れた場所でムジョルニアも発見され、S.H.I.E.L.D.のエージェントのフィル・コールソンらが調査を始める。ジェーンはワームホールの研究のヒントがソーにあると考えるが、研究データや機材をS.H.I.E.L.D.に押収される。ムジョルニアを探すソーと研究データを取り戻したいジェーンはS.H.I.E.L.D.のキャンプに向かい、ソーは単身で突入するが地面に刺さったムジョルニアを持ち上げられず、捕らわれてしまう。その後、ソーはセルヴィグの助けで解放されてジェーンと再会し、彼女と惹かれあう中で、自身の行いを反省し、追放という罰を受け入れようとした。

一方アスガルドで、ロキは自分がオーディンによって拾われたラウフェイの息子だったと知る。オーディンが深い「眠り」につくと、ロキは玉座へつき、さらにヨトゥンヘイムに行ってラウフェイにオーディンを暗殺すれば「箱」を返すと持ちかけた。ロキに不信感を抱いたシフとウォリアーズ・スリーは、ソーを戻すためにビフレストの番人であるヘイムダルを説得し、地球へと向かった。これを知ったロキはソー抹殺のためにデストロイヤーを地球へ送り込んだ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソー クリス・ヘムズワース 三宅健太
ジェーン・フォスター ナタリー・ポートマン 坂本真綾
ロキ トム・ヒドルストン 平川大輔
オーディン アンソニー・ホプキンス 浦山迅
エリック・セルヴィグ ステラン・スカルスガルド 金子由之
ダーシー カット・デニングス 田村睦心
フィル・コールソン クラーク・グレッグ 村治学
ヘイムダル イドリス・エルバ 斉藤次郎 
ラウフェイ コルム・フィオール 水野龍司
シフ ジェイミー・アレクサンダー 北西純子
ヴォルスタッグ レイ・スティーヴンソン 咲野俊介
ホーガン 浅野忠信
ファンドラル ジョシュア・ダラス 小松史法
フリッガ レネ・ルッソ 滝沢久美子
シットウェル マシミリアノ・ヘルナンデス 丸山壮史
クリント・バートン / ホークアイ ジェレミー・レナー(クレジット無し) 阪口周平
ニック・フューリー サミュエル・L・ジャクソン(クレジット無し) 手塚秀彰

その他の日本語吹き替え:加藤幹夫中村優斗東條加那子山口登杉野博臣広田みのる松本忍高岡瓶々中西としはる玉野井直樹町田政則遠藤大智白石充杉村憲司片貝薫宗川めぐみ永田依子坂巻学野一祐子

製作[編集]

企画[編集]

かつてサム・ライミ監督が『ダークマン』の後に『ソー』を映画化する話があったが、実現せず[6]、映画化企画はマーベル・スタジオズが軌道に乗る1997年4月まで破棄された[7]。その後、映画『X-メン』の成功により映画化が現実味を帯びてきた。その後テレビ映画として作り、UPNが放送し、タイラー・メインをソー役にする話があった[8]2000年5月、マーベル・スタジオズはArtisan Entertainmentに融資を求めるが、企画倒れになってしまう[9][10][11]。その後、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが映画化権を獲得し、2004年12月デヴィッド・S・ゴイヤーに監督・脚本が依頼された[12]2005年に、ゴイヤーとマーベルで話し合いが行われたが、その後、彼は企画から外れた。

2006年4月、パラマウントがソニーから映画化権を買い取り、マーク・プロトセヴィッチが脚本を書くことになった[13]。同年、映画はマーベル・スタジオズが制作すると発表された[14]。2007年8月、マシュー・ヴォーンが本作を監督する契約を交わした[15]。ヴォーンはプロトセヴィッチの初期案に3億ドルの製作費を見込み、1億5000万ドルまで落とすために脚本が書き直された[2]。またヴォーンは2008年後半にクランクインの予定だった[16]。『アイアンマン』の成功後、マーベル・スタジオズは『アイアンマン2』でソーを紹介し、2010年6月4日に『マイティ・ソー』を公開予定と発表した[17]

プリプロダクション[編集]

ロンドンでのプロモーション時のケネス・ブラナー監督(2011年4月)。

2008年5月にヴォーンの契約が切れると、マーベルは再度プロトセヴィッチに脚本を書かせ、新たな監督を探した[18]。2008年9月には、D・J・カルーソがプロジェクトを引き受ける話が出てきた[19]。その後、ケネス・ブラナーへの交渉が行われ[20]、2008年12月に彼の雇用が発表された。ブラナーは2010年1月の撮影開始を希望し[21]、マーベル・スタジオズの予定だった2010年7月16日から約1年遅れの2011年6月17日に公開日を遅らせることとなった[22]。その後、2011年7月22日公開予定の同スタジオ製作映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』から間隔を空けるために公開日は2011年5月20日に変更された[23]。2009年2月、『アイアンマン』でニック・フューリーを演じたサミュエル・L・ジャクソンが、本作を含む9作品に同役で出演する契約を交わした[24]。だがジャクソンは2010年4月のインタビューで、『マイティ・ソー』に出演する予定はないと述べた[25]。2011年2月、『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』にて、ジャクソンは『マイティ・ソー』でのシーンを撮影中と明らかにした[26]

2009年2月、ソー役の俳優を探すオーディションが行われた[27]。25歳前後の俳優を探し、2009年5月にクリス・ヘムズワースと交渉した[28]。後日、マーベルは以前にブラナーと働き、当初主演に考えられていたトム・ヒドルストンロキ役にキャスティングしたと発表した[29][30]。マーベル・スタジオズのケビン・フィージはヘムズワースとヒドルストンの両者との契約成立を6月に明かした[31]。フィージはまた、映画では現代の地球とアスガルドの両方が舞台だが、ソーの人間体であるドナルド・ブレイク医師の設定は無いと述べた[31]

ヘムズワースとヒドルストンが決まった後、残りのキャストが埋まり始めた。7月、マーベルはナタリー・ポートマンジェーン・フォスターを演じると発表した[32]。9月、ジェイミー・アレクサンダーコルム・フィオールがキャストに加わり、アレクサンダーがシフ、フィオールが役名不明の悪役を演じるだろうと報じられた[33]。スウェーデンのニュースサイト『Ystads Allehanda』のインタビューで、ステラン・スカルスガルドのキャスト参加を述べた[34]。10月下旬までに、アンソニー・ホプキンスがオーディンに配役された[35]。さらに数週間後、マーベルはウォリアーズ・スリーをキャスティングし、ファンドラルをスチュアート・タウンゼント、ホーガンを浅野忠信、ヴォルスタッグをレイ・スティーヴンソンが演じると発表した[36] 。数日後、イドリス・エルバのヘイムダール役でのキャスト参加が発表された[37]

ナタリー・ポートマンはインタビューにて、女優のカット・デニングスがプロジェクトにかかわるのを明らかにした[38]。デニングスは、ポートマン演じるジェーン・フォスターの同僚のダーシー役となった[39]。12月、レネ・ルッソがソーの養母でオーディンの妻のフリッガ役に振り当てられた[40]。その後、ジョゼフ・ガットトロイ・ブレンナジョシュア・コックスが役名不明でキャスティングされたことが明らかになった[41]。また2010年1月、アドリアナ・バラッザが脇役でキャストに参加[42]。撮影開始の数日前、「創造性の違い」からスチュアート・タウンゼントが降板し、ファンドラル役はジョシュア・ダラスに変わった[43]。『スパイダーマン4』の製作遅延に伴い、パラマウントとマーベル・エンタテインメントは、公開日を2週間繰り上げて2011年5月6日に変更した[44]

撮影[編集]

2008年10月、マーベル・スタジオは『アイアンマン2』、『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ: ザ・ファースト・アベンジャー』、『アベンジャーズ』の計4作の撮影の為にカリフォルニア州マンハッタンビーチのラリースタジオと長期契約した[45]。主要撮影は2010年1月11日開始[46]。2月、パラマウントがビーチ撮影のためにカリフォルニア州デル・マー市と交渉したと報じられた[47]3月15日、撮影場所はニューメキシコ州ガリステオに移った[48]。4月、パラマウントは撮影のための移動費用が高額であるとしてデル・マーでの撮影を諦め、カリフォルニア北部に変更した[49]

ポストプロダクション[編集]

主要撮影は5月6日に完了し、ポストプロダクションが始まったとクリス・ヘムズワースが明らかにした[50]。特殊効果はフランスBUF Compagnieが主導となり[51]デジタル・ドメインと協力して行われる[52]。2010年6月、クリス・ヘムズワースの衣装のコンセプト・アートが公開された[53]

2010年7月、『ロサンゼルス・タイムズ』は本作と『キャプテン・アメリカ』の2作が3D映画として公開予定であると報じた[54]。プロデューサーのケヴィン・フィージによると、撮影では3Dカメラを使わないが、特殊効果ははじめから3Dとして製作される[54]

2010年10月、2、3の新しい場面のために撮り直しをしたと報じられた[55]

2011年3月、編集の際に劇場公開版からアドリアナ・バラッザのシーンが取り除かれた。ケネス・ブラナーはカットした理由の説明と謝罪の手紙を彼女に送った。バラッザは「映画が素晴らしい出来で、才能ある俳優たちと共演した場面がカットされるのは残念ですが、私は映画の性質を理解しており、そして場面がカットされることは珍しいことではありません」と答えた[56]。バラッザは劇場公開版では一場面のみ登場する。

2011年5月、エンドクレジット後のステラン・スカルスガルドとサミュエル・L・ジャクソンのシーンは『アベンジャーズ』のジョス・ウィードンが監督したと明らかとなった[57]

音楽[編集]

本作の音楽はパトリック・ドイルが手掛け、ブエナ・ビスタ・レコーズよりアルバム盤が発売された。エンディング曲にはフー・ファイターズの「ウォーク」が使用された。

公開[編集]

2011年4月17日にオーストラリアシドニーでワールド・プレミアが行われた[58]。アメリカでは5月2日にハリウッドエル・カピタン・シアターで行われた[59]

宣伝[編集]

2010年のコミコン・インターナショナルでのヘムズワース、ポートマン、デニングス、ヒドルストン

2010年のコミコン・インターナショナルで予告編(5分以上)が初公開され[60]、インターネット上に流出した[61]。一般向けの第一弾ポスターは2010年12月9日に公開され[62]、翌10日には予告編が公開された[63]。2011年2月、フォックス放送が中継する第45回スーパーボウルで30秒のテレビスポット(広告料は300万ドル)が流された[64]。マーベル・スタジオとアキュラは共同で2011年のシカゴ・コミック・アンド・エンターテインメント・エキスポバイラル・マーケティングを開始した[65]。この他の公式プロモーション・パートナーはバーガーキングドクターペッパーセブン-イレブンビザなど[66]

本作の公開に合わせて、マーベルアニメーションによるテレビアニメの製作が発表された[67]。また、ビデオ映画『勇者ソー: アスガルドの伝説』が5月17日に発売された[68]

さらにセガで本作をベースとしたコンピュータゲーム Thor: God of Thunder が開発され、2011年5月3日に発売された。このゲームではクリス・ヘムズワースとトム・ヒドルストンが声の出演を果たした[69][70]

評価[編集]

興行収入[編集]

世界で最も早い一般公開はオーストラリアの2011年4月21日で、公開3日間で580万ドルと『ワイルド・スピード MEGA MAX』に次いで初登場2位となった。これは、2008年の『アイアンマン』を1%上回る成績である[71]。その翌週、56市場で公開され、週末に8920万ドルを売り上げた[72]。北アメリカでは、公開初週末に約6600万ドルを記録、その内10%の約660万ドルは、213か所のIMAX劇場による[73]。2011年5月18日時点で北米で1億7793万1000ドル、それ以外の国々で2億6170万ドルの興収を記録[3]

批評家の反応[編集]

本作は批評家には概ね好意的な反応を得ており、Rotten Tomatoesでは231のレビュー中77%が支持して「フレッシュ」となっており、平均点は10点満点で6.7点を獲得した[74]。また、Metacriticでは、39のレビューで100点満点中58点となっている[75]

ハリウッド・リポーター』誌のメーガン・レーマンは「雷神のハンマーを投げつける衝撃音で今年のスーパーヒーローの夏がスタートする」と述べた[76]。『シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパーは、「オリジナルのスパイダーマン以来最も愉快なスーパーヒーローのデビューだ」と評した[77]

逆に、『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートは「マーケティングには成功しているが作品としては失敗」と、否定的なレビューを書いた[78]。また、『ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは、「想像以上に商業的成功への打算がプログラムされた一例」と、映画を嫌った[79]。『ロサンゼルス・タイムズ』のケネス・トゥランは、絶賛も酷評もせず、「予測できる要素とできないものとの美的なにらみ合い」と記した。トゥランはヘムズワース、ホプキンス、エルバの演技を称賛したが、特殊効果が矛盾し、地球でのストーリーに目新しさが無いと感じていた[80]

ソフト化[編集]

日本ではパラマウント ジャパンよりBlu-ray、DVDが2011年10月21日に発売された。

続編とマーベル作品とのクロスオーバー[編集]

  • 2011年4月、マーベル・スタジオズの社長のケヴィン・フィージは、『アベンジャーズ』に続いて「新たな映画でソーは新しい冒険を始め、キャプテン・アメリカは現代の世界を探検し続けるだろう」と語った[81]
    2011年6月、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 を2013年7月26日に公開し、クリス・ヘムズワースのソー役での続投を発表した。ケネス・ブラナーは監督しないが、プロデューサーとして参加を続ける[82]。また後日、脚本のドン・ペイン続投も報じられた[83]
  • 本作ではS.H.I.E.L.D.のエージェントの1人・ホークアイが初登場する。ソーがムジョルニアを取り戻すため暴れまわるのを制圧するため召集され、弓矢を射つこともないカメオ出演だったが、後の『アベンジャーズ』に繋がる伏線となった。また、ソーも終盤でコールソンに「世界を守るためなら同盟を組んでもいい」と語る。
  • 中盤、エリック・セルヴィグ教授が「自分の知り合いのガンマ線研究者がS.H.I.E.L.D.の連中と関わっている」と語るのはハルク(ブルース・バナー)を想起させる。
  • 同じく中盤、デストロイヤーが送られるシーンで「スタークの物か?」という台詞は、アイアンマンを想起させる。
  • 終盤、ニック・フューリーがセルヴィグに解析を依頼する四次元キューブ(コズミック・キューブ)は後の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』『アベンジャーズ』に登場する。
  • マーベル・シリーズ恒例であるスタン・リーのカメオ出演は今回も行われ、地球に落下したムジョルニアを持ち上げるため集まった群衆の中で、ムジョルニアを引っ張りあげようとするトラックの運転手役で登場している。

脚注[編集]

  1. ^ Thor”. thor.marvel.com. 2010年7月30日閲覧。
  2. ^ a b Matthew Vaughn (2007年10月7日). “My week: Matthew Vaughn”. The Guardian. http://film.guardian.co.uk/news/story/0,,2185548,00.html 2007年10月8日閲覧。 
  3. ^ a b c Thor (2011)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月14日閲覧。
  4. ^ Subers, Ray (2011年5月3日). “Around-the-World Roundup: 'Thor' Conquers, 'Fast' Speeds Up”. Box Office Mojo. 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月7日閲覧。
  5. ^ Flemming, Mike (2011年10月13日). “TOLDJA! Patty Jenkins Confirmed As ‘Thor 2′ Director”. Deadline.com. 2011年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月13日閲覧。
  6. ^ Jeff Goldsmith (2006年7月18日). “Raimi well-suited for fantastic feats”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117947033 2008年3月1日閲覧。 
  7. ^ Michael Fleming (1997年4月14日). “A Mania For Marvel”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117434784.html?categoryid=3&cs=1 2008年3月1日閲覧。 
  8. ^ Jason Lethert (2002年5月29日). “Thor's Hammer to Drop on the Big Screen?”. Comics2Film.com. http://www.comics2film.com/index.php?a=story&b=1022 2008年8月10日閲覧。 
  9. ^ Michael Fleming (2000年5月16日). “Artisan deal a real Marvel”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117781709.html 2008年3月1日閲覧。 
  10. ^ Michael Fleming (2002年4月22日). “Artisan, Marvel pump hero Punisher. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117865852.html 2008年3月1日閲覧。 
  11. ^ Claude Brodesser (2004年6月13日). Spider provider grows new legs”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117906351.html 2008年3月1日閲覧。 
  12. ^ Stax (2004年12月13日). “Goyer on Thor. IGN. http://movies.ign.com/articles/572/572535p1.html 2008年3月1日閲覧。 
  13. ^ Pamela McClintock (2006年4月27日). “Marvel making deals for title wave”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117942193 2008年3月1日閲覧。 
  14. ^ Chris Carle (2006年7月3日). “Comic-Con 2006: Marvel Announces Three”. IGN. http://movies.ign.com/articles/720/720532p1.html 2008年8月10日閲覧。 
  15. ^ Micheal Fleming (2007年8月9日). “Matthew Vaughn to direct 'Thor'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117970012.html?categoryid=13&cs=1 2009年5月28日閲覧。 
  16. ^ Bamigboye, Baz (2007年11月16日). “Matthew sprinkles Stardust on the British film industry”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/showbiz/bazbamigboye.html?in_article_id=494446&in_page_id=1794 2008年3月2日閲覧。 
  17. ^ Marvel Entertainment (2008年5月5日). “Marvel Studios Sets Four More Release Dates!”. SuperheroHype.com. http://www.superherohype.com/news/topnews.php?id=7165 2008年5月5日閲覧。 
  18. ^ Erik Davis (2008年5月8日). “'Thor' Needs New Director, Hulk to Cameo in 'Iron Man 2'?”. Cinematical. オリジナル2012年5月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/x6yq 2009年5月28日閲覧。 
  19. ^ Robert Sanchez (2008年9月8日). “Is There a D.J. in Thor's Future?”. IESB. http://www.iesb.net/index.php?option=com_content&task=view&id=5427&Itemid=99 2008年9月9日閲覧。 
  20. ^ Michael Fleming (2008年9月28日). “Branagh in talks to direct 'Thor'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117993032.html?categoryid=13&cs=1 2008年9月29日閲覧。 
  21. ^ Wigler, Josh (2009年5月4日). Kenneth Branagh Says ‘Thor’ Filming To Begin In January, Hints At Potential Lead. MTV Splash Page. http://splashpage.mtv.com/2009/05/04/kenneth-branagh-says-thor-filming-to-begin-in-january-hints-at-potential-lead/ 2009年5月4日閲覧。 
  22. ^ Marshall, Rick (2009年5月12日). Marvel Movies Get New Release Dates: ‘Thor’, ‘The Avengers’ & ‘Captain America’ Delayed, ‘Iron Man 2’ Unchanged. MTV Splash Page. http://splashpage.mtv.com/2009/03/12/marvel-movies-get-new-release-dates-thor-the-avengers-unchanged/ 2009年5月12日閲覧。 
  23. ^ Pamela McClintock (2009年3月16日). “'Transformers 3' gets a date”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118001280.html?categoryid=13&cs=1&nid=2562 2010年1月27日閲覧。 
  24. ^ Borys Kit (2009年2年25日). “Jackson's Fury in flurry of Marvel films”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3i57845f198f95ed938a79d4a806b64e68 2010年1月27日閲覧。 
  25. ^ Jen Yamato (2010年4月19日). “Sam Jackson's Nick Fury Set For 'Captain America,' But Not 'Thor'”. Cinematical. オリジナル2012年7月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/lrLL 2010年4月20日閲覧。 
  26. ^ Davis, Erik (2011年2月3日). “Sam Jackson Confirms Nick Fury Cameos in 'Captain America' and 'Thor'”. Cinematical. http://blog.moviefone.com/2011/02/03/sam-jackson-nick-fury-cameo-captain-america/ 2011年2月3日閲覧。 
  27. ^ “Casting Notice for Thor Character in Movie”. Corona Coming Attractions. (2009年2月18日). http://www.coronacomingattractions.com/scoops/february-18-2009-thor-casting-notice-thor-character-movie 2010年7月10日閲覧。 . WebCitation archive.
  28. ^ Finke, Nikke (2009年5月16日). “Exclusive: Chris Hemsworth is Thor”. Deadline.com. http://www.deadlinehollywooddaily.com/exclusive-chris-hemsworth-is-thor/ 2009年5月19日閲覧。 . WebCitation archive.
  29. ^ “Marvel Studios Update: Loki Officially Cast in 2011 Thor Movie”. Marvel.com. (2009年5月18日). http://www.marvel.com/news/moviestories.8063.Marvel_Studios_Update~colon~_Loki_Cast_in_Thor 2009年5月19日閲覧。  WebCitation archive.
  30. ^ Nikki Finke (2009年3月16日). “Those Who Would Play Thor: Unknowns?”. Deadline.com. http://www.deadline.com/hollywood/those-who-would-play-thor-knowns-unknowns/ 2010年1月27日閲覧。 . WebCitation archive.
  31. ^ a b Billington, Alex (2009年6月7日). “Profile on Marvel Studios with Big Updates from Kevin Feige”. Firstshowing.net. http://www.firstshowing.net/2009/06/07/profile-on-marvel-studios-with-big-updates-from-kevin-feige/ 2010年1月27日閲覧。 
  32. ^ “Natalie Portman Joins 'Thor' Cast, Chris Hemsworth Confirmed As Lead”. MTV.com. (2009年7月13日). http://splashpage.mtv.com/2009/07/13/natalie-portman-joins-thor-cast-chris-hemsworth-confirmed-as-lead/ 2009年7月28日閲覧。 
  33. ^ Roush, George (2009年9月22日). “Thor, Iron Man And The Fighter Are Facebook Friends With David Fincher”. Latino Review. http://www.latinoreview.com/news/thor-iron-man-and-the-fighter-are-facebook-friends-with-david-fincher-8072 2009年9月23日閲覧。 
  34. ^ Rappe, Elisabeth (2009年10月5日). “Stellan Skarsgard Joins 'Thor'”. Cinematical. オリジナル2012年7月22日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/8ZjP 2009年10月5日閲覧。 
  35. ^ Flemming, Micheal (2009年10月30日). “Anthony Hopkins cast in 'Thor'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118010609.html?categoryid=13&cs=1&nid=2562&utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed 2009年10月31日閲覧。 
  36. ^ “Thor Update: Warriors Three Cast”. Marvel.com. (2009年11月16日). http://marvel.com/news/moviestories.10317.Thor_Update~colon~_Warriors_Three_Cast/ 2009年11月16日閲覧。 
  37. ^ “Idris Elba joins Marvel Studios' 'Thor'”. Reuters. (2009年11月20日). http://uk.reuters.com/article/2009/11/20/uk-elba-idUKTRE5AJ0ZT20091120 2009年11月20日閲覧。 
  38. ^ Warmoth, Brian (2009年11月23日). “Exclusive: Kat Dennings Joins 'Thor' Cast, Reveals Co-Star Natalie Portman”. http://splashpage.mtv.com/2009/11/23/exclusive-kat-dennings-joins-thor-cast-reveals-co-star-natalie-portman/ 2009年11月23日閲覧。 . WebCitation archive.
  39. ^ McNary, Dave (2009年11月24日). “Kat Dennings joins 'Thor' cast”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118011794.html?categoryid=13&cs=1 2009年11月25日閲覧。 
  40. ^ Graser, Marc (2009年12月16日). “Rene Russo joins cast of 'Thor'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118012860.html?categoryid=1238&cs=1 2009年12月17日閲覧。 
  41. ^ Vejvoda, Jim (2009年12月17日). “Russo, More Join Thor”. IGN. http://movies.ign.com/articles/105/1056012p1.html 2009年12月18日閲覧。 
  42. ^ Kit, Borys (2010年1月7日). “'Babel' actress joining Marvel's 'Thor'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/babel-actress-joining-marvels-thor-19275 2010年1月7日閲覧。  WebCitation archive of abstract.
  43. ^ “Townsend replaced in Marvel Comics tale `Thor'”. The Stamford Times. (2010年1月10日). http://thestamfordtimes.com/story/480494 2011年5月10日閲覧。 
  44. ^ McClintock, Pamela (2010年1月6日). “'Thor' set to bow May 6, 2011”. Variety. http://www.variety.com/VR1118013423.html 2010年1月6日閲覧。 . WebCitation archive.
  45. ^ IRON MAN 2, THOR, THE FIRST AVENGER: CAPTAIN AMERICA and THE AVENGERS will be Produced at Raleigh Manhattan Beach Studios”. Raleigh Studios (2008年10月6日). 2010年1月4日閲覧。
  46. ^ Thor Movie: Principal Photography Starts!”. marvel.com (2010年1月11日). 2010年1月11日閲覧。
  47. ^ Superhero coming to town”. Del Mar Times (2010年2月14日). 2010年2月15日閲覧。
  48. ^ Christine (2010年3月11日). “‘Thor’ Begins Filming in New Mexico on Monday”. On Location Vacations. 2010年3月15日閲覧。
  49. ^ Jonathan Horn (2010年4月15日). “Paramount selects site farther north for filming”. Del Mar Times. 2010年4月28日閲覧。
  50. ^ Scott Huver (2010年5月14日). “Exclusive: Chris Hemsworth on Thor!”. Superhero Hype!. 2010年5月14日閲覧。
  51. ^ John Hopewell & Elsa Keslassey (2010年2月2日). “Films draw French rebates”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118014554.html?categoryId=19&cs=1 2010年2月2日閲覧。 
  52. ^ “Digital Domain Announces Vancouver Leadership Team”. Digital Domain. (2010年1月12日). http://www.awn.com/news/visual-effects/digital-domain-announces-vancouver-leadership-team 2010年2月2日閲覧。 
  53. ^ Matt Goldberg (2010年6月2日). “Exclusive: New Images of Chris Hemsworth as THOR”. Collider. http://www.collider.com/2010/06/02/thor-chris-hemsworth-new-images-concept-art/ 2010年6月3日閲覧。 
  54. ^ a b Boucher, Geoff (2010年7月14日). “It's official: 'Thor' and 'Captain America' will be 3-D films”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/herocomplex/2010/07/thor-3d-captain-america-3d-comiccon-marvel-studios.html 2010年7月14日閲覧。 
  55. ^ “Hollywood Insider : Thor back in front of the cameras”. What's Playing. (2010年10月10日). http://www.whatsplaying.com.au/2010/10/hollywood-insider-thor-back-in-front-of-the-cameras/ 2010年10月10日閲覧。 
  56. ^ “Adriana Barraza, fuera de 'Thor'” (スペイン語). Esmas.com. (2011年3月31日). http://www2.esmas.com/entretenimiento/cine/273876/ 2011年3月31日閲覧。 
  57. ^ Stellan Skarsgard Talks Thor Sting”. Empire (2011年5月20日). 2011年5月23日閲覧。
  58. ^ Kenneth Branagh’s THOR: “WORLD PREMIERE” TO BE HELD IN SYDNEY!”. The Spotlight Report (2011年3月14日). 2011年3月14日閲覧。
  59. ^ Watch the U.S. Premiere of Thor, LIVE on Marvel.com”. marvel.com (2011年4月26日). 2011年4月27日閲覧。
  60. ^ MARVEL-OUS STAR WATTAGE: Actors Assemble For Comic-Con Panel Including 'The Avengers', 'Captain America', & 'Thor'”. Deadline.com (2010年7月24日). 2010年7月25日閲覧。
  61. ^ Thor Comic Con Trailer”. Trailer Addict. 2010年7月29日閲覧。
  62. ^ Behold! New Thor Movie Poster”. Marvel.com (2010年12月9日). 2010年12月10日閲覧。
  63. ^ See the First Thor Trailer!”. Marvel.com. 2010年12月10日閲覧。
  64. ^ McClintock, Pamela (2011年1月19日). “EXCLUSIVE: Studios Set Super Bowl Ads; 'Pirates,' 'Transformers,' 'Captain America'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/studios-set-super-bowl-ads-73548 2011年1月20日閲覧。 . WebCitation archive.
  65. ^ Filipponi, Pietro (2011年3月18日). “C2E2 Report: Marvel Unveils S.H.I.E.L.D. Viral Marketing Campaign”. 'The Daily Blam!'. 2011年3月21日閲覧。
  66. ^ “Brand tie-ins for 'Thor' and more.”. Variety. (2011年3月31日). http://www.variety.com/article/VR1118034701 2011年3月31日閲覧。 
  67. ^ Hi-Res Promotional Image From Upcoming "Thor" Animated Series, Press Release
  68. ^ Marshall, Rick (2010年2月8日). “New 'Thor: Tales Of Asgard' Trailer”. MTV Splash Page. http://splashpage.mtv.com/2010/02/08/new-thor-tales-of-asgard-trailer/ 2010年2月8日閲覧。 
  69. ^ Ivan, Tom (2009年9月22日). “Leaked: Sony's Motion Control Plans, PS2 Emulator For PS3”. Edge Online. http://edge-online.com/news/leaked-sonys-motion-control-plans-ps2-emulator-for-ps3 2009年9月23日閲覧。 
  70. ^ Plante, Chris (2010年10月8日). “NYCC 2010: The Man Behind Thor Defends His Game”. UGO. http://www.ugo.com/games/nycc-2010-the-man-behind-thor-defends-his-game 2010年10月10日閲覧。 
  71. ^ Kaufman, Amy (2011年4月24日). “'Fast Five' races ahead of 'Thor' overseas”. Los Angeles Times. 2011年4月24日閲覧。
  72. ^ Subers, Ray (2011年5月3日). “Around-the-World Roundup: 'Thor' Conquers, 'Fast' Speeds Up”. Box Office Mojo. 2011年5月7日閲覧。
  73. ^ McClintock, Pamela (2011年5月8日). “'Thor' Opens to $66 Million at Weekend Box Office”. The Hollywood Reporter. 2011年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月9日閲覧。
  74. ^ Thor Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年5月7日閲覧。
  75. ^ Thor Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年5月5日閲覧。
  76. ^ Lehmann, Megan (2011年4月17日). “Thor: Film Review”. The Hollywood Reporter. 2011年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月18日閲覧。
  77. ^ Roeper, Richard. “Thor Review - RichardRoeper.com”. Richard Roeper & The Movies. 2011年5月3日閲覧。
  78. ^ Ebert, Roger (2011年5月11日). “"Thor" is not a Meet Cute for the gods.”. Chicago Sun-Times. 2011年5月12日閲覧。
  79. ^ Scott, A.O. (2011年5月5日). “Have Golden Locks, Seeking Hammer”. New York Times. 2011年5月9日閲覧。
  80. ^ Turan, Kenneth (2011年5月6日). “Movie Review: 'Thor'”. Los Angeles Times. 2011年5月7日閲覧。
  81. ^ Vejvoda, Jim (2011年4月19日). “Marvel: What's Next After Avengers?”. IGN. 2011年5月19日閲覧。
  82. ^ Flemming, Mike (2011年6月30日). “Marvel And Disney Setting 'Thor 2' For Summer 2013; Chris Hemsworth's Back But Kenneth Branagh Won't Return”. Deadline.com. 2011年7月1日閲覧。
  83. ^ Fleming, Mike (2011年7月1日). “'Thor 2' To Be Scripted By Don Payne”. Deadline.com. 2011年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]