アキュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本田技研工業 > アキュラ
アキュラRL

アキュラ英語:Acura)は、本田技研工業が1986年にアメリカ合衆国カナダで開業した高級車ブランドである。

現地開発モデルを含む6車種で展開され、販売台数の7割を北アメリカ生産車が占めている(2005年時点)[1]。当初は北アメリカ特化型の事業であったが、2006年には中国での販売が開始され、ロシアでの開業も計画されるなど、世界ブランドへと変化しつつある。

概要[編集]

アメリカにおけるホンダの歴史は、1959年、ロサンゼルスに販売会社・アメリカンホンダモーター(American Honda Motor)が設立されたことに始まる。小型バイク、スーパーカブを始めとする二輪車の販売で成功したホンダは、1973年第一次石油危機に際して、低燃費小型車シビックによりアメリカ自動車市場への進出に成功した。1982年にはオハイオ州メアリーズビルの自社工場において、乗用車・アコードの生産を開始したが、これは、日本の自動車会社として初めてのアメリカ現地生産であった[2]

大衆車の販売で成功したホンダは、より上級の自動車市場への進出を計画、1985年には、アメリカ現地での研究所として、ホンダR&Dアメリカ社の技術開発センターが、オハイオ州に完成した。翌1986年にアキュラが開業、全米60店舗のディーラーを通して、スポーティーカー(現在でいうスポーツコンパクト)のインテグラと、フラッグシップレジェンドの販売が開始された[3]。これは、日本の自動車会社による高級車ブランド設立の第一例であり、トヨタ自動車レクサスや、日産自動車インフィニティ(いずれも1989年に開業)に先立つものであった。

開業初年には、早くも自動車ブランド別の顧客満足度調査において第1位を獲得し、アメリカでの高評価が定着した。アキュラブランドの販売は、カナダでも1986年から開始された。同地においては独立したディーラー網の展開はなく、ホンダブランドの下での併売となっている。

1990年には、NSXが発売された。

1991年香港2004年11月30日メキシコ2006年9月27日中華人民共和国マカオなどを除く)でも販売が開始された。また、2011年をメドとして、ロシア市場へも進出する計画が発表されているなど、レクサスやインフィニティに比べて遅れていた世界展開が進んでいる[4]

歴史[編集]

  • 1986年  アメリカ合衆国で開業。カナダでもアキュラ「レジェンド」と「インテグラ」の販売が開始される[5]
  • 1990年  アメリカにおけるCSI(顧客満足度調査)で、自動車ブランドとして5年連続の第1位を獲得[6]
  • 2002年7月 アメリカにおけるアキュラ車の累計販売台数が200万台に達する[7]
  • 2004年  メキシコでの販売を開始
  • 2005年7月 中国での販売計画を発表。開業予定は2006年春とした[8]
  • 2005年12月 北米向けNSXの生産を終了[9]
  • 2006年9月 中国での販売を開始[10]
  • 2007年5月 アキュラデザインスタジオが、カリフォルニア州に完成[11]
  • 2008年9月 ロシアでの販売計画を発表。開業は2011年を目処とするとした[12]
  • 2012年10月 ブラジルでの販売計画を発表[13]。2015年投入予定。

販売車種の特徴[編集]

スポーティーさを特徴とする高級セダン・SUVを展開している。NSXの発売終了以降は全車種が前輪駆動車やそれをベースにした四輪駆動車となっている。直列4気筒エンジン搭載のモデルが存在する一方で、最大でもV型6気筒エンジンに留まるなどの特徴は、従来アメリカで認識されてきた「高級車ブランド」像とは異なるものである。また、レクサスやインフィニティなどが、日本製による品質とイメージの維持を図っているのに対して、アキュラでは、現地開発・現地生産による現地化に注力しているのも特徴である。

評価と実績[編集]

2006年のアメリカ合衆国における販売台数は20万1,223台であり、そのうち約13万台が北米現地生産車であった[14]。2009年、アキュラでは全車種が、二つの代表的な自動車安全調査機構、NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)によるクラッシュ・テストでの5つ星と、IIHS(道路安全保険協会)による「トップセーフティピック」評価を獲得するという、自動車ブランドとして史上初の快挙を得ている[15]

名称とロゴマーク[編集]

ブランド名は、「Accuracy(正確さ)」を連想させる造語である。ホンダのエンブレムの「Hマーク」をちょうど逆にした「A」に起縁する、また、アルファベット順に並べた場合に、他のどのブランドよりも先頭にくることが考慮されたとも言われる。エンブレムカリパス(ノギス)を象ったものに手を加えて「Aマーク」と見えるようにしたものである。

モデル名は当初、「アキュラ・レジェンド」、「アキュラ・ビガー」など、同型車がホンダブランドで発売される際と同一の名称が使用されていたが、その後は全モデルがアルファベット2文字か3文字の名称に変更・統一されている。

現行車種[編集]

アメリカ合衆国[編集]

カナダ[編集]

  • RL、TL、TSX、ILX、MDX、ZDX、RDX

メキシコ[編集]

  • RL、TL、TSX、ILX、MDX、ZDX、RDX

中国[編集]

  • RL、TL、ILX、MDX、ZDX、RDX

日本での販売計画[編集]

アキュラ・ブランドは日本への導入も計画されていたが、自動車市場の状況の変化等に伴って撤回された。

  • 2005年12月 2008年秋からの日本導入を発表。スポーティーモデルを中心に4〜5車種を投入し、全国100店舗程度で開業するとした[16][17]
  • 2007年7月 当初計画より2年程度延期し、2010年以降の開業とすることを発表[18]
  • 2008年8月 低公害型ディーゼルエンジン搭載車や、高級スポーツカーNSXの後継車種などの投入が示唆される[19]
  • 2008年12月 日本導入計画の白紙撤回を発表[20]

過去の販売車種[編集]

モータースポーツ[編集]

ACURA-SPICE SE90CL

従来、モータースポーツ活動は「アキュラ・スパイスSE90CL」(NSXのエンジンを搭載し、1991年より2年間IMSAシリーズのキャメル GTP Light クラスに参戦。ドライバーズ,マニュファクチャラーズの両タイトルを2年連続で獲得)等での参戦があった程度で積極的に行われていなかった。

2007年よりアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のP2クラスにおいて、エンジン(V8 3,400cc NA)や車両(COURAGE LC75ベースのAcura ARX-01a)の開発及び供給を行なっている。なおオペレーションは、現在ホンダブランドでインディ・レーシング・リーグ(IRL)へのエンジン供給を行っているホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)が担当する。

2009年からは、P1クラスにステップアップすることが発表された[21]

2010年度のル・マン24時間レースのP2クラスにアキュラ・ARX-01がエントリーしている[22]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.honda.co.jp/news/2005/c051220a.html
  2. ^ http://corporate.honda.com/america/timeline.aspx
  3. ^ http://corporate.honda.com/america/timeline.aspx
  4. ^ ホンダ、ロシアでアキュラ展開へ 日本の高級車出そろう
  5. ^ http://www.hondacorp.honda.ca/HondaCorp/v/index
  6. ^ http://www.honda.co.jp/guide/corporate-profile/global/north-america/
  7. ^ http://www.honda.co.jp/news/2002/c020725.html
  8. ^ http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016965.html?word=%A5%A2%A5%AD%A5%E5%A5%E9
  9. ^ http://www.honda.co.jp/news/2005/4050712-nsx.html
  10. ^ http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018672.html?word=%A5%A2%A5%AD%A5%E5%A5%E9
  11. ^ http://www.honda.co.jp/news/2007/c070525b.html
  12. ^ http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080905/biz0809051920013-n1.htm
  13. ^ サンパウロ国際モーターショー2012でブラジル専用仕様車「FIT twist」を発表 ~ブラジルでの四輪研究開発をさらに強化~ - Honda公式サイト、2012年10月23日
  14. ^ http://www.reliableplant.com/article.asp?articleid=4111
  15. ^ http://response.jp/article/2009/04/06/122845.html
  16. ^ http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017598.html?word=%A5%A2%A5%AD%A5%E5%A5%E9
  17. ^ http://www.honda.co.jp/news/2005/c051214.html
  18. ^ ホンダ年央会見 アキュラ 日本導入を2年先送り, Response., 2007年7月18日
  19. ^ http://eco.nikkei.co.jp/news/nikkei/article.aspx?id=MMECn1422306082007
  20. ^ http://www.honda.co.jp/news/2008/c081217a.html
  21. ^ http://www.honda.co.jp/ALMS/news2008/02/
  22. ^ http://www.lemans.org/24heuresdumans/pages/engages_gb.html

外部リンク[編集]