ホンダ・モビリオスパイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・モビリオ > ホンダ・モビリオスパイク
ホンダ・モビリオスパイク
GK1/2型
前期型(2002年9月-2004年2月)
Honda Mobilio Spike 2002.jpg
中期型(2004年2月-2005年11月)
2004-2005 Honda Mobilio Spike.jpg
後期型(2005年12月-2008年6月)
Honda Mobilio Spike 2005.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2002年-2008年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア トールワゴン
エンジン L15A型:1.5L 直4 SOHC VTEC
最高出力 110PS/5,800rpm
最大トルク 14.6kgf·m/4,800rpm
変速機 CVT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオン式
全長 4,125mm
全幅 1,695mm
全高 FF:1,740mm
4WD:1,760mm
ホイールベース 2,740mm
車両重量 1,250 - 1,360kg
燃費 FF:17.6km/L
4WD:15.4km/L
(いずれも10・15モード)
ブレーキ 前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式リーディング・トレーリング
後継 ホンダ・フリード FLEX
ホンダ・フリードスパイク
-自動車のスペック表-

モビリオスパイク(Mobilio spike)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたトールワゴン型の小型乗用車である。

概要[編集]

モビリオの派生車種として、シャシおよびボディは初代フィットをベースとしたグローバルスモールプラットフォームを使用しており、趣味を楽しむための車というコンセプト[1]に沿って、3列目シートを廃した5人乗りのトールワゴンである。

ファミリーのユーザーを重視したモビリオに対しモビリオスパイクは趣味の道具であることを重視したため、リアクオーターウインドウがあった箇所に小物入れを用意したり[2]、テールランプをリアバンパー内に埋め込みリヤゲート幅をより広げるなど、独自の仕様および装備が設定されている。乗車定員は5人であるが、モビリオより全長は55mm長い。 後席のドアは、モビリオと同様の左右両側スライドドア[3]であり、スライドドアの窓は、パワーウィンドウではなく留め具で開閉する窓を採用している。

内装は、前席がモビリオとは異なりベンチシートとなっており、後席もフィットと同様の折り畳み機構を備えており、燃料タンクを前席の下に配置しているため、前に倒すと荷物室と一体となり、段差のない広いスペースとなる。

搭載されるエンジンは、L15A型 1.5L SOHC VTECエンジン(110PS)1種類のみである。変速機はCVTのみであるが、グレードによっては手動操作で7段階に変速比を変えられる仕組みを備える。

搭載エンジン[編集]

初代

L15A型
  • エンジン種類:水冷直列4気筒横置き
  • 弁機構:SOHCチェーン駆動 吸気2 排気2 VTEC
  • 最高出力:110PS/5,800rpm
  • 最大トルク:14.6kgf·m/4,800rpm
  • 総排気量:1,496cc
  • 内径×行程:73.0mm×89.4mm
  • 圧縮比:10.4
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI
  • 使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
  • 燃料タンク容量:42L

初代 GK1/2型(2002-2008年)[編集]

  • 2002年
    • 9月18日 - 発表される(発売は翌9月19日)。型式はLA-GK1(FF)/LA-GK2(4WD)。
  • 2003年
    • 5月22日 - 「W」および「A」タイプにビレットタイプの専用フロントグリルや、アルミホイール、本革巻ステアリングホイール などを装備した「Lパッケージ2」が追加される。
  • 2004年
    • 2月6日 - マイナーチェンジがおこなわれる(発売は2月12日)。大型メッキグリルとリアバンパーガーニッシュを採用するなどの変更が行われると共に、「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(☆☆☆)」認定を取得した。型式はCBA-GK1/GK2に変更。
  • 2005年
    • 9月1日 - 「A」タイプに、ディスチャージヘッドランプや、プライバシーガラス、マイクロアンテナなどを装備した特別仕様車「スタイリッシュエディション」が追加される。車体色は専用色を含む7色が設定される。
    • 12月1日 - マイナーチェンジがおこなわれる。リアコンビネーションランプをバンパー部から車体中段部に移動するなど外観デザインを一新し、ステアリングホイールやメーターデザインも変更された。また、ボディカラーは新色4色を含む9色となったほか、グレード体系を「AU」と「W」の2グレードに再編し、パドルシフト付本革巻ステアリングホイールや自発光メーターなどを装備した「Sパッケージ」が設定される。環境性能も向上され、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(★★★★)」認定を取得すると共に、「平成22年度燃費基準+5%」を達成した。型式はDBA-GK1/GK2に変更。
  • 2006年
    • 7月20日 - 「W」と「AU」タイプに、特別仕様車「アクティブエディション」・「HDDナビ アクティブエディション」が追加される。「アクティブエディション」全車にプレイングボード付カーゴと撥水シート表皮&撥水ドアライニング表皮が追加装備され、「AU」にはイモビライザーも装備し、「W」」にはキーレスエントリー1体型キーを1本追加した。「HDDナビ アクティブエディション」には「アクティブエディション」の装備に、Honda HDDインターナビシステム(リアカメラ付)を追加した。
  • 2007年
    • 12月20日 - 価格設定を抑えた「A」タイプが追加される。同時に「AU」と「W」タイプをベースにした特別仕様車「HID エディション」および「HDDナビ HID エディション」が追加さえる。前者はディスチャージヘッドライトや、撥水シート表皮&撥水ドアライニング表皮、プレイングボード付カーゴを装備すると共に、4WD車には熱線入りフロントウィンドウや、ヒーテッド・ドアミラー、大容量バッテリーがセットになっている「寒冷地パッケージ」が装備される。後者は「HID エディション」の装備に加え、Honda HDDインターナビシステム(リアカメラ付)が追加装備される。
  • 2008年
    • 5月29日 - モビリオの後継車フリードが発表される(発売は翌5月30日)。フリードにも2列シート仕様の「FLEX」が設定されていた(2011年のマイナーチェンジで廃止)。当初はモビリオスパイクも併売されていたが、6月25日にカタログラインナップからなくなり、販売も終了した。
  • 2010年

車名の由来[編集]

  • Mobilio:Mobility(移動体)Mobile(移動しやすい)からの造語。
  • Spike:英語で「釘など先の尖ったもの」。「何事にもこだわりを忘れずに尖っていたい」という思いを込めて命名された。

取扱い販売店[編集]

販売網統合前よりホンダディーラー全店(プリモ店クリオ店ベルノ店)で購入が可能だった。

脚注[編集]

  1. ^ S-MXと同様に趣味性の高いコンセプトの車両であることから、事実上の後継車と思われることもあるが、直接の繋がりはなく、実質的には別物の車である。
  2. ^ オプションとしてこの部分に取り付けるトランクボックスとサブウーファーが用意されている。
  3. ^ 他車種とはレバーのヒンジ位置が異なるため、知らない人は戸惑うことがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]