アキュラ・CSX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アキュラ・CSX
FA2型
2007年モデル
'07 Acura CSX.JPG
2009年モデル
'09 Acura CSX.JPG
タイプS リヤ
Acura CSX Type-S.jpg
販売期間 2005年 - 2011年
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン K20Z2 直4 2.0L DOHC i-VTEC
K20Z3 直4 2.0L DOHC i-VTEC
変速機 5速MT/6速MT/5速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,544mm
全幅 1,752mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,700mm
先代 アキュラ・EL
後継 アキュラ・ILX
-自動車のスペック表-

CSX(シーエスエックス)は、本田技研工業がかつて生産し、アキュラブランドで販売していたセダン型の小型乗用車である。

概要[編集]

アキュラ・ELに代わりカナダ専売車種として、8代目ホンダ・シビックをベースにした車両である。 内装はアキュラ向けに若干豪華になっており、価格もシビックより高く設定されている。外装は欧州市場向けシビック・ハイブリッドとほぼ同一なものの、北米仕様シビックとは多少デザインが変更されているため、若干の差別化がなされていることになる。

EL同様にカナダのオンタリオ州アリストンで製造されており、日本仕様シビックに対する顕著な差異として、155hpK20Z2 2.0L DOHC i-VTECエンジンを搭載していることが挙げられたが、日本仕様のシビックにも、2006年4月7日から同等のエンジンを搭載した「2.0GL」が追加された。

2006年11月には「Type-S」が追加された。基本的に北米仕様シビック「Si」と同様で、197hpのK20Z3には6速MTとヘリカルLSDが組み合されている。サスペンションにはスポーツチューンが施され、215/45 R17サイズのタイヤが装着されている。

2009年、アキュラのトレンドに合わせ、「パワープレミアムグリル」と名付けられた新意匠のフロントグリルの採用、ヘッドランプユニット内をクロームから黒へ、リアコンビランプを丸形から八角形へ、など、外観の変更が行われた。

搭載エンジン[編集]

初代 FA2型(2005-2011年)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年北米国際自動車ショーで、Acura新型3モデルを世界初披露~次世代スーパースポーツ「NSXコンセプト」を発表~

関連項目[編集]

外部リンク[編集]