ホンダ・クロスツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・クロスツアー
アコードクロスツアー EX-L
2010 Honda Accord Crosstour EX-L front -- 11-25-2009.jpg
2010 Honda Accord Crosstour EX-L rear -- 11-25-2009.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中国
販売期間 2009年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン J35A型:3.5L V6 SOHC i-VTEC
最高出力 271hp (275PS)/6,200rpm
最大トルク 254lb·ft (35.1kgf·m)/5,000rpm
変速機 5速AT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 196.8in (4,999mm)
全幅 74.7in (1,897mm)
全高 65.7in (1,669mm)
ホイールベース 110.1in (2,797mm)
車両重量 3,852-4,070lb
(1,747-1,846kg)
-自動車のスペック表-

クロスツアー(Crosstour)は、本田技研工業が生産・販売するクロスオーバーSUVである。

発売当初はアコードクロスツアー(Accord crosstour)として販売されていたが、2012年モデルからアコードの車名が外されて独立車種となった[1]

初代 TF1/2型(2009年- )[編集]

2009年7月、アメリカン・ホンダモーターは同年秋にフルサイズクロスオーバー「アコードクロスツアー」を販売することを発表した。価格とサイズはホンダ・パイロットの上位モデルに当てはまる。

アコードセダンをベースとしたファストバックスタイルの5ドアハッチバックで、なだらかなルーフラインと大型のフロントグリルが特徴である。同時期発売のクロスオーバーとしてアキュラ・ZDXがあるが、プラットフォームから異なりそれぞれのブランドイメージに沿った性格付けと仕様設定がされている。

パワートレーンは当初はJ35A型 V6 3.5L SOHC i-VTEC VCMと5速ATとの組み合わせのみであった。FF4WDモデルがあり4WDは「リアルタイム4WD」仕様である。

現在、アメリカ、カナダ、メキシコ、ロシア、韓国、中国(2010年10月30日から[2])で販売されている。生産はアメリカ・オハイオ州のイーストリバティ工場および中国・広州にて行われている。

アメリカにおける販売は振るわず、2010年には年35,000台であった目標販売台数を年30,000台に下方修正している[3]。また、2011年1-7月期の販売台数は11,518台であり、前年同期の15,655台からさらに減少している[1]

2012年モデルでは、直4 2.4L DOHC i-VTECエンジンを搭載するFFのEXとEX-Lグレードが追加された。

2013年モデルにてフェイスリフトを受け、エクステリア、インテリアデザインがリフレッシュされた[4]。 V6モデルでは「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」と称する技術を導入し改良した3.5L SOHC i-VTEC 直噴 VCM(3気筒と6気筒の2段階)が新たに搭載され、前モデルよりパワー(7hp)、燃費が向上した。 トランスミッションもV6モデルはパドルシフト付6速ATが新たに採用された。リアビューカメラ、広角ドアミラーが全モデル標準となり、上位モデルでは、前方衝突警報(FCW)、車線逸脱警報(LDW)、LaneWatchブラインドスポットディスプレイなどが新たに搭載される。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]