ホンダ・D型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

D型エンジン(Dがたエンジン)は、本田技研工業で製造されていた小型/中型車種用の直列4気筒ガソリンエンジンである。

機構[編集]

CVCC 3Valve[編集]

  • D13A,D15A

USA/カナダ向けEV型及びEW型エンジンの1987年モデルにD13AおよびD15Aの型式が与えられた。直列4気筒 CVCC 12バルブ クロスフロー エンジンである。回転方向も従来と同じ時計回り[1]である。

吸・排気バルブは吸気が2個、排気が1個で、タイミングベルトで駆動されるカムシャフトにより、ロッカーアームを介し開閉される。排気バルブの隣にCVCCの特徴である副燃焼室(B.C.トーチ型)がある。シリンダーブロックは、4連シリンダーボアのアルミダイカスト製である。

燃料供給装置には、キャブレター(ダウンドラフト,固定ベンチュリ)仕様とPGM-FI(マルチポイント-インテークマニホールド噴射)仕様とが存在する。排気ガス浄化のために、三元触媒に加え排気2次エアー供給システムが装備されている。

SOHC 4Valve[編集]

  • D12A,D13B,D14A,D15B,D16A

従来のER型, EV型及びEW型の後継エンジンにあたる、SOHC 16バルブ エンジンである。4代目シビック発売当時には「HYPER 16VALVE ENGINE」と呼ばれていた。

吸・排気バルブはそれぞれ2個ずつで、アルミ製ロッカーアームで開閉される。点火プラグ燃焼室の天井中央部に取付けられているが、カムシャフトを避けるために上側を吸気バルブ側に傾けている。

燃料供給装置は搭載する車種や販売する国の排出ガス規制に合わせて、キャブレター(ダウンドラフト,固定ベンチュリ及びサイドドラフト,可変ベンチュリ型)仕様とPGM-FI(マルチポイント及びデュアルポイント-スロットルボディ噴射)仕様とが存在する。キャブレターには空燃比をより精密に制御するための2次エアが導入されている(PGM-CARB.:電子制御キャブレター)。エキゾーストマニホールドも、直下CAT[2]、4-1集合や4-2-1集合仕様が存在する。A型エンジン などに続きCVCCは採用されていない。

SOHC VTEC[編集]

  • D15B,D16A,D17A

B型エンジン等のDOHC VTECとは異なり、高出力と実用性を両立するために、可変バルブタイミング・リフト機構が装備されている。当初は吸気側カムシャフトにのみハイ/ロー2種類のカム駒を設け、そこに接するロッカーアームを切り替え、吸排気バルブの開閉タイミング(バルブタイミング)とリフト量を変化させていた。

その後、吸気バルブのうち片方をほぼ休止することにより燃焼室内にスワールを形成させ、燃焼速度の向上を図りリーンバーン運転をする「VTEC-E」が登場し、SOHC VTECとVTEC-Eを統合した「3ステージVTEC」(低速域[3]:吸気バルブのうち片方をほぼ休止しリーンバーン運転、中速域:吸気バルブ2バルブ運転、高速域:ハイカムによる高出力運転)が登場した。

最終的には、ロッカーアームのカムとの摺動部にローラーフォロアを適用しフリクションの低減を図り、ダイレクトイグニッションを適用し燃焼の改善を行なった。

SOHC 2Valve[編集]

  • D13B,D15B

低速域性能を重視し、対角線上の吸・排気バルブを1つずつなくした8バルブ仕様である。1.3LのD13Bでは、性能は66PS/11.3kgf·mと16バルブ仕様に比べて最大出力/トルクとも抑えめであるが、1,300rpmで最大トルクの90%を、そして2,500rpmで最大トルクを発生し「ハーフスロットル高性能」と称していた。

USA向けには超低燃費仕様も存在しており、2代目CIVIC CRX HFはCity mode:41MPG(20.3km/L)/Highway mode:50MPG(24.8km/L)の燃費性能を実現している。

歴史[編集]

  • 1986年10月31日に発売された2代目シティに、SOHC 4バルブ 1,200ccのD12Aが初めて採用された。
  • 1987年9月9日に発売された4代目シビック及び2代目CR-Xに、1,300ccのD13B、1,500ccのD15Bが採用された。以後このクラスの主力エンジンとなった。D15BにはシングルキャブやPGM-FI仕様の他、CVデュアルキャブ仕様も存在した。
  • 1991年9月10日に発売された5代目シビックに、低燃費化を計った吸気バルブ片側休止のVTEC-Eと通常のVTECを装着したD15Bが初めて採用された。
  • 1995年9月4日に発売された6代目シビックに、燃費と出力を両立した3ステージVTECを装着したD15Bが初めて採用された。
  • 1996年10月3日に発表されたロゴに、低・中回転域のトルクを重視した2バルブ仕様のD13Bが採用された。
  • 1998年6月に発売された初代シビックGXに、天然ガス仕様のD16Aが採用された。
  • 2006年11月30日エディックスのマイナーチェンジによって、D型エンジンの生産も終了した。

存在したバリエーション[編集]

D12A[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,237cc
  • 内径×行程:72.0mm×76.0mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター
  • 参考スペック(GA1 シティ)
    • 最高出力:56kW(76PS)/6,500rpm
    • 最大トルク:98N·m(10.0kgf·m)/4,000rpm

D13A[編集]

  • 弁機構:SOHC CVCC ベルト駆動 吸気2 排気1
  • 排気量:1,342cc
  • 内径×行程:74.0mm×78.0mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター
  • 参考スペック(EC2 シビック)
    • 最高出力:45kW(60hp)/5,500rpm
    • 最大トルク:99N·m(73ft·lbf)/3,500rpm

D13B[編集]

シングルキャブレター仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,343cc
  • 内径×行程:75.0mm×76.0mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター
  • 参考スペック(EG3 シビック)
    • 最高出力:63kW(85PS)/6,300rpm
    • 最大トルク:105N·m(10.7kgf·m)/4,500rpm

2Valve仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気1 排気1
  • 排気量:1,343cc
  • 内径×行程:75.0mm×76.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(GA3 ロゴ)
    • 最高出力:49kW(66PS)/5,000rpm
    • 最大トルク:111N·m(11.3kgf·m)/2,500rpm

PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,343cc
  • 内径×行程:75.0mm×76.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EK2 シビック)
    • 最高出力:67kW(91PS)/6,300rpm
    • 最大トルク:114N·m(11.6kgf·m)/4,800rpm

D13C[編集]

シングルキャブレター仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,296cc
  • 内径×行程:73.7mm×76.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(GA2 シティ)
    • 最高出力:60kW(82PS)/6,500rpm
    • 最大トルク:103N·m(10.5kgf·m)/4,000rpm

PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,296cc
  • 内径×行程:73.7mm×76.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(GA2 シティ)
    • 最高出力:74kW(100PS)/6,500rpm
    • 最大トルク:114N·m(11.6kgf·m)/5,500rpm

D14A[編集]

デュアルキャブレター仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,396cc
  • 内径×行程:75.0mm×79.0mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター(CVデュアルキャブレター)
  • 参考スペック(ED2 シビック)
    • 最高出力:67kW(90hp)/6,300rpm
    • 最大トルク:112N·m(13.2kgf·m)/4,500rpm

PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,396cc
  • 内径×行程:75.0mm×79.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(MA8 シビック)
    • 最高出力:66kW(89hp)/6,100rpm
    • 最大トルク:117N·m(11.9kgf·m)/5,000rpm

Dual point PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,396cc
  • 内径×行程:75.0mm×79.0mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(Dual point PGM-FI)
  • 参考スペック(EJ9 シビック)
    • 最高出力:56kW(75hp)/5,700rpm
    • 最大トルク:112N·m(11.4kgf·m)/3,000rpm

D15A[編集]

シングルキャブレター仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC CVCC ベルト駆動 吸気2 排気1
  • 排気量:1,488cc
  • 内径×行程:74.0mm×86.5mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター
  • 参考スペック(EC5 シビックワゴン)
    • 最高出力:57kW(76hp)/5,500rpm
    • 最大トルク:114N·m/3,500rpm

PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC CVCC ベルト駆動 吸気2 排気1
  • 排気量:1,488cc
  • 内径×行程:74.0mm×86.5mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EC3 シビック)
    • 最高出力:68kW(91hp)/5,500rpm
    • 最大トルク:126N·m/4,500rpm

D15B[編集]

シングルキャブレター仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター
  • 参考スペック(EF2 シビック)
    • 最高出力:67kW(91PS)/6,000rpm
    • 最大トルク:119N·m(12.1kgf·m)/4,000rpm

デュアルキャブレター仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:キャブレター(CVデュアルキャブレター)
  • 参考スペック(EF6 CR-X)
    • 最高出力:77kW(105PS)/6,500rpm
    • 最大トルク:129N·m(13.2kgf·m)/4,500rpm

Dual point PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(Dual point PGM-FI)
  • 参考スペック(ED6 シビック)
    • 最高出力:69kW(92hp)/6,000rpm
    • 最大トルク:119N·m/4,500rpm

PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EU1 シビック)
    • 最高出力:77kW(105PS)/5,800rpm
    • 最大トルク:135N·m(13.8kgf·m)/4,200rpm

2Valve仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気1 排気1
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(ED8 CR-X HF)
    • 最高出力:54kW(72hp)/4,500rpm
    • 最大トルク:113N·m(83 ft·lbf)/2,200rpm

VTEC仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EG4 シビック)
    • 最高出力:96kW(130PS)/6,800rpm
    • 最大トルク:138N·m(14.1kgf·m)/5,200rpm

VTEC-E仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC VTEC-E ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EG4 シビック)
    • 最高出力:69kW(94PS)/5,500rpm
    • 最大トルク:131N·m(13.4kgf·m)/4,500rpm

3StageVTEC仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC 3StageVTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,493cc
  • 内径×行程:75.0mm×84.5mm
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EK3 シビック)
    • 最高出力:96kW(130PS)/7,000rpm
    • 最大トルク:139N·m(14.2kgf·m)/5,300rpm

D16A[編集]

PGM-FI仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,590cc
  • 内径×行程:75.0mm×90.0mm[4]
  • 圧縮比:9.4
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EK5 シビックフェリオ)
    • 最高出力:88kW(120PS)/6,400rpm
    • 最大トルク:144N·m(14.7kgf·m)/5,000rpm

VTEC仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,590cc
  • 内径×行程:75.0mm×90.0mm
  • 圧縮比:9.6
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(GH3 HR-V)
    • 最高出力:92kW(125PS)/6,700rpm
    • 最大トルク:144N·m(14.7kgf·m)/4,900rpm

VTEC-E仕様[編集]

  • 弁機構:SOHC VTEC-E ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,590cc
  • 内径×行程:75.0mm×90.0mm
  • 圧縮比:9.4
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(MB4 ドマーニ)
    • 最高出力:88kW(120PS)/6,500rpm
    • 最大トルク:144N·m(14.7kgf·m)/5,000rpm

D17A[編集]

  • 弁機構:SOHC VTEC ベルト駆動 吸気2 排気2
  • 排気量:1,668cc
  • 内径×行程:75.0mm×94.4mm
  • 圧縮比:9.9
  • 燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
  • 参考スペック(EU3 シビック)
    • 最高出力:96kW(130PS)/6,300rpm
    • 最大トルク:155N·m(15.8kgf·m)/4,800rpm

搭載されていた車種[編集]

D12A[編集]

D13A[編集]

D13B[編集]

D13C[編集]

  • シティ (GA2)

D15A[編集]

  • シビック (EC3/4/5/6)
  • CR-X (EC1)

D15B[編集]

D16A[編集]

D17A[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出力取出軸端より見た時の回転方向。JIS B 8001による。
  2. ^ シリンダーヘッドの出口直後で4気筒の排気管を集合させ、そこに排気触媒を取付けたものを言う。
  3. ^ エンジン回転数の正式名称はエンジン回転速度。 JIS B 0108-1による。
  4. ^ ZC型エンジン(DOHC/SOHC 16バルブ)と同一のボア・ストロークである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]