ホンダ・トルネオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・トルネオ
CF3/4/5/CL1/3型
前期型(1997年9月-1999年)
TORNEO1.jpg
TORNEO2.jpg
後期型(1999年1月-2002年)
1999-2002 Honda Torneo.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1997年 - 2002年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン F18B型:1.8L 直4 SOHC VTEC
F20B型:2.0L 直4 SOHC VTEC
F20B型:2.0L 直4 DOHC VTEC
H22A型:2.2L 直4 DOHC VTEC
最高出力 F18B型:140PS/6,100rpm
F20B型 SOHC:150PS/6,000rpm
F20B型 DOHC:200PS/7,200rpm
H22A型:220PS/7,200rpm
最大トルク F18B型:17.2kgf·m/5,000rpm
F20B型 SOHC:19.0kgf·m/5,000rpm
F20B型 DOHC:20.0kgf·m/6,600rpm
H22A型:22.5kgf·m/6,700rpm
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,635-4,680mm
全幅 1,695-1,720mm
全高 1,405-1,440mm
ホイールベース 2,665mm
車両重量 1,230-1,390kg
燃費 1.8VTS:16.2km/L
2.0VTS:13.8km/L
SiR-T:12.2km/L
Euro-R:11.6km/L
全て10・15モード
先代 ホンダ・アスコット
ホンダ・ラファーガ
-自動車のスペック表-

トルネオ(Torneo)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたセダン型の乗用車である。

概要[編集]

6代目アコード姉妹車で、アスコットプリモ店)/ ラファーガベルノ店)の統合後継車に位置付けられる。ラインナップは4ドアセダンのみで、アコードとはフロントグリルヘッドライト周りとテールライト周りが異なる。当時としては珍しいHIDヘッドライトを、廉価グレードを除く全車に標準装備していた。

直列4気筒エンジンを横置に搭載したFF/4WDレイアウトを採用し、エンジンは、F20B型 SOHC VTEC 2.0L(FF:150PS , 4WD:148PS)と同型式のDOHC VTEC(MT:200PS , AT:180PS)、F18B型 SOHC VTEC 1.8L(140PS)が搭載された。後に追加された「トルネオユーロR」には、H22A型 DOHC VTEC 2.2L(220PS)が搭載された。

発売当初は姉妹車のアコードよりも日本人好みのデザインで、ベルノ店・プリモ店の2チャネル販売であったことから、クリオ店のみの扱いだったアコード以上の販売台数を記録したこともあったが、時を経るごとにネームバリューのなさから常にアコードの販売台数を下回り、2002年にアコードがフルモデルチェンジで3ナンバー化することと、セダン需要の低迷から販売力をアコードのみに集約するため廃止となった。トルネオ廃止以後アコードはホンダ3チャネル全店扱いを経てホンダカーズ全店扱いとなった。

初代 CF3/4/5/CL1/3型(1997-2002年)[編集]

  • 1997年9月4日 - 6代目アコードとともに登場した。
  • 1999年1月21日 - 一部改良をおこない、ヘッドライトやグリル、テールランプ等を小変更した。
  • 2000年6月1日 - H22A型エンジンを搭載した「トルネオユーロR」を発売し、同時にDOHC 2.0L 高出力エンジンを搭載したMT仕様の「SiR-T」を廃止。2.0VTSの型式変更(CF4型→CL3型)。
  • 2001年5月31日 - マイナーチェンジをおこなった。標準装備オーディオがカセットテープからCDになる。「SiR・Euroパッケージ」を追加した。
  • 2002年 - 7代目アコードの登場にともない、販売を終了した。

車名の由来[編集]

「Touring(ツーリング、旅)」+「Neo(新しい:ギリシア語)」による造語[1]

取扱販売店[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アコードファクトブック

関連項目[編集]

外部リンク[編集]