プリモ店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホンダプリモ店 (PRIMO) は、2006年7月まで存在したホンダのディーラー網(販売チャネル)である。

概要[編集]

旧プリモ店だったホンダカーズ大阪長堀
初期のプリモ店外観(群馬県のホンダカーズ大泉。現在は建て替え済み)

1985年に旧・「ホンダ店」が、プリモ店とクリオ店に分割して設立された。小型車のシビック軽自動車ライフバモスなど)を専売車種としていた。1986年まではシティ1989年まではアコードも取り扱っていて、後にこの2台はクリオ店専売車種になった。

イメージカラーは赤で、キャッチフレーズは「クルマが、家族になる。」であった。

元々、プリモ店は委託販売方式を採っていた時代からの名残で、オートバイ・自転車取扱店、マリーン・船外機取扱店、農機具取扱店、地元有力者の中小の商店・企業などを母体とするディーラーが多く、複数の販売店・サービス拠点を持たない単独店が多かった。

2006年3月1日に他系列のクリオ店、ベルノ店ともに全店全車種併売へと移行し、それまでプリモ店が独占的に扱っていた軽自動車が他系列でも取り扱われるようになった。同年7月13日をもって販売網の統一名称Honda Cars店へ移行した。

2006年2月末までの専売車種[編集]

過去の専売車種[編集]