ホンダ・インテグラタイプR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・インテグラ > ホンダ・インテグラタイプR
タイプR > ホンダ・インテグラタイプR

インテグラタイプR(Integra type-R)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたクーペまたはハードトップ型の乗用車である。

NSXタイプRに続くタイプRシリーズ第2弾で、インテグラスポーツバージョンである。略称は「インテR」。

初代 DC2/DB8型(1995-2001年)[編集]

ホンダ・インテグラタイプR(初代)
DC2/DB8型
後期型(1998年1月-2001年7月)
Honda Integra Type-R DC2.jpg
後期型 リア
Honda Integra Type-R DC2 rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1995年-2001年
乗車定員 3ドア: 4人
4ドア: 5人
ボディタイプ 3ドア ハッチバッククーペ
4ドア ハードトップ
エンジン B18C型: 1.8L DOHC VTEC
最高出力 200PS/8,000rpm
最大トルク 19.0kgf·m/6,200rpm
変速機 5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前: ダブルウイッシュボーン
後: ダブルウイッシュボーン
全長 3ドア: 4,380mm
4ドア: 4,525mm
全幅 1,695mm
全高 3ドア: 1,320mm
4ドア: 1,355mm
ホイールベース 3ドア: 2,570mm
4ドア: 2,620mm
車両重量 3ドア: 1,060-1,080kg
4ドア: 1,100-1,130kg
燃費 13.5km/L(10・15モード
-自動車のスペック表-

1995年10月16日に、3代目インテグラのスポーツバージョンとして3ドアクーペ(DC2型)と4ドアハードトップ(DB8型)が発売された。

搭載されたエンジンは、B18C Spec-R 直4 1.8L DOHC VTECで、ベースモデルの「Si-VTEC」のものに対して、ピストンカムシャフトインテークマニホールド/エキゾーストマニホールドECUなどの変更により最高出力を200PS/8,000rpmとして20PSの向上を実現した(初期型はエンジンのポート研磨を手作業で行っていた)。またカムカバーには赤の結晶塗装がなされている。

トランスミッションは、エンジンの高回転化に合わせて2−5速がローレシオ化されクロスレシオとなった5速MTで、トラクション性能の向上のためヘリカルLSDが装着された。

外装は、タイプRの専用車体色であるチャンピオンシップホワイトのほか、軽量アルミホイール、フロントのリップスポイラーおよびリアの大型スポイラーを標準装備し、内装では、モモ社製 360mmステアリングSRSエアバッグ非装着車)、チタン削り出しシフトノブ、フルスケール10,000rpmのタコメーターを備えたイエロー指針のメータ群(NSXタイプRと近似)およびレカロ社製バケットシートが採用された。なお、3ドア車ではバケットシートの色を赤か黒に選択できた。(後に追加販売されたボディーカラー黄色では、黄色のシートが採用された。)

軽量化のため、標準ではエアコン、オーディオ類(アンテナ時計なども含む)、リアワイパー、遮音材などは省かれており、フロントガラスもベースモデルより薄く、バッテリーも軽自動車向けのものに換装され、逆にモノコックフレームの一部は鋼板が厚くされるなどの補強がされている。前期型では、SRSエアバッグ装備の有無でステアリングの変速比が異なっており、SRSエアバッグ装備のないモデルではよりクイックなステアリング変速比となっていた。

1998年1月29日に発売された後期型(98タイプRあるいは98specと呼ばれる)では、タイヤ幅のワイド化(195→215)、ホイールのインチアップ(15→16inch)、ホイールナットも4穴から5穴に変更、ブレーキローターの大径化、ステンレス製4in1等長エキゾーストマニホールド、ヘッドライトHIDランプ化、モノコックの高剛性化、足回り、ECUの見直し、ファイナルギヤレシオのローレシオ化などの変更が行われた。これにより前期型よりも走行安定性が高まったが、面白味では後退したと評価される場合もあった。

1999年12月16日には、00specあるいは99specと呼ばれる初代タイプRの最終型が発売された。平成10年アイドル規制に対応し、型式が変更となった(E-DC2→GF-DC2、E-DB8→GF-DB8)。 動力性能は98specから変更がないものの、専用スポーツペダル、専用カーボン調パネル、電動格納式ドアミラー、キーレスエントリー、デジタルクロック、オートアンテナ、AM/FM電子チューナー&CDステレオ+6スピーカー、プライバシーガラスなどを標準装備した「タイプR・X」が追加された。センターコンソール上に製造順を表すシリアルナンバーの刻印が導入された。


2代目 DC5型(2001-2006年)[編集]

ホンダ・インテグラタイプR(2代目)
DC5型
後期型(2004年9月-2006年7月)
Honda Integra Type-R DC5.jpg
後期型リア
Honda Integra Type-R DC5 rear.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2001年-2006年
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドアハッチバッククーペ
エンジン K20A型: 2.0L DOHC i-VTEC
最高出力 220PS/8,000rpm
最大トルク 21.0kgf·m/7,000rpm
変速機 6速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前: マクファーソンストラット
後: ダブルウィッシュボーン
全長 4,385mm
全幅 1,725mm
全高 1,385mm
ホイールベース 2,570mm
車両重量 1,170 - 1,180kg
燃費 12.4km/L(10・15モード)
-自動車のスペック表-

2001年7月2日フルモデルチェンジがおこなわれた。絶版となったプレリュードと統合されたため、4ドアハードトップは廃止され3ナンバーサイズのクーペのみで登場し、標準グレードと同時にタイプRも設定された。

専用にハイチューンされたK20A型 直4 2.0L DOHC i-VTECエンジンを搭載することにより、初代を上回るエンジン性能(220PS)や、ホンダ車初のブレンボ社製ブレーキキャリパーの採用などで装備面を強化したものの、安全装備の標準搭載や衝突安全性を考慮したボディで総重量が100kg以上増となったり、フロントサスペンションのマクファーソンストラット化や、スポーツクーペとしては広めの室内空間・トランクスペースの確保などで全高が高くなったためなどで不満の声もあったが、初代同様世界最速のFFといわれ、高い評価を得た。 またハイスペックエンジンを搭載しながらも、国土交通省が定めた低排出ガス車認定制度平成12年排出基準の「優-低排出ガス(☆☆)」をクリアし、10・15モード燃費は12.4km/L(実燃費も8km/Lから11km/L前後)とスポーツカーとしては比較的低燃費である。

長年シビックで開催されてきたホンダ主催のワンメイクレースも、2002年より初代シビック・タイプRから当車種に変更され、2007年まで続いた(なお2008年からは3代目シビック・タイプRに変更)。

2004年9月16日に、マイナーチェンジがおこなわれた。大きな変更点はヘッドライト(通称涙目型)がシャープな形状の物に変更された。またサーキット走行者などから不満の多かったサスペンションなどの見直しを行った。さらに、日本国内のみならず日本国外でも盗難被害に遭うケースが頻発したため、イモビライザーを標準装備し増販を狙ったが、回復にはいたらなかった。またウイング形状がロータイプのものに、サイドステップもタイプSと同様の仕様となる「ローウイング仕様」をメーカーオプション設定した。

2006年4月、日本の人口構成の変化に伴い、クーペ型乗用車のニーズが減り、生産終了を発表した。当初は最後の300台を生産し同年6月に終了する予定が、惜しむ声が大量に寄せられたため、最終的に150台増産で1か月延長の同年7月に生産終了した。


搭載エンジン[編集]

その他[編集]

初代、2代目ともに生産終了後も中古車市場では人気車種として状態のいい物は高値で取引されている。しかし、2007年埼玉県栃木県を中心に「タイプR」を専門に狙った連続盗難事件があり、窃盗団(20代の男7人)が2008年2月に逮捕されている。 特に2代目は初代の人気影響で発売当初から盗難被害が多い車種であり、自動車保険の車両保険料率クラスは最も高額な9クラスとなっており、タイプRの影響を受ける形で標準車(DC2型Si-VTEC、DC5型iS/タイプS)の保険料が割高となる現象も生じている。一部の損害保険会社では、内規で「タイプRグレードの保険引受不可」とするところもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]