ホンダ・ビガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビガー(Vigor)は、本田技研工業がかつて生産・発売していたセダン型の乗用車である。

初代 SZ/AD型(1981-1985年)[編集]

ホンダ・ビガー(初代)
SZ/AD型
北米アコード(後期型)
2nd Honda Accord LX sedan.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1981年 - 1985年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
3ドア ハッチバック
エンジン 前期
EK型:1.8L 直4 SOHC CVCC II
後期
ES型:1.8L 直4 SOHC CVCC II
変速機 5速MT/ホンダマチック/4速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:マクファーソンストラット
全長 前期
4ドア:4,410mm
3ドア:4,210mm
後期
4ドア:4,455mm
3ドア:4,255mm
全幅 前期:1,650mm
後期:1,665mm
全高 4ドア:1,355 - 1,375mm
3ドア:1,335mm
ホイールベース 2,450mm
車両重量 前期
4ドア:930 - 970kg
3ドア:930 - 960kg
後期
4ドア:955 - 1,005kg
3ドア:940 - 1,010kg
-自動車のスペック表-

1981年9月25日に、2代目アコード姉妹車として発売された。3ドアハッチバックと4ドアセダンとがあり、アコードとの違いは、アコードはヘッドライトが異型角型2灯でエンジンが1.6Lと1.8Lであったのに対し、ビガーはヘッドライトが北米アコードと同様のSAE規格の角型4灯で、エンジンが1.8Lのみである。クルーズコントロールを全グレードに装備し、走行距離,走行時間,燃費が表示されるエレクトロニックナビゲータも、最廉価グレードを除いて標準装備された。

1983年6月17日に、マイナーチェンジが行なわれた。新型エンジンのSOHC 3Valve クロスフロー 直列4気筒 1.8L(ES型)と新型ミッション(ロックアップ機構付き4速AT)が搭載された。グレード構成は下から「VL」/「VX」/「VXR」。

1984年5月に、PGM-FI仕様のエンジンを搭載した「VT-i」/「VTL-i」(セダン)および「TT-i」(ハッチバック)が追加された。

2代目 CA1/2/3型(1985-1989年)[編集]

ホンダ・ビガー(2代目)
CA1/2/3型
Honda Vigor Front.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1985年 - 1989年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン A18A型:1.8L 直4 SOHC
B18A型:1.8L 直4 DOHC
B20A型:2.0L 直4 DOHC
変速機 5速MT/4速AT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,535mm
全幅 1,695mm
全高 1,355mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,020 - 1,150kg
-自動車のスペック表-

1985年6月4日に、3代目アコードの姉妹車として発売された。ボディは4ドアセダンのみ(アコードにはあった3ドアハッチバックのエアロデッキは設定はされなかった)であった以外はアコードとの違いは少なく、ヘッドライトにはリトラクタブルヘッドライトが採用され、搭載エンジンも、新開発のDOHC1.8L CVデュアルキャブレター仕様のB18Aと2.0L PGM-FI仕様のB20A及びSOHC 1.8L シングルキャブレター仕様のA18Aと全く同一で、フロントグリルとリアのテール周りの外観が違う程度であった。

1986年5月に、一部変更が行なわれた。ATは電子製御ロックアップ化され、フューエルゲージは置針式に変更された。

1987年5月に、マイナーチェンジが行なわれた。電動格納式ドアミラーや本革インテリアが採用された「2.0Siエクスクルーシブ」が追加された。

1988年9月に、AT車にシフトロックシステムが追加され、「MXLスーパーステージ」が追加された。

3代目 CB5/CC2/3型(1989-1995年)[編集]

ホンダ・ビガー(3代目)
CB5/CC3/2型
日本仕様(後期型)
ホンダ・ビガー.jpg
アキュラ・ビガー
Acura-Vigor .jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1989年1995年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア ハードトップ
エンジン G25A型:2.5L 直5 SOHC
G20A型:2.0L 直5 SOHC
変速機 4速AT/5速MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 前期:4,690mm
後期:4,830mm
全幅 前期:1,695mm
後期:1,775mm
全高 前期:1,355mm
後期:1,375mm
ホイールベース 2,805mm
車両重量 前期:1,270-1,350kg
後期:1,370-1,440kg
別名 北米:アキュラ・ビガー
後継 日本:ホンダ・セイバー
北米:アキュラ・TL
-自動車のスペック表-

1989年10月12日に、新たに誕生したアコードインスパイアの姉妹車として発売された。ロングホイールベースの4ドアピラードハードトップボディのフロントミッドシップに、SOHC 直列5気筒 2.0L G20Aが搭載された。形式名はCB5。グレードは下から「Type N」/「Type E」/「Type W」/「Type X」。従来のアコードとの関係から離れたことにより、パーソナルでスポーティーなキャラクターがより強められ、初期型のAT仕様には、ガングリップタイプのシフトレバーが装着されていた。

1991年5月に、一部変更が行なわれた。AT車のシフトレバーがガングリップタイプから普通のものに変更された。車種の見直し最廉価グレードの「Type N」が廃止され代わりに「Type S-Limited」が追加された。「VIGOR」のマークがトランクリッド右上からセンターに移動され、代わりに「H」マークがトランクリッド中央に移動した。

1992年1月29日に、3ナンバーボディに2.5L G25Aと5PSアップした改良版のG20Aを搭載したモデルが追加された。G25A搭載車(型式:CC2)はプレミアムガソリン仕様で、AT仕様のみ。グレードは上から「25XS」/「25X」/「25S」/「25W」。G20A搭載車(型式:CC3)はレギュラーガソリン仕様で、インスパイアと異なりMT仕様も用意されていた。グレードは「20G」のみ。

このモデルは、北米などでホンダの高級車ブランドのアキュラから、アキュラ・ビガーとして販売された。

1995年3月に、日本では後継車としてセイバーが登場し、北米でもアキュラ・TLが登場し、絶版となった。

搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

  • 活力等若さを意味する英語から来ている。

取扱販売店[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]