ホンダ・ゼスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・ゼスト
JE1/2型
標準車(中期型)
Honda Zest 001.JPG
スポーツ(2006年3月 - 2008年12月)
Honda Zest Sports 2006.jpg
スパーク
Honda Zest Spark 01.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 2006年 - 2012年
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア 軽トールワゴン
エンジン P07A型:660cc 直3
SOHC i-DSI NA 52PS
SOHC i-DSI T/C 64PS
変速機 4速AT
駆動方式 FF / 4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオン式
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,635 - 1,660mm
ホイールベース 2,420mm
車両重量 880 - 990kg
-自動車のスペック表-

ゼスト(Zest)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたトールワゴン型の軽自動車である。

概要[編集]

ボディ・シャーシ[編集]

4代目ライフプラットフォームを共通とし、乗り載り自在なスイッチムーバーをコンセプトにしており、高い室内高と荷物を積みやすいのが特徴。ガラスの下の線を階段のように上げて、ダイナミックボリュームを採用している。

軽自動車初のサイドカーテンエアバッグが装備されており、運転席・助手席ともに最高の衝突安全性能総合評価である6スター(★★★★★★)も、軽自動車で初めて獲得[1]した。

ゼストスパークのFF・ターボ車の上級グレード(Wタイプ TURBO)にはスポーツサスペンションを標準装備しており、操縦性と安定性を高めている。

エクステリア[編集]

  • 当初は「ゼスト」と「ゼストスポーツ」との2種類があり、「ゼスト」はファミリーを、「ゼストスポーツ」は若者をターゲットにしているが、「ゼストスポーツ」を中心にした売り方をしているため、多くの世代でスポーツは売れていた。
  • 2008年12月のマイナーチェンジの際に「ゼストスポーツ」を廃止し、替わってプロジェクタータイプのディスチャージヘッドランプや専用フロントグリル・バンパーを採用した「ゼストスパーク」が追加された。
  • エクステリアは女性デザイナーが担当した。

インテリア[編集]

  • メーターはタコメーター装備の自発光式で(ライフは透過式)、マルチインフォメーションディスプレイはライフと異なり オド、トリップ(ツイン)、外気温、平均燃費のみとなった。
  • 内装色は標準モデルが暖色系、スポーツモデルが黒系となる。
  • ステアリングはインターナビ装備車はシビックタイプ、それ以外はゼスト専用となる。
  • 2008年12月のマイナーチェンジより、5代目ライフで装備されているバックモニター付オーディオがオプションで選択可能となった。
  • インテリアは男性デザイナーが担当した。

エンジン・ミッション[編集]

機構はライフとほとんど共通であり、搭載されたエンジンは、P07A型 直列3気筒 SOHC 6Valve PGM-FI仕様 660cc、NA仕様とターボ仕様とで、組合わされるトランスミッションは4速AT(インパネシフト)のみとなっている。

搭載エンジン[編集]

初代 JE1/2型(2006 - 2012年)[編集]

  • 2006年
    • 2月23日 - 発表された(発売は3月1日)。目標月間販売台数は5,000台。
  • 2007年
    • 1月18日 - マイナーチェンジがおこなわれた。『ゼスト』を「D」1タイプに集約して、『スポーツ』メインの構成となった。標準装備だったシートバックポケット、コンビニフックを注文装備に変更された。
    • 8月30日 - 「D」タイプに特別仕様車「スペシャル」が追加された。ベース車両よりも装備を充実させながらも2~3万円程度価格を下げている(ベース車両よりも約8万円程得になっている)。
    • 12月6日 - 『スポーツ』の「W」,「G」タイプに特別仕様車「スペシャル」が追加された。カラードフロントドアグリル等のスポーティ面の他、ハーフシェイドフロントウィンドウ、CDプレイヤー等の実用面での装備が充実され、特別仕様車限定色が追加された。(2008年4月1日に販売を終了)
  • 2008年
    • 5月15日 - 『スポーツ』の「G」タイプに特別仕様車「ダイナミック スペシャル」が追加された。ディスチャージヘッドランプ、14inアルミホイールやリアスポイラー等のスポーティアイテムや、ハーフシェイドフロントウィンドウ、CDプレイヤー等が標準装備された。
    • 12月26日 - マイナーチェンジがおこなわれた。「D」タイプはウォームグレー内装に変更し、より明るめの印象となったほか、Hondaスマートキーシステム・CDプレーヤー(AM/FMラジオ付)が標準装備された。さらに、エンジンの改良により燃費が向上された。また、従来の『スポーツ』に替わって、専用フロントバンパー・グリルなどを採用し、より個性的な印象となった『スパーク』が追加された。なお、このマイナーチェンジに伴い、リアに装着されている「ZEST」ロゴのエンブレムが前・中期型の右側から左側に移動となった。また、『スパーク』については「ZEST」ロゴではなく、「Spark」ロゴのエンブレムのみが装着される。
  • 2009年
    • 6月4日 - 一部改良がおこなわれた。「D」タイプと『スパーク』の「W」,「G」タイプのFF車の燃費が向上され、「平成22年度燃費基準+15%」を達成すると共に、「環境対応車普及促進税制」に適合した。また、『スパーク』の「G」と「Gターボ」にはカラードサイドシルガーニッシュと大型テールゲートスポイラーをセットにしてお買い得価格に設定した「スタイリッシュパッケージ」が追加された。
    • 11月19日 - 一部改良がおこなわれた。『スパーク』の内装に常時点灯ブルーイルミネーションメーターを採用し、シルバー加飾を施し、「G」タイプにはスポーツステアリングを、「W」タイプは4スピーカーを追加装備した。さらに、全タイプの4WD車の価格を引き下げた(同年6月の一部改良時に比べ、「D」と「スパーク G」で17,500円、「スパーク Gターボ」で17,000円、「スパーク W」と「スパーク Wターボ」で12,000円それぞれ値下げ)。
  • 2010年
    • 7月1日 - 『スパーク』の新車装着時用のオプションとして発売当時からCMに出演している歌手の浜崎あゆみとコラボした「Aスタイルパッケージ」が発売された(12月20日までの期間限定販売)。なお、このパッケージで装着するインパネガーニッシュ、リヤエンブレムの文字[1]、専用フロントグリル等といったパーツ類は単品販売が一切許されず、新車納車後にホンダカーズのディーラーで装着される方法が採られた。
  • 2011年
    • 2月18日 - 一部改良がおこなわれた。ナビゲーションを手軽に装着できる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」をメーカーオプションに追加設定された。このパッケージを装着した場合、ナビ装着用専用ワイヤーハーネス、リアカメラ、照明付オーディオリモートコントロールスイッチ、リア2スピーカー(『スパーク』の「W」と「Wターボ」は標準装備済)、マイクロアンテナが追加装備された。また、『スパーク』の「W」と「Wターボ」は本革巻ステアリングホイールを標準装備した。
    • 10月13日 - 「スパーク G」をベースに、大型テールゲートスポイラー、カラードサイドシルガーニッシュ、14インチアルミホイール、フルオート・エアコンディショナーなどを装備し、求めやすい価格に設定した特別仕様車「ダイナミックスペシャル」を発売した。
  • 2012年
    • 6月1日 - 生産を終了し在庫車のみの販売となる。
    • 11月14日 - 販売を終了しホームページの掲載も終了した。

車名の由来[編集]

  • Zest:英語で「ピリッとした刺激・魅力・熱意・楽しみ・風味を添えるモノ」という意味。『刺激的な楽しさで生活を豊かに広げるクルマ』として名付けられた。
  • Spark:見る人の魂を熱くさせ、圧倒的に煌めく存在になるという思いを込めて名付けられた。

取扱販売店[編集]

Honda Cars店(ホンダ四輪全店)

脚注[編集]

  1. ^ SPARKの「A」が、浜崎のキャラクターを象徴する「A」に換装される

関連項目[編集]

外部リンク[編集]