トーションビーム式サスペンション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーションビーム式サスペンション(トーションビームしきサスペンション)とは、自動車のサスペンション形式のひとつ。カタログには「車軸式」「トレーリングアーム式」などと表記されることもある。

前輪駆動(FF)車の後輪に用いられ、左右のトレーリングアームやリンクが、「ねじれ」(トーション)を許容する「横梁」(クロスビーム)でつながれている。左右の車輪はある程度個別に上下動(ストローク)でき、車軸懸架(固定車軸)と独立懸架の中間的な存在となっている。

長所としては、ストロークに伴う対地キャンバートレッドの変化がほとんど無いことと、簡素な構造による省スペース性、部品点数と可動(摺動)部分を大幅に少なくできるためにコストを抑えられることなどが挙げられる。さらに、クロスビームがトーションバー・スプリングとして働き、スタビライザーと同様の抗ロール性が得られる利点もある。一方、短所としては、バネ下重量が重くなること、サスペンションジオメトリの自由度が低くなること、独立懸架、車軸懸架のいずれと比べても接地性が低くなることなどが挙げられる。

初代フォルクスワーゲン・ゴルフの成功により、多くのメーカーが追従し、低コストFF車におけるリアサスペンションのスタンダードとなった。日本では軽自動車から大衆車、そのやや上級のファミリーカーにまで多く見られるリアサスペンション形式であるが、中には、トヨタ・アルファード/ヴェルファイアのように、車両総重量が2トンに達し、車両価格も高額な車種での採用例もある。この2車ではFFのみに留まらず、4WDもトーションビームとしている。

トーションビームの断面形状は、丸形や角形の中空鋼管のほか、I形、<形、⊂形、∩形などが見られる。トレーリングアーム(トレーリングリンク)とハブは剛結である。サスペンションスプリングには通常コイルばねが組み合わされるが、PSA・プジョーシトロエンは荷室へのばねの張り出しを嫌い、小型車では2本のトーションバー・スプリングを用いている。

図中の橙色の部分がトーションビーム、黄色はトレーリングアーム(トレーリングリンク)、緑色はラテラルロッド(パナールロッド)。

関連項目[編集]