ホンダ・ストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ストリート(Street)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたキャブオーバー商用バン軽自動車である。

初代 VD/VH型(1981-1988年)[編集]

ホンダ・アクティ ストリート
初代
後期最終型・4WDモデル
Honda Actystreet 1985.jpg
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1981年-1988年
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア キャブオーバーワンボックスカー
エンジン EH型:550cc 直2 SOHC
最高出力 28PS/5,500rpm
最大トルク 4.2kgf·m/4,000rpm
変速機 5速MT/4速MT/3速AT
駆動方式 MR/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:ド・ディオン式
全長 3,195mm
全幅 1,395mm
全高 1,745mm-1,895mm
ホイールベース 1,850mm
車両重量 710kg-720kg
-自動車のスペック表-
アクティバン」の豪華版「アクティ ストリート」として登場した。
発売時の現金標準価格は「標準ルーフ」で71万5,000円。
マイナーチェンジが行なわれ、AT車が追加される。また、この時ヘッドライトが角型に変更され、「アクティ」との差別化が図られたほか、エアコンがオプション設定される。
4WD車が追加され、翌年には当時クラス唯一である4WDのAT車が追加される。4WD車のみ、前輪ディスクブレーキと5速MTに変更される。
マイナーチェンジが行なわれる。ヘッドライトの形状が変更され、前輪ディスクブレーキを採用し、オプション設定だったエアコンを標準設定に変更される。MTはギア比を高速向きに変更し、2WD/4WD問わず、5速に変更される。

4速MTと5速MTのギア比の比較

4速MT 5速MT
1速 4.081 3.820
2速 2.434 2.222
3速 1.656 1.573
4速 1.130 1.031
5速 - 0.750
最終減速比 6.555 6.232


2代目 HH1/2/3/4型(1988-2001年)[編集]

ホンダ・ストリート
2代目
中期型
Honda Acty Street 251.JPG
製造国 日本の旗 日本
販売期間 1988年-2001年
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア キャブオーバー型ワンボックスカー
エンジン E05A型:550cc 直3 SOHC
E07A型:660cc 直3 SOHC
最高出力 E05A型:34PS/5,500rpm
E07A型:38PS/5,300rpm
最大トルク E05A型:4.5kgf·m/5,000rpm
E07A型:5.5kgf·m/4,500rpm
変速機 5速MT/4速MT/3速AT
駆動方式 MR/4WD
サスペンション 前:マクファーソンストラット独立懸架
後:ド・ディオン式
全長 前期型:3,195mm
後期型:3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,870mm-1,880mm
ホイールベース 1,900mm
車両重量 前期型:790kg-840kg
後期型:810kg-900kg
後継 ホンダ・バモス
-自動車のスペック表-
姉妹車である「アクティ」と同時にフルモデルチェンジを受ける。この代から「アクティ」の名が廃され「ホンダ・ストリート」となる。発売時の東京地区標準現金価格は「L」2WD MT車で92万円。当時では珍しいリアのスライドドアに全開閉式ウインドウを採用したことや、リアシートが足下のスペースに完全に格納されるなどの装備をし、後の「ステップワゴン」や「S-MX」などのホンダRVの原型を作った。時流に合わせフロントドアにパワーウィンドウ[1]が設定された。
エンジンはE05A直3 SOHC 12バルブとなった。出力は34PS。同型式のアクティバン同様、モデルライフを通じて4WD車はMT仕様のみで、初代に存在したAT仕様は設定されなかった。
軽自動車枠の拡大を受け、マイナーチェンジが行なわれ、660ccのエンジンを得る。全長が100mm拡大し、バンパーがある程度大型化された以外は、ほとんど外観上の変更は無い。グレードに「EX」が追加され、「X」が「G」に変わった。
一部改良が行なわれる。ハイマウントストップランプを全車標準装備し、快適装備を充実した。
マイナーチェンジが行なわれる。ヘッドライトのデザインが変更される。翌年には「アクティ」も同様に変更される。グレード構成は「EX」が廃止され、PGM-FI仕様(44PS)を追加した「FOX」と「Xi」が追加される。
一部改良が行なわれる。エアコンが新冷媒に変更され、快適装備を充実した。
マイナーチェンジが行なわれる。ウインカーレンズがクリヤー化される。グレード構成はPGM-FI仕様の「FOX」が廃止され、キャブレター仕様に「V」が追加された。
「アクティ」がフルモデルチェンジされ、乗用ワンボックスワゴンに「バモス」の名称を復活させた。「ストリート」はその後も並売されたが、2001年に販売を終了した。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ホンダアクセスによる後付けの装置を、工場で取り付けるものであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]