パワーウィンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パワーウィンドウ (power windows) は、スイッチ操作により、電気または空気による動力で開閉できるのこと。または、その設備。一般に自動車のことをさす場合が多いが、建築物や鉄道でも採用がある。

建築物[編集]

建築物の一部の窓にも採用されている。一般に手の届かない高さの窓の開閉に利用されており、手の届く範囲にあるスイッチ、もしくはリモコンで操作可能である。

自動車[編集]

パワーウィンドウ自体は1930年代後半にアメリカで実用化されていたが、一部の高級車を除き採用されなかった。大半の自動車は、窓は手動式で、レギュレーターハンドルによって窓ガラスを昇降させていた。爆発的に広まったのは1980年代である。

2000年代現在、発売されている自動車には法人向けモデル(社用車公用車用)や商用車ライトバンワンボックストラックなど)と安価グレードを除いて、ほとんどの車がこの設備を標準装備している。以前は一部の軽自動車などではパワーウインドウの昇降スイッチはレギュレーターハンドル仕様と共通化を図りやすくすべくドア内張りではなくインストルメント・パネルに取り付けることも多かった。こうすることでコストダウンをはかりつつもドア配線の簡略化にもつながるというメリットがあったが操作しにくい位置でありドア内張りの統一化もあって現在ではあまり見られなくなった。

一部車種には、降車の際に窓を閉め忘れてもエンジン停止後数分間、作動するものがある。

また、運転席のみワンタッチ式のものが主流であり、全席ワンタッチ式の車種もある。

電動であるがゆえに力が強く、幼児が誤ってスイッチを操作し、指などを挟む他、首を挟まれて窒息死する場合もあった。これらの事態を重く見た自動車メーカー各社は、スイッチ操作中に異物を感知したりガラスに手を触れると、開閉をすぐさまストップする安全装置を開発し、一部の車には装備されている。なお、いわゆるメーカーオプションもしくは社外品後付けパワーウィンドウには安全装置は搭載されることは稀である。ドライバーの手元にあるスイッチでは各窓の開閉を一括して行うことができるものも多い。

なお、スライドドアは配線などの問題上パワーウィンドウの装備が遅れていた。それよりもウィンドウの昇降自体が出来ない車種も8人乗りなどのミニバンに多かった。その影響か、三菱・タウンボックスなどは前席のみパワーウィンドウが搭載され、スライドドアの後席は手動式となっている。

日本車での初採用はプリンス自動車工業(現・日産自動車)二代目グロリアである。

鉄道[編集]

鉄道車両の開閉用スイッチ

日本の鉄道車両においては、1960年皇室ならびに外国の賓客用として日本国有鉄道が導入した特別車両、クロ157形に設置されたのが最初である。これは、賓客の見送り者に対する答礼の便を図るためである。同様の目的で、1号御料車E655-1でも採用されており、いずれも1枚ガラスの下降窓である

一般営業用では1970年代初めに相模鉄道2100系電車5100系電車に装備し、各窓横のスイッチ操作により、乗客が誰でもいつでも楽に窓を開閉できるようにした。相模鉄道ではその後も導入を続けたが、JR東日本の車両をベースに2002年から導入された10000系電車からは廃止された。

私鉄に採用されたものでは乗務員室からの一斉操作もでき、車両基地での車両洗浄時の省力化に一役買っている。整備の手間などから採用する事業者はわずかではあるものの、関東地方では相模鉄道の9000系電車までの各系列と小田急電鉄1000形電車(ワイドドア車のみ)、近畿地方では京阪電気鉄道7200系電車9000系電車阪急電鉄8000系電車以降9300系電車までの各系列と7300系電車の一部およびリフレッシュ工事後の5000系が採用している。

これらの私鉄の車両は全て通勤形電車である。パワーウィンドウは便利な機能ではあるのだが、勝手気ままな開閉は空調管理に支障をきたすので、そもそも完全空調が建前の特急形車両や近年の新製車両には採用されていない。

開閉方法は国鉄クロ157形が電動式、相模鉄道で採用されたものが油圧式、その他が空気式である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]