ブレーキパッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブレーキパッド(brake pad)とは、ディスクブレーキを構成する部品の一つである。ブレーキローターをキャリパーにセットされたブレーキパッドで押さえることにより、摩擦による制動が可能となる。なお、ドラムブレーキの摩擦部材はブレーキシューと呼ばれる。


素材[編集]

パッドは10~20程度の複数の材料を成型した複合材料である。 成型方法により、レジンモールド材(樹脂による成型)、焼結材(紛体冶金)の2種類に大別される。

レジンモールド材は、主に骨格材料(チタン酸カリウム(アスベスト代替素材)、金属繊維)、潤滑材料(コークスグラファイト金属硫化物)、研削材(金属酸化物、鉱物、金属)、ダンピング材(ゴム類)、PH調整剤(消石灰等のアルカリ性物質)、充填材(安価な粉体)等を樹脂(フェノール樹脂)で焼き固めたものである。樹脂を用いているため、高温状態にて樹脂が分解し、フェード現象が起こりやすい特性がある。よって普通乗用車2輪車等の軽負荷の用途に用いられている。

焼結材は、金属(銅系合金、アルミ系合金)、研削材、潤滑材を高温にて焼結させた合金の様なものである。温度依存性の低さ、効きの安定性、耐摩耗性から特殊用途(新幹線レーシングカー)に用いられている。

日本では、かつて耐熱性を重視するためにアスベストを利用していた時期があったが、発がん性の問題から1990年代以降は利用が止められている。現在はアスベストスの代換原料としてチタン酸カリウムウィスカが使用されているが、形状、大きさがアスベストに良く似ており、アスベスト同様発がん性が認められている。対応として生分解性を持たせた物、形状を変えた物が材料メーカーより発売されているが、未だ使用割合は少ない。[要出典]

一般的に金属割合を高めると制動力が強くなるが、ブレーキローターへの攻撃性も増し、消耗度合いが高まることから、経済性、ローターの耐久性、制動時の鳴きなどの問題に対するバランス感覚が、製造メーカー各社の工夫を発揮する余地となっている。[要出典]消耗品のため、定期的に点検し摩耗度合いを確認する必要がある。

新旧のブレーキパッド。擦り減っているのが分かる。

注意点[編集]

ブレーキパッドにはウェアインジケーターがプレートに付いているものがあり、パッドが磨り減って使用限界に近づくと、このウェアインジケーターがブレーキローターを引っ掻くようになっている。これにより、ブレーキの度に金属音が発せられ、運転者に注意を促す仕組みである。なお、この金属音はそのまま1,000km以上走行すると出なくなるが、自然に直ったと勘違いしてはならない。(可聴式パッドウェアインジケーター)

高級車の一部では、パッドに電線を埋め込み、使用限界に近づくと電線が磨耗し切断に至るようにしてあり、この断線を検出してパッド磨耗警報を表示するものもある。(電気式パッドウェアインジケーター)

一部のパッドには、ウェアインジケーターが備えられていないものも存在するため、定期的に目視確認を行うか、別途ウェアインジケーターを取り付ける必要がある。

使用限界を超えた場合、パッド部が脱落もしくは押さえ板の金属地肌がブレーキローターに接触し、破損を招く。この場合、大きな修理費を強いられることとなるため、早めの交換が得策である。

また、ブレーキパッドは油脂分を吸収する性質を持つが、潤滑油などが大量に染みこんだ場合には制動力が低下するため、使用不能となる。

フェード現象などで過熱したパッドはその表面材質が変質するので、表面を研磨するか交換する必要がある。

関連項目[編集]