ヒルディセントコントロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒルディセントコントロール (Hill Descent Control)は、自動車の走行制御技術の一つ。HDCと略されることが多い。

急勾配の道を下る際に、アンチロック・ブレーキ・システムを作動させてブレーキを自動制御し、車速10km/h程度での走行を行う。このとき運転者はアクセルブレーキを踏む必要がない。

搭載車両[編集]