ダッシュボード (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現代の乗用車のダッシュボード:
ベントレー・コンチネンタルGTC
茶色の部分がダッシュボード

ダッシュボードdashboard またはdash board)は、自動車においてフロントウィンドウ下、前席正面にある内装部品全体を指した名称。運転席正面には通常スピードメータータコメーター燃料計水温計距離計など、自動車の走行に必要な情報を指し示す計器類が配置されている。これら計器類部分をさしてインストルメント・パネル(インパネ)と言う。これはアメリカ英語で、イギリス英語ではフェイシアという。

元々は馬車の御者(馬を操る者)を馬が蹴り上げる小石や泥跳ねなどから身を守るために設けられた卸者席前方にある保護板のことで、馬を加速させる際はこの板を踏みつけるようにしたという。自動車草創期にこの板に計器類を取り付けたのが始まりとされる。

ダッシュボードの安全対策[編集]

ジョン・F・ケネディ時代の米国国防長官ロバート・マクナマラが、フォード社に安全プログラムを指導し、1956年、緩衝材(パッド)で覆われた『安全な』ダッシュボードを発表。これは『セーフガード』と名づけられていた。しかし当時の消費者にはほとんど関心をもたれなかった。 1970年代になってから安全性向上の対策として、緩衝材で覆われたダッシュボードが広く適用されるようになる。緩衝材の主流はポリウレタンフォームで、表面をポリ塩化ビニール又は皮革(高級車の場合)でカバーしている。 北米を最大の輸出仕向け地としていた各国の自動車メーカーも、北米向けを皮切りに、3点式シートベルトと合わせて緩衝材付きダッシュボードを導入した。

1990年代になると、運転席側にエアバッグが米国など数カ国で必須となり、まもなく助手席側にも広く装着されるようになる。

ダッシュボードの種類[編集]

走行時のインストルメント・パネル
計器やスイッチ類を一まとめにした部位をクラスターと呼ぶこともある

ダッシュボードには様々な用途で様々なタイプがある。

芝刈り機、農業用トラクター、黎明期の自動車では、ダッシュボードに装着されているのはステアリングホイールイグニッション・スイッチだけだった。

NASCAR(ナスカー)などのレース車両では、アルミ繊維強化プラスチックなどの板(まれに鉄板)一枚がダッシュボード(インストゥルメントパネル)として取り付けられる場合も多い。新たに取り付けたい計器があれば、適切な場所を見つけ単に穴を開ければすぐに取り付けられる。

最近のF1カーではダッシュボードのスペースはなく、ステアリングホイール自体が計器盤を兼ねている。

モーターサイクルモペッド(モペット)では乗用車用ダッシュのコンパクト版といえるようなものが用いられる。しかしながら、ここにオーディオプレーヤーやGPSナビゲーションのをつけられるものもある。

20世紀中頃にはカー・ラジオが普及し、ダッシュボード上、またはその下部に装着されるようになった。

ダッシュボード上に装着されるもの[編集]

ダッシュボードには多くの装備が装着される。最も重要なものは、ステアリングホイール計器盤 (インストルメント・クラスター) である。計器盤にはスピードメーター (speedometer) 、タコメーター (tachometer) 、オドメーター (odometer) 、燃料計 (fuel gauge) 、水温計などが装着されている。

ダッシュボードの上部には通常オーディオ装置のスピーカー、ヒーターやエアコンの噴出し口などが装備されることが多い。助手席側には通常グローブボックスが設けられている。

1980年代以前の乗用車には後付け式のカークーラーが、助手席側ダッシュボード下に吊り下げられることも多かった。軽自動車など比較的低出力の車の場合には、カークーラーシステムを模した後付け式電動ブロワモーターが装着されることもあった。この時代にはカーオーディオDIN規格のものが存在しなかったために、社外品が助手席側ダッシュボード下に吊り下げられるように取り付けられる場合があった。

現代の乗用車にはカーナビゲーションシステムが装着されることも多い。

指し示す範囲の違い[編集]

自動車業界用語としてはインストルメント・パネルとダッシュボードは通常同じものをさす。

使用する人によっては、インストルメント・パネルが計器盤のみを指し、ダッシュボードが助手席も含めた前席正面部全体をさす場合がある。 しかし、製造しているパーツメーカーが自社の製品をさす場合や自動車の取扱説明書などを含む技術系の用語としては前席正面部全体をさす呼称として『インストルメント・パネル』が使用されている場合も多い。

日本では、通常フロントウィンドウ下に運転席前方から助手席前方にかけて存在するパーツ全体を指す。英語では同等部分を指すが、使用される文脈によっては計器盤のみを指す場合もある。

緩衝材付きダッシュボードが一般化した後はインストルメント・パネルをダッシュボード、それ以外の緩衝材部分を「ソフトパッド」と呼び分ける使い方をする場合もある。日本でも一部で用いられるが、一般的ではなく、いわゆるエンスー的用いられ方である。

脚注[編集]

関連項目[編集]