トルクステア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トルクステアとは、自動車において左右の駆動輪での駆動トルクに差が生じて、ハンドルを切っていないのに車が曲がろうとする現象をいう。

概要[編集]

エンジンから左右の駆動輪までの構造および形状により、駆動力の伝わり方が左右で異なることにより発生する。 左右のドライブシャフトの長さが違ったり、ユニバーサルジョイントに角度がついたりして、トルクの伝わり方に差がある自動車で、急激にアクセルを踏み込んだときに発生しやすい。 高出力の横置きエンジンFF車および横置きFFベースの4WD車において、構造上の問題から発生しやすく、横置きFF車登場時より「悪癖」とされる。 このトルクステアを嫌い、ドライブトレーンを左右対称にするため、FF車でありながら縦置きエンジンのレイアウトにこだわり続けるメーカー(アウディスバル)も存在する。

近年では、トラクションコントロールドライブ・バイ・ワイヤなどによる電子制御技術の向上などにより対策が講じられているので、あまり発生しなくなっているが、LSDの組み込まれたもの、高出力のエンジンを搭載したもの(例:マツダ・スピードアクセラ)やモータースポーツに使用されるFF車など、大きなパワーが車体にかかる場合では、現在に至ってもしばしば発生している。

参考文献[編集]

  • 自動車工学 141頁 『トルクステア』 東京電機大学出版局