サンルーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンルーフ(Sunroof)とは、自動車の屋根に装備される開口部である。ガラスや透明なプラスチックの場合は天窓と呼ばれ、通常、その中で開閉式のものを指す。

チルトアップ式&スライド式(前席)とスライド式サンルーフを備えるミニバンの例(日産・プレサージュ)左が閉じた状態、右が開いた状態。 チルトアップ式&スライド式(前席)とスライド式サンルーフを備えるミニバンの例(日産・プレサージュ)左が閉じた状態、右が開いた状態。
チルトアップ式&スライド式(前席)とスライド式サンルーフを備えるミニバンの例(日産・プレサージュ
左が閉じた状態、右が開いた状態。
サンルーフが開いているポルシェ・991

解説[編集]

サンルーフは多様な構造と形態が考案されており、メーカーにより様々な呼称が用いられている。乗用車に装着されることが多いが、観光バスに装着される例もある。アメリカの高級車市場では、本革シートと並ぶ必須の装備であり、セダン・ワゴン・クーペ・SUV問わず全てのグレードでサンルーフが標準装備となる。冬季の日照が少ない欧州では、くる病予防の目的もあり、早くから大衆車にも広く普及している。一方で、重量増や室内高の減少、車両価格の上昇やトラブルによる出費の増加を嫌い、敬遠する向きもあり、特に日本国内ではサンルーフ付きの車種を敬遠する者が少なくない。

日本では1972年昭和47年)に、マルエヌが米国のDAS社と共同開発した後着けタイプのサンルーフであるターポリン製の「オープントップ」を発表[1]し、一般化した。日本車で初めてメーカー装着のサンルーフを装備した車種は、手動スライド式が1968年昭和43年)6月のホンダ・N360(追加車種)、電動スライド式は1978年昭和53年)発表の初代ホンダ・プレリュードである。

構造[編集]

動作[編集]

チルトアップサンルーフ[編集]

ポップアップサンルーフを持つ自動車の例:三菱・ギャラン(7代目)

ヒンジで開閉するサンルーフ。採光と換気が主目的で開口面積は比較的小さく、開放時には後方が上部に張り出す。主として前席の頭上に装着される。

スライディングサンルーフ[編集]

天窓部を、屋根の上か屋根と天井の間にスライドさせることで開放するもの。前者では、上述のポップアップ構造を併せ持つ場合も多い。現在、サンルーフとしては最も一般的なものである。外板にガラスを用いたものはムーンルーフともいわれる。ミニバンなど、2つ以上のサンルーフが装着される車種の場合は二列目に採用される事が多い。

パノラマウインドウ[編集]

バスのパノラマウインドウ
シュコダ 706 RTO LUX

1950年代から観光バスで流行した、屋根肩部に設けられた窓。高さのある渓谷建築物の観光に適している。

材質[編集]

外板共材[編集]

スチールアルミFRPなど、車体外板と同じ材質のもの。閉めた状態での視界と採光は無い。

ターポリン/キャンバス[編集]

いわゆる防水布製のサンルーフで、キャンバストップなどと呼ばれ屋根全体が開閉できるものが多い。遮音の行き届かない大衆車ではエンジンのこもり(篭り = 車内の反響)音を低減する目的もある。欧州では手動のものが多いが、手の汚れを嫌う日本のユーザーのために電動式が開発された。

ガラス[編集]

パノラマ式サンルーフを持つ自動車の例
トヨタ・タウンエースワゴン

ワンボックスカーミニバンでは、サンルーフのバリエーションとして屋根の肩の部分をガラス張りにしたものも存在する。この場合はガラス部分にサンシェードが備わる。運転席のポップアップサンルーフと組み合わせることが多い。

※いずれの車種も既に販売終了。

グラストップなみの大型ガラスサンルーフ
日産・ラフェスタ

以下の車種はルーフの開閉機能は装備されていない。その代わりに開口部を大きく取った物が多い。

現行車種[編集]
販売終了車種[編集]



問題点[編集]

  • 重量の増加
    • 天井に構造物が加わることで、車重が増加する。また、同じ面積の場合、ガラスは鋼板の数倍の重量となる。理論上、重心が上がることが走行安定性に影響し得ると言われることがある。
  • 剛性の低下
    • 開口部が形成されることで、ねじれ剛性が低下すると言われる場合がある。ただ、それ相応の補強がなされている場合もあり、一概には言えない。
  • 室内高の減少
    • アウタースライドではないスライディングサンルーフの場合、収納スペース(いわゆる戸袋部分)を設ける関係で、サンルーフを装備しない同一車種に比べて室内高が減少する。
  • 雨漏り
    • サンルーフ窓枠のゴム(ウエザーストリップ)の品質の不良や経年劣化により、雨水が漏れてくる場合がある。前述のボディ剛性低下に起因するボディの不可逆的なねじれにより、合わせ面の立付不良が生じて雨漏りとなる場合もある。
  • 安全性
    • 走行中にサンルーフから身体を出す事で、狭隘な道路においては障害物に身体が衝突する恐れがある。実際に1989年には、広島県にてサンルーフ付きの車両が高さ2.7m・通行高さ制限1.9mのJR西日本山陽本線高架下を通過した際に、サンルーフから顔を出して遊んでいた幼児2人が高架手前の高さ制限を示す鉄製防護工に頭部を激突させ死亡する事故が発生[2][3]2013年10月には、山口県萩市椿東の市道で大型ワンボックスカーが高さ制限1.8mのJR西日本山陰線高架橋の下を通過した際に、後部座席のサンルーフから顔を出していた6歳女児が、高架橋の下に設置された高さ制限を表示した鉄製防護工に頭を強く打ち、救急車で病院に運ばれたが脳挫傷で死亡するという、24年前の前例とほぼ同じ状況の事故も発生している[4]。いずれにせよこの種の事故は衝突の速度にかかわらず、頭部の一部もしくは大部分を著しく損傷し、酸鼻きわまるものとなる。
      • もっとも日本の法律ではそもそも全席シートベルト/チャイルドシートを使用しなければならないことを考えると、サンルーフから顔を出せる状態であること自体が違法状態にあると考えられる。加えてマニュアルなどでも走行中に身体を出すなと明記されていることが多いため、この手の事故はユーザーの自己責任といえる。
    • 電動で開閉できる場合、手や指の挟み込みには注意を要する。現在のものは、障害物の感知により動作が停止か反転する安全機能が付いている。
  • 快適性
    • ガラス部分は通常のボディ部分に比べて断熱性能が劣るため、例えシェードを閉じたとしても室外の気温や日射の影響を受けやすくなる。炎天下ではカーエアコン冷房がガラス部分からの室温上昇に追い付かないケースも発生する。

後付けサンルーフ[編集]

後付けサンルーフとは、新車生産時ではなく、車が市場に出た後で取り付けるためのサンルーフのことをいう。1995年平成7年)の規制緩和により、サンルーフを後付けしても構造変更手続きが原則不要になった。日本ではベバスト社、イナルファサンルーフ社の後付けサンルーフキットがそれぞれ販売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 会社沿革 - マルエヌ株式会社
  2. ^ 「車の天窓から顔 2児死ぬーー立ち上がり、周囲に夢中」『朝日新聞』1989年7月21日付朝刊、27面
  3. ^ フリーウインド - サンルーフ事故
  4. ^ サンルーフから顔出し、6歳児死亡 高架橋に頭打つ - 朝日新聞デジタル 2013年10月1日12時18分

関連項目[編集]