トヨタ・タウンエース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タウンエースTOWNACE )はトヨタ自動車によって1976年から生産・販売されているキャブオーバー、もしくはセミキャブオーバーワンボックス商用車、ならびに派生車種の乗用車、(今で言うミニバン)、およびトラックである。

同社のカローラコンポーネンツを利用した、商用乗用両用車として企画・開発され、ミニエースバンコーチの後継車として既に生産されていたライトエースの上級車種として誕生した。

ライトエースはパブリカ(のちにスターレットに変更)の、タウンエースはカローラのキャブオーバー版という位置付けであり、両者の開発・生産の一部はダイハツ工業に委託されている。1991年頃まではToyota Van(トヨタ・バン)の名で日本国外へも輸出され、2代目の欧州向けはToyota Model F(トヨタ・モデル F)と名乗っていた。

歴史[編集]

初代 R10系(1976年~1982年)[編集]

トヨタ・タウンエース(初代)
ワゴンハイルーフ カスタムエクストラ
Toyota Town Ace Wagon 001.JPG
ワゴンハイルーフ スーパーエクストラ
Toyota-TownAceSuperExtra.JPG
ワゴンハイルーフ グランドエクストラ
Toyota-TownAceWagon.JPG
販売期間 1976年 - 1982年
乗車定員 2-8人
ボディタイプ 4・5ドアキャブオーバーワンボックス
4・5ドアキャブオーバーライトバン
2ドアキャブオーバートラック
変速機 4MT / 5MT
3AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:半楕円リーフ
全長 4,095 - 4,110mm
全幅 1,650mm
全高 1,745 - 1,990mm
ホイールベース 2,195mm
データモデル ワゴン 後期型
-自動車のスペック表-
1976年10月
3/6人乗りのバン(1200/1600cc)と8人乗りワゴン(1600cc)を発表。
当初は商用車の雰囲気を色濃く残しており、同社のライトエースの上級モデルという位置づけとされ、ハイエースとの間を埋める役割を持っていた。
ワゴンハイルーフ
スーパーエクストラ
「走る・曲がる・止まる」ことに関する基本コンポーネンツは、3代目カローラ(E30 / E50系)からの流用で、車体まわりの一部、例えばフロントドア、リアスライドドアは10系ライトエースとの共通部品である。
当初のエンジンバリエーションは、1200ccの3K-J型と、1600ccの2T-J、12T-U型の3機種。
当初から5ナンバーワゴンの設定もあったが、装備は商用グレードと何ら変わらず、ATも設定されていなかった。
本車種の2型式はデルタワイドバン/ワゴンとして1982年までダイハツ工業OEM供給された。
1978年10月
レジャーユース需要の高まりから、ワゴン系の仕様を見直し。
  • エンジンは昭和53年排出ガス規制適合のため、1600ccから1800ccの13T-U型へ変更。
  • ワゴン系の足回りの見直しを行い、操縦安定性を向上。
  • ワゴン系最上級グレード「カスタムエクストラ」を追加設定。
  • ハイルーフ、手動サンルーフなども採用。
    • サンルーフのロックにはバス用部品を流用。
  • バンのエンジンを1200(3K-J型)から1300ccの4K-J型へ変更し、ハイルーフを追加。
  • 同年、トラックがラインナップに追加。高床・低床・ジャストローのそれぞれ標準・ロングデッキの6バリエーション。エンジンは1600ccの12R-J型を搭載。ジャストロー系のリヤタイヤはWタイヤではなく、高床モデルをベースに標準のバイアスタイヤよりタイヤ径の小さいラジアルタイヤを履かせ、なおかつ荷台をやや下げて架装するといったモデルで、実質的には高床とさほど変わらないモデルとなる。
  • トラックのロングデッキ車の車両型式もR10系であるが、初代マスターラインの型式に「RR1#」が使われているため、「RR2#」と、例外的に20番代の呼称となっている。
1979年10月
ライトエースのモデルチェンジに合わせてマイナーチェンジ。
市場からの要望をフィードバックすべく、細かな改良がなされる。乗用車としての見栄えや快適性を増し、同時に、よりカジュアル色を強めるため、インパネデザインの一新、フロントマスクの一部変更、風切り音や騒音の低減対策、新たな外板色の追加などが行われる。
  • ワゴン系最上級グレード、「カスタムエクストラ」の名称を「スーパーエクストラ」に変更。
  • バンは1600cc車に上級グレード「ハイデラックス」を追加設定。
  • エンジンは54年排出ガス規制へ適合。
  • トラックのマイナーチェンジはワゴン・バン系とは別に、やや遅れての実施となる。ジャストロー系のリヤタイヤに12インチのWタイヤが装着され、軽トラック並みの床面地上高の低さとなる。なお、ジャストロー系は車両前後でタイヤ/ホイール径が異なることから、後輪はもちろん前輪もハーフキャップが省略される。
この頃ライバルであった日産・バネットとの競争の中、車種と装備の拡大は止まらず、一気にRV色を強めて行く。同時に数多くの特別仕様車が発表され、販売台数もさることながら、市場での人気を不動のものとしていく。
1980年12月
2度目のマイナーチェンジ。ライバル車に対抗するため、より豪華にするのが狙い。
  • ワゴン系のヘッドランプ規格型の角形2灯式へ変更。バン系は従来の丸型ヘッドランプながら、ヘッドランプベゼルおよびバンパーをグレー塗装に改め、見栄えを向上。
  • 従来のコラムシフトの4速MTに加え、フロアシフトの3速フルオートマチックや、フロアシフトの5速MTを設定。
  • ワゴン系は操縦安定性向上のため、新たにフロントサスペンションにスタビライザーが装着され、同時にバネレートの見直しも実施。
  • ワゴン最上級グレードとして、チルトステアリングや電動リモコンミラー、2列目にスイング式対座シートを装備した「グランドエクストラ」を追加設定。
  • 吊り下げ式のフロントクーラーに代わり、フルエアミックス式のエアコンが装備される。リヤクーラーは床置式からオーバーヘッド式に変わり、備え付けのクールBOXを追加。
  • サンルーフも電動開閉式に改良。(手動式は一部グレードにて継続設定)
  • 上級グレード「ハイデラックス」を1300cc車にも設定。
  • トラックのジャストロー系に木製デッキ車が追加設定される。
1982年2月
一部変更
  • 簡易ベッドを装備したキャニオンパッケージを追加設定。
  • サンルーフ装備車の一列目席にチルトアップ式のムーンルーフを追加。
  • モーター駆動方式の電動カーテンをオプション設定。

2代目 R20 / 30系(1982年~1996年)[編集]

トヨタ・タウンエース(2代目)
ディーゼルワゴン(1987モデル)
1987 Toyota Townace.jpg
バン 4WD 2.0D GL
Toyota Townace Van 202.JPG
トラック 1800スーパーX
Toyota Townace Truuk 001.JPG
販売期間 1982年 - 1996年
乗車定員 2-8人
ボディタイプ 4・5ドアキャブオーバーワンボックス
4・5ドアキャブオーバーライトバン
2ドアキャブオーバートラック
駆動方式 FR
-自動車のスペック表-
1982年11月
エッジの効いたスタイルへとフルモデルチェンジされ、Aピラーと、ステアリングコラムの角度は一層小さくなり、見た目や装備も一気に高級化路線へと舵を切った。
同時に北米仕様の外観を持つ、トヨタ店向けのマスターエースサーフ双子車として加わるが、もともと2代目のモデルチェンジの要点でもあるフロント周りの構造変更は、北米での衝突安全基準に対応するためであった。
トラックのみこの世代でライトエースの姉妹車となった。このことから、ワゴン、バンとは独立して進化をしていくことになる。
エンジンは新世代商用エンジンの1Yと、2Y-U型(1600ccと1800cc、共にキャブレター)へ刷新され、ATも4速となる(ワゴンのみ)。
タウンエース初となるディーゼルエンジンには、カローラ系の1C型(1800cc)が選ばれた。
バンのデラックスとスタンダードは、ワゴン系やバンGLとはバックドアが異なっており、リアウインドウも四隅にRがつき、下端の位置が高く、面積がやや小さい。
日本国外向けのTOYOTA VANと、MODEL Fには、2200ccの4Y-EU型も搭載された。
バンは1Y-J型(1600cc)の他、継続採用の4K-J型(1300cc)を搭載。
自動車向け小型冷蔵庫としては世界初の製氷機が3兄弟共にオプション設定された。
グレード構成
  • ロイヤルラウンジ
  • グランドエクストラ
  • スーパーエクストラ
  • カスタム
  • キャニオン
  • GL
  • デラックス
  • スタンダード

量販価格帯の上級移行に成功し、収益率は上がった。ディーゼルは当初バン(CR26V)のみの設定であった。

1983年5月
一部変更
  • ワゴンに2C型ディーゼルおよび3Y-EU型ガソリンエンジン搭載の2000cc車を追加。
1984年8月
一部改良
  • スーパーエクストラ以上はバンパーの大型化
  • ディーゼル車にAT車を追加。ディーゼル車と、ガソリン車のATのギア比は4段とも同じで、最終減速比が異なるのみ。
1985年8月
ライトエースのモデルチェンジに合わせてマイナーチェンジ
  • 大型ガラスを屋根上に装備し、開閉・脱着式としたスカイライトルーフを新設定
    • 従来のツインムーンルーフも継続設定
  • 「ロイヤルラウンジ」に装備されていたデジタルメーターの廃止
  • 「グランドエクストラ」の廃止
  • セカンドシートを完全2分割ベンチタイプの「ビッグシートパッケージ」をスーパーエクストラにオプション化
  • バンの1年車検を嫌うユーザー向けに、2列シートで内外装をバン並とした乗用登録の「SW」(スペースワゴン)を追加
  • 2C-T型ターボディーゼル搭載車を追加
  • 従来の2C型2.0Lディーゼル車はMTのみに整理
1985年10月
車種追加
  • ハイラックス系の駆動系を流用したパートタイム式4WDを追加。
    • 副変速機付きのトランスファーとフロントマニュアルフリーハブも採用された。
    • バン4WD(CR37V)のディーゼルエンジンは2C型となる。
1986年8月
一部改良
  • 合わせガラスを標準装備。
  • 誕生10周年記念の スーパーエクストラ ホワイトリミテッドを追加。
1986年10月
ライトエーストラックのフルモデルチェンジに伴い、タウンエーストラックも新型に刷新。
1988年8月
2度目のマイナーチェンジ
  • フロント&リヤビューおよびインパネのデザインを変更。
  • 電子制御サスペンション「TEMS」をロイヤルラウンジに標準装備、スーパーエクストラにオプション設定とした。
1989年8月
一部改良
タウンエース2.0ディーゼルターボ、スカイライトルーフ4WD/4AT
タウンエース2.0ディーゼルターボ、スカイライトルーフ4WD/4AT
1990年8月
一部改良
  • バン・ガソリン車の4速MTが5速化される。
ワゴン4WD 2.2DT
スーパーエクストラ
スカイライトルーフ
( CR31G 1993 / 8~1996 / 9 )
1992年1月
ワゴン、バンをビッグマイナーチェンジ。トラックは従来型のまま販売を続行。
  • 外観、内装の大幅変更。
  • エスティマエミーナ/ルシーダ(カローラ店扱い)の登場により、マスターエースサーフ(トヨタ店扱い)が廃止。
  • 同時に、今度はライトエースのワゴンとバンがタウンエースとの姉妹車となり、共通化される。(トラックの時と逆の関係)
  • それまでライトエースバンのみであったフラットフロアのジャストローが、タウンエースにも設定される。
  • バンのコラムシフト車は廃止され、全てフロアシフトとなった。
  • ガソリンエンジンはこのマイナーチェンジで2Y-Uが廃止され、3Y-EUのみになる。
  • ワゴンの最上級グレードに、車速感応式のパワーステアリングや乗降アシスト機能付きパワーシートを装備したロイヤルラウンジリミテッドを追加設定。
  • TEMSがそれまでの二段階から三段階制御になり、一部の2WD車に1BOX初のABSがオプション設定される。
  • ディーゼルターボのMT車に、トーショナルダンパー付きクラッチディスクが採用される。
  • AT車にはシフトインジケーターが追加(タコメーター装着車のみ)。
  • 電動サンルーフのツインムーンルーフが、フロントが電動スライド&チルト型に進化。後にも先にも、フロント部分が電動スライド&チルト型なのは、トヨタのワンボックス系ではこの頃のタウンエースとライトエースのみ。
  • かつてのキャニオンパッケージの流れを汲むモデル、二段ベッド付きのシャルムを新設定。
1993年8月
一部変更
  • ディーゼルエンジンを2000ccの2C-T型から2200ccの3C-T型へ変更。これにより、最高出力も、85psから88psに向上。
  • スーパーエクストラのシート生地を変更、質感が若干向上した。
  • エアコンを代替フロン化。
1995年8月
一部改良
  • ワゴン系ガソリンエンジンの制御方式を変更。
  • バンは平成8年度排ガス規制に適合。

モデル末期には、誕生20周年記念のスーパーエクストラ リミテッドを追加。

3代目 R40 / 50系(1996年~2007年)[編集]

トヨタ・タウンエース(3代目)
トラックパネルバン
(1996/11-1999/6)
Toyota Townace Truuk 003.JPG
バンハイルーフ(最終型・2005-)
2005 Toyota TownAce 01.jpg
販売期間 1996年 - 2001年(乗用)
1996年 - 2007年(商用)
乗車定員 2-8人
ボディタイプ 4・5ドアセミキャブオーバーセミボンネット型ワンボックスライトバン/ミニバン
2ドアキャブオーバートラック
駆動方式 FR/4WD
-自動車のスペック表-
1996年10月発表。
ワゴンモデルは、従来の「タウンエース」姉妹車「ライトエース」の車名に「タウンエース・ノア」「ライトエース・ノア」とサブネームが付加されている

詳細はトヨタ・タウンエースノアを参照

衝突安全基準の見直しからクラッシャブルゾーンの確保が必須となり、エンジン搭載位置、前輪位置、キャビン前端は大幅な見直しとなった。3代目も販売のメインはやはり商用モデルであり、クラッシャブルゾーンの確保に伴うボンネットが付くことによる荷室長の減少(それと同時に車体長の増大)を懸念するユーザーの声を最大限に考慮し、市場調査と商品企画は慎重に進められた。また、従来のキャブオーバータイプのワンボックスユーザーの中にもボンネット付きを敬遠する顧客も根強くおり、顧客の新型へのスムーズな移行と、販売価格面を含めたルシーダ・エミーナとの住み分けにも留意している。
試作車は、エスティマエミーナのフロントにエンジンを置いて実験していた。当初は、ハイエースに設定されていた1RZ-Eを搭載する予定もあったが、商用車用のRZ系は、耐久性を重視した設計のため重量が重く、回転フィールも野暮ったいエンジンであり、それでは「(日産の)セレナに勝てない」という理由で、ワゴンのガソリン車は3S-FE型を採用、コスト面でもS系は有利である。ミニバンへの搭載にあたり、トルク重視にリチューンされ、最高出力は130psとなった。ちなみに日産・セレナも同様に130psであった。ディーゼルエンジン3C型の続投であり、KZ型L系を積むハイエースとの間には厳然とした差が存在した。バンのガソリン車は7K-E型を搭載。
駆動系のレイアウトは、短いボンネット内に直列4気筒エンジンを縦置きに配置し、トランスミッションプロペラシャフトを介して後輪を駆動するFR方式を採用しており、先代の駆動系を最大限に活用することに成功した。これはグランビアと同様で、トールワゴンがFF方式へ移行する過渡期のトヨタ標準であった。サスペンションは形式自体は同じであったが、実際は新規に開発されたものも多い。
デザインも試作車の段階ではセレナのコピー商品のようなものであったが、これも、検討を経て市販型に落ち着いている。
生産は、先代モデルのライトエース・タウンエースと同様にダイハツ工業が担当、車両開発もトヨタとダイハツで共同開発されており、ダイハツの自社ブランドの車種として「デルタワゴン・バン」の車名で販売されていた。


バン(豪州仕様)
トラックパネルバン
(1996/11-1999/6)
グレード構成
  • バン
    • DX
      • 3人乗り
      • 3/6人乗り
    • GL
      • 3/6人乗り

それぞれのグレードに標準ルーフ、ハイルーフ・低床、ジャストローの設定があった。

  • トラック
    • DX
    • DX-x
1998年1月
一部改良
  • 装備の充実。ナビのメーカーオプション化。 エアコンパネルオーディオ位置見直し。フィールドツアラーのデカールデザイン変更、外版色の追加。電動格納ドアミラー、オートエアコンのパッケージオプション(C-package スーパーエクストラ、フィールドツアラー、ロードツアラーのみ)の新設定。
1998年12月
マイナーチェンジ
  • ロイヤルラウンジのスタンダードルーフ廃止8人乗り追加。
  • ボディカラー整理。
1999年6月
バンマイナーチェンジ
トラックフルモデルチェンジ(名目上はフルモデルチェンジだが、販売台数が少ないことからコンポーネンツやパーツの大半が先代からの流用であり、実質上はマイナーチェンジに過ぎなかった)。
  • ガソリン車は平成10年アイドリング規制に適合。
  • ディーゼル車は平成9・10年長期規制に適合、並びにエンジンを3Cに変更。
  • バンはノアと同程度の変更だったが、トラックは内外装、コラムシフトの操作方式を変更。
2001年11月
乗用モデル製造中止。乗用モデルはFFの「ノア」として独立、バン・トラックのみを引き続き生産。
またダイハツへの供給がバン・ワゴン共に終了。
2004年8月
PM・NOx法の影響からディーゼル車の生産を終了。
2005年
法改正対応による小変更
2007年7月
バン・トラックの製造打ち切り。

ノアとヴォクシーは2007年6月に2代目にモデルチェンジし、タウンエースとライトエースのバン・トラックも同年7月にはオーダーストップとなっており、半年後の新型発表までは空白となった。そのため、同クラスのワンボックス商用車は、ボンゴ3兄弟(ボンゴバネットデリカ)のみとなった。

トラックにはキャンピングカーのベース車としての需要もあり、この生産中止によって、ベース車の変更や、生産そのものが中止に追い込まれるなど、キャンピングカービルダーにも少なからず影響が及んだ。これを機に、バンやノアのBピラーより後ろのボディをカットしたものをベースとし、それに合わせたキャンピングシェルを新たに開発するビルダーも現れた。

4代目 S402M/402U系(2008年~)[編集]

ダイハツ・グランマックス > トヨタ・タウンエース
トヨタ・タウンエース(4代目)
S402M/402U/412M/412U型
バン(初期型・前側)
TownaceS402.jpg
トラック DX Xエディション
Toyota Townace Truck DX-X Edition 4WD.JPG
バン(初期型・車内)
TownaceS402interior.jpg
製造国 インドネシアの旗 インドネシア
販売期間 2008年 -
乗車定員 3-6人
ボディタイプ 5ドアキャブオーバーライトバン
2ドアキャブオーバートラック
駆動方式 FR4WD
-自動車のスペック表-
2008年1月9日
フルモデルチェンジ(ただし発売は同年2月25日)。
およそ半年の空白を経て登場。インドネシアのダイハツ生産拠点、Astra Daihatsu Motor(アストラ・ダイハツ・モーター)にて生産される「グランマックス」を、日本向けに変更した輸入車となる。本国仕様ではバックドアは横開き式であるが、日本向けは従来モデル同様の跳ね上げ式となっており、元のアウタードアハンドルのへこみは車名入りの板で塞がれている。バン/トラック共に全長が短くなり、排気量も縮小した。
誕生の経緯から、先代までのトラックとバンは構造的には別系列であり、それぞれが独立して進化して来たが、今回のフルモデルチェンジから両車が統一された。エンジンは再び運転席・助手席の下に置かれることとなったが、ごく短いボンネットが付くセミキャブオーバースタイルとなった。乗用モデル(ワゴン)の設定はない。
エンジンは、3SZ-VE型1.5L DOHC VVT-iが搭載される。また、インパネシフトであり、5MTと4ATが設定され、駆動方式は後輪駆動のみである。
バンは先代同様に標準ルーフとハイルーフの二種類であるが、どちらも5ドア低床の2/5人乗りのみで、最大積載量は500/750kg積み。先代に設定のあった、3人乗り、3/6人乗り、4ドア(右側スライドドアなし)、4WDディーゼルエンジン、ジャストローモデルなどは廃止され、車種は大幅に整理された。
トラックは2人乗りで、最大積載量が800kg積み。こちらも先代には設定のあった3人乗り、4WD、ディーゼル、1t積みモデルなどは廃止された。また、バンより若干全長が長く、4275mm(バンは4045mm)である。
日本国外で販売されるハイゼット(S82系)ハイゼットグランカーゴ(S221系)の後継モデルでもあり、型式もダイハツ流となっている。
小型化、小排気量化、最大積載量の減少などが新たな制約となり、従来タウンエーストラックをベース車に連ねていた複数のキャンピングカービルダーは、同クラスを相次いでボンゴ3兄弟のトラックへと変更した。その一方、軽トラック以上ボンゴ未満となった車格や、排気量1500cc未満という経済性などに目をつけ、当型式でキャンピングカーを開発するビルダーもある。
グレード構成
  • バン
    • DX
    • GL
  • トラック
    • DX
    • DX-Xエディション
2009年11月24日
一部改良を発表(2009年11月30日現地L/O、2010年1月6日国内配車開始)。
主な改良点は、
  • バン
    • バン全車に、リア席シートベルト、先代モデルには標準装備品であったリアアンダーミラー、バックドア下端インナーハンドルなどを追加。
    • 「DX」にはパワードアロックを追加。
    • 「GL」のパワーウィンドウには、先代モデルには標準装備だった運転席ワンタッチ式(挟み込み防止機能)を追加。
    • 従来は設定のなかった、暖房効果を高める荷室との仕切り(ルームセパレーター)カーテンをディーラーオプションで追加。
  • トラック
    • 全車にフューエルリッドオープナーを標準装備とし、燃料蓋にあった鍵穴は廃止となる。
    • 「DX Xエディション」にもバン「GL」と同じくパワーウィンドウに運転席ワンタッチ式(挟み込み防止機能付き)を追加し、ドアロックリモコンが別体式からキー一体式へ変更になった。
2010年7月1日
一部改良を発表(発売は7月27日より)
フルモデルチェンジに伴う廃止以来、約2年6か月ぶりに4WD車を設定。タイトターンブレーキングが起こらず、高速安定性にも優れるフルタイム4WDを採用してスムーズな取り回しを可能にすると共に、センターデフにロック機構を備え、スタックなどにも対応している。また、4WD車は寒冷地仕様を標準設定する。なお、バン全車に、表皮・パッド・基材を一体成型した成型天井を採用し、室内の質感を向上した。
2012年4月23日
一部改良を発表(発売は6月4日より)
エンジンECUの改良により、排出ガスのクリーン化や燃費性能の向上を図ったことで、バンは「平成27年度燃費基準」、トラックは「平成27年度燃費基準+10%」をそれぞれ達成。他に、給油口オープナーレバーの色を変更して視認性・使用性を高めたほか、トラックは2013年1月から施行される灯火器および反射器などに関する法規に対応するため後方反射板を追加装備(ただし特装車の一部を除く)し、夜間の積み降し作業時や乗降時の安全性を向上。さらにトラックは天井内張りにバンですでに採用済みの成型天井を採用したことで室内の質感も向上した。
2014年4月22日
一部改良を発表(発売は6月2日より)[1]
エンジンの触媒の改良によって排出ガスのクリーン化を図り、バン・トラック共に「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得。併せて、バンの2WD・AT車は燃費の向上により、「平成27年度燃費基準+10%」も併せて達成した。
バンは「GL」にプライバシーガラス(リアサイド・リアクォーター・バックドア)を追加したほか、シート表皮はトラック「DX"Xエディション"」と同じセミファブリックに変更し、フロントシートのヘッドレストを分離式にするなど快適性を向上した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TOYOTA、タウンエース、ライトエースを一部改良 - トヨタ自動車 ニュースリリース 2014年4月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]