シリンダーヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォード・302エンジンの4.9L V8シリンダーヘッド。ハート型燃焼室を持つOHVヘッドである

シリンダーヘッドとは一般的な往復動内燃機関において、シリンダーブロックと共にエンジンを構成する最も基礎的な部品である。

シリンダーヘッドは往復動内燃機関の性能を左右する重要な部品であり、燃焼室の形状、インテークマニホールドエキゾーストマニホールド吸排気ポートの形状などの設計により、エンジンの燃焼効率や体積効率圧縮比が決定される要因ともなる。


歴史[編集]

サイドバルブ[編集]

サイドバルブの時代にはバルブトレーンの部品は全てシリンダーブロックの内部に納められており、シリンダーヘッドは文字通りシリンダーブロックV型エンジンの場合はシリンダーバンク)にヘッドガスケットを挟む形でボルトで結合されている金属製の皿でしかなかった。この形式はフラットヘッドと呼ばれ、構造の簡便さが初期の自動車草刈機を始めとする小型エンジン機器の大量生産に重要な役割を果たしたのである。フラットヘッドとポペットバルブを組み合わされたエンジンは、瞬く間にスリーブバルブのエンジンを駆逐して自動車オートバイエンジンの主流になった。この時であってもシリンダーヘッドには、燃焼室点火プラグが内蔵されていた。

しかし、サイドバルブ及びフラットヘッドは構造が単純で整備性に優れている反面、吸排気が複雑な経路で流れざるをえないターンフローレイアウトしか採用出来ず、最高回転数に大きな限界が生じたため、後に頭上弁式と呼ばれるOHVOHCが登場することになった。

頭上弁式ヘッド[編集]

頭上弁式ヘッドのうち、OHCにはシリンダーヘッドの上半分にポペットバルブカムシャフトが納められ、クランクシャフトからの回転をカムシャフトに伝える為のタイミングチェーンタイミングベルトの一部が引き込まれている。OHC以前に主流であったOHV形式ではカムシャフトはシリンダーブロック内に納められ、ポペットバルブとロッカーアームはプッシュロッドを介して駆動された。この時代のシリンダーヘッドにはインテークマニホールドエキゾーストマニホールドが同一側面に接続され、混合気や排気ガスが出入りするポートと呼ばれる出入口が並んで配置されたターンフローレイアウトとウェッジ燃焼室が多く見られた。OHC形式では吸排気形式も混合気がシリンダーヘッドの片方の面から吸入され排気ガスが反対の面へ流れるクロスフローレイアウトが主流となり、燃焼室の形状も半球型やペントルーフ型となり、燃焼効率や最高出力、最高回転数は大きく上昇して現在に至っている。

材質ははじめは鋳鉄が用いられたが、比較的早期の段階で放熱性の高いアルミ合金に切り換えられた。しかし、アルミ合金は放熱性が高い反面、熱膨張が大きいという短所もあり、初期のアルミ製シリンダーヘッドにおいてはヘッドガスケットがヘッド合わせ面の熱膨張に追従できず吹き抜けるトラブルが頻発したため、シリンダーヘッドの素材改良と同時にヘッドガスケットの材質改良も同時に進められていくこととなった。

OHCによる頭上弁式ヘッドには、カムホルダーと呼ばれる部品によりカムシャフトが保持されている。ホンダ・スーパーカブを始めとする小排気量のオートバイではボールベアリングを介してカムシャフトを保持することが多いが、250cc超の排気量のオートバイ用エンジンや、今日のほぼ全ての自動車用エンジンはベアリングの耐久性の観点から、カムホルダー自体が一種のすべり軸受として製造される。このような構造を持つシリンダーヘッドは、カムホルダー自体がシリンダーヘッドと一体加工され高度な真円度が保たれているために、カムホルダーの取り付け位置や取り付け方向が陽刻などによって厳密に指定されていることがほとんどであり、順序や向きを入れ替えて取り付けることや他のシリンダーヘッドに取り付けられているカムホルダーを使用することは焼き付きの原因となるために禁忌とされている。もしも分解整備の際にカムホルダーを紛失したり破損したりした場合、そのシリンダーヘッドそのものが使用不可能となる危険性が高いため、取り扱いには細心の注意が必要である。

必要数[編集]

シリンダーヘッドはエンジンレイアウトによりその数が変わる。直列エンジン単気筒エンジンにはシリンダーヘッドが1つしかないが、V型エンジン水平対向エンジンでは2つのシリンダーヘッドを持つことが多い。かつてF1エンジンなどごく一部の用途でのみ用いられたW型エンジンでは3つ、第二次世界大戦中の航空機用エンジンに用いられたX型エンジンでは4つのシリンダーヘッドが用いられた。V型エンジンでも狭角V型エンジンと呼ばれるタイプのものは、シリンダーバンクの角度が非常に狭いためにシリンダーヘッドが1個で済ませられている物もある。

また産業機械機関車船舶などに用いられる大排気量のディーゼルエンジンや、レシプロ航空機で用いられた星形エンジンではシリンダーの数だけシリンダーヘッドが存在する場合がある。このような形式のものは、部品点数が増えるという欠点はあるが、一つのシリンダーヘッドが故障した場合でもそのヘッドのみを交換すれば修理が完了するため、結果的に維持コストを安く抑えられるという利点がある。また、エンジンメーカーはシリンダーヘッドの設計を変更することなく、気筒数を増やしたり減らしたりなどの改良が容易ともなる。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]