スズキ・GS400E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

GS400 および GS400E は、スズキが製造・販売していた中型自動二輪車オートバイ)の車種である。

車種名の「GS400E」については、1978年に発売されたモデルと、1989年に発売されたモデルとの、異なる二つの車種が存在する。

概要[編集]

スズキ・GS400(GS400Eではない)

GS400は、スズキ初の400cc4ストロークDOHC直列2気筒エンジンを搭載し、1976年に発売された。

GS400Eは、GS400がマイナーチェンジを受ける形で1978年に発売された。性能諸元はGS400とほぼ同等であるが、当時では珍しいキャストホイールを履くなどスポーツイメージを強めたため人気を博した。ギアポジションインジケータも装備している。

1980年に後継の代替機種となるGSX400Eが発売されるとともに生産終了となった。

仕様沿革
  • GS40000(1976年) - フレーム打刻ナンバー:GS400-10001〜
  • GS400-2(1978年) - フレーム打刻ナンバー:GS400-42205〜
  • GS400E0(1978年) - フレーム打刻ナンバー:GS400-52482〜
  • GS400E2(1979年) - フレーム打刻ナンバー:GS400-63122〜
  • GS400E3(1980年) - フレーム打刻ナンバー:GS400-71830〜

GS400E(GK54A)[編集]

参考画像「スズキ・GS500E」

GS400E(GK54A)は、1989年に国内販売された。

日本国外輸出専用車種の「GS500(E)」をベースとした排気量縮小版であり、角型スチール製ダブルクレードルフレームの車体に[1]、ボアストロークを変更して399ccとした空冷2バルブ2気筒エンジンを搭載する。

ベーシックかつスタンダードなモデルとしての特性は決して見劣りするものではないものの、同1989年に登場したバンディット400と同一のカテゴリでありながら、保守的なヨーロピアンスタイルと控えめな出力性能が、ユーザーの評価を得られなかった。結果的に超不人気車として烙印を押されてしまい、国内での販売は1993年モデルを最後に終了した。

その一方で国外専用のGS500E(輸出仕向け地によってはGS500)については、1987年の発売以来ロングセラーとして、2007年の最終モデルまで20年にわたりラインナップされた。またフルカウル装備タイプの派生モデル「GS500F」が2004年に発売され、GS500(E) とともにラインナップされた。

GK54A仕様沿革
  • GS400EM(1991年9月発売):車体色「プラシャンブルーメタリック」(24V)
  • GS400ER(1993年):車体色「ライトパープルメタリック」(ITU)

脚注[編集]

  1. ^ GS400E(GK54A型)のフレームについては外部リンク「Webike - 車種別カタログ - スズキ GS400 総合情報」および「BBB The History 時代を彩ったバイクたち - スズキ GS400E(GK54A)」を参照。

参考文献[編集]

  • SUZUKIサービスガイド「GS400E (GK54A)」1991年8月、初版
  • SUZUKIパーツカタログ「GS400E (GK54A)」1991年9月、初版
  • SUZUKIパーツカタログ「GS400E (GK54A)」1993年11月、2版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]