スズキ・アクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズキ・アクロス
(SUZUKI ACROSS)
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー スズキ
車体型式 GJ75A
エンジン 248cc 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 45 ps/14500 rpm
最大トルク 25.6 Nm (2.6 kg-m)/10500 rpm
テンプレートを表示

スズキ・アクロス (ACROSS) は、スズキが過去に販売していた250ccオートバイである。

解説[編集]

アクロスは1989年に発売された。GSX-R250の派生車種にあたり、車体デザインはフルカウルのツアラータイプとなっている。このオートバイ最大の特徴はメットインスペースを設けたことで、一般車両のガソリンタンクにあたる部分をメットインにし、ユーザーの利便性向上を図っていた。なおガソリンタンクはシート下に移動させている。

アクロスはユーザーから一定の評価を得た車両として1998年頃まで生産されていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ホンダ・NS-1 - 同じくメットインスペースつきのスポーツ車両。

外部リンク[編集]