スズキ・アクロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スズキ・アクロス
(SUZUKI ACROSS)
Suzuki Across.jpg
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー スズキ
車体型式 GJ75A
エンジン 248cm3 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
最高出力 45PS / 14,500rpm
最大トルク 25.6Nm (2.6kg-m) / 10,500rpm
テンプレートを表示

アクロス (ACROSS) は、スズキが製造販売していた排気量250ccクラスのオートバイである。

車名としては、「アクロス」が販売名であり、機種名が「GSX250F」となる。

概要[編集]

アクロスは1990年に発売された。前年の1989年に開催された第28回東京モーターショーに出展されたコンセプトモデル「X913」を市販化したモデルとなる。アッパーカウル側面にあるステッカー「X913」はこれに由来するものである(車名「ACROSS」のステッカーはシートカウル側面)。

最大の特徴はメットイン機能を設けたことで、通常の車両ではガソリンタンクに相当する部分をヘルメット収納スペースとし、キーを抜かずに(エンジンをかけたまま)開閉できるなどユーザーの利便性向上が図られている。本来のガソリンタンクはシート下に配置され、フューエルリッドはテールカウルに設置された。

GSX-R250の派生車種にあたり、GJ72A型のエンジンを搭載するフルカウル仕様のツアラーモデルとなっている。 ユーザーから一定の評価を得た車両として、フルモデルチェンジこそされなかったものの、1998年まで生産された。

GSX250Fとしては、同様にGSX-R系エンジンを搭載するツアラーモデルの「GSX-Fシリーズ」があり、アクロスもラインナップの一角を担った。なお、同シリーズの他モデルではメットイン機能は採用されていない。

仕様沿革
  • 1990年:GSX250F
  • 1991年:GSX250FM
  • 1993年:GSX250FP
  • 1997年:GSX250FU
  • 1998年:GSX250FW

外部リンク[編集]