スズキ・RGV-Γ500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケビン・シュワンツが乗るRGV-Γ(1993年日本GP)

スズキ・RGV-Γ500(アールジーブイ・ガンマごひゃく)は、スズキロードレース世界選手権WGP)・GP500クラス参戦用に開発した競技専用のオートバイ

軽量な車体と軽快な運動性を武器としたGPマシンである。

歴史[編集]

1982年をもって、ワークスとしての活動を休止していたスズキは1988年より本格復帰を計画。早速テスト車が製作され1987年からの参戦を開始する。過去のスズキ車はスクエア型4気筒にロータリーディスクバルブのツインクランクエンジンを使用していたが、全くの新設計車両として2軸クランク・横置きV型4気筒とした。ライダーはケニー・アイアンズ。シーズン途中よりケビン・シュワンツがスポット参戦し開発のテンポは上がったもののパワー不足や開発初期にありがちなマイナートラブルを頻発し、シーズン途中で参戦を切り上げる。目的は翌1988年に向けての開発を急ぐためであった。

1988年はケビン・シュワンツとロブ・マッケルナイの2名を擁しフル参戦。開幕戦日本GPにおけるシュワンツの劇的な勝利でスズキ復活を強く印象付けて見せた。1989年以降は課題であった最高速でもNSR500YZR500にも引けを取らなくなり、以降はシュワンツの活躍もあって多くの勝利を積み上げてゆき、1993年にはシュワンツが悲願のチャンピオンを獲得した。その後はアレックス・バロスダリル・ビーティーの活躍を経て、2000年ケニー・ロバーツ・ジュニアがチャンピオンとなった。

MotoGPへの移行もあり、2002年を持って開発を終了し、GSV-Rに後継を託した。

主なエピソード[編集]

  • 当初トップスピードでは日本製メーカーの中では一番遅かったが克服。ヤマハとホンダのちょうど間程度だったようである。
  • 最低重量規定が変更された1992年までは、最大排気量クラスでは最軽量を誇り、最低重量規定である118kgを下回るためバラストを必要とした。
  • エースライダーであるシュワンツのライディングスタイルのためか、ブレーキング競争に強いとされる。
  • 反面、スタートが悪い車両とされる。引退後のシュワンツのコメントによると「クラッチの感触がコロコロ変わる」とのこと。
  • 国産メーカーでは唯一、ワークスチームへの2名分・4台しか供給されない。
  • チャンピオンになった2名のライダーはいずれもアメリカ人。
  • メインスポンサー以外のスポンサー(エクイップメント提供含む)変更がほぼ、ない。タイヤのみがミシュランの開発停止時期に重なる1991年ダンロップになった程度である。

主なライダー[編集]

RGV-Γ500で活躍したライダーは下記のとおり。

関連項目[編集]