ダグ・ポーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1990年鈴鹿8耐にて

ダグ・ポーレンことダグラス・ユージーン・ポーレン ( Douglas Eugene "Doug" Polen, 1960年9月2日 - ) は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身の元オートバイレーサーAMAスーパーバイク全日本ロードレース選手権スーパーバイク世界選手権世界耐久選手権でチャンピオンを獲得した。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

ポーレンは1977年からプライベーターとしてローカルレースに参戦していたが、仕事に集中するために1982年を最後に一時レースをやめていた。しかし1986年にGSX-Rナショナル・カップ・シリーズでレースに復帰した。1987年にはAMAスーパーバイクにフル参戦を果たし、ババ・ショバートケビン・シュワンツウェイン・レイニーらのライバルを相手に、シリーズランキング4位の成績を収めた[1]

ヨシムラ時代[編集]

1988年にはスズキワークスヨシムラ・チームのシートを獲得。シュワンツと組んで鈴鹿8時間耐久ロードレースにも出場、2位表彰台を獲得した。 翌1989年にはヨシムラ・ジャパン・チームでスズキ・GSX-Rを駆って全日本ロードレース選手権TT-F1、TT-F3クラスに参戦し、史上初の両クラス同時チャンピオン獲得を果たした。

1990年、ポーレンはこれまでで最も大きな挫折を味わうことになった。シーズン開幕前のテストで転倒し、足の指を4本も失う大怪我を負ったのである[1]。怪我から復帰後はこの年も全日本で戦ったが、欠場が響いてシリーズ連覇は果たせなかった。

スーパーバイク世界選手権[編集]

1990年の終わりには Eraldo Ferracci 率いる "Fast By Ferracci" チームに移籍し、翌1991年からは同チームでドゥカティ・851を駆ってスーパーバイク世界選手権に参戦。ポーレンはフル参戦初年度にしてチャンピオンに輝いた。翌1992年も世界選手権を連覇[2][3]、さらにはAMAスーパーバイクでもシリーズ3位を獲得した。1993年にはAMAに集中するために世界選手権への参戦を取りやめ、見事AMAスーパーバイクチャンピオンを獲得した。

1994年にはホンダUKチームからスーパーバイク世界選手権に復帰し、シリーズ4位の成績を残した。またこの年はアーロン・スライトと組んで鈴鹿8時間耐久ロードレースに出場、見事優勝を果たした。しかしポーレンは1995年シーズンの序盤にホンダUKチームを突然去ることになった。

世界耐久選手権[編集]

1996年からはスズキのワークスチームから世界耐久選手権に参戦を開始する。1997年にはル・マン24時間耐久ロードレースを制する等活躍し、パートナーのピーター・ゴダードと共にシリーズチャンピオンに輝いた。1998年にはホンダチームに移籍し、シリーズ2連覇を果たした。

記録[編集]

ポーレンがAMAで獲得した通算18回のポールポジションは、2006年にマット・ムラディンに並ばれるまでは単独最多記録だった。スーパーバイク世界選手権で1991年に記録した1シーズン13回のファステストラップは、今でも史上最多記録である[4]

主なレース戦績[編集]

スーパーバイク世界選手権[3][編集]

シーズン バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
1988 スズキ 1 0 0 0 0 0 -
1989 スズキ 2 1 1 1 0 33 21位
1990 スズキ 1 0 0 0 0 0 -
1991 ドゥカティ 24 17 21 10 13 432 1位
1992 ドゥカティ 26 9 15 6 4 371 1位
1994 ホンダ 22 0 3 0 0 158 4位
1995 ホンダ 4 0 0 0 0 0 -
合計 80 27 40 17 17 994

鈴鹿8時間耐久ロードレース[5][編集]

開催年 バイク チーム パートナー 総合順位
1987年 ホンダ・VFR750 T.DAITO POLE POSITION Iain Pero 23位
1988年 スズキ・GSX-R750 ヨシムラスズキシエットGP-1 ケビン・シュワンツ 2位
1989年 スズキ・GSX-R750 ヨシムラスズキシエットGP-1 ケビン・シュワンツ 8位
1990年 スズキ・GSX-R750R ヨシムラスズキシエットGP-1 ミゲール・デュハメル 6位
1994年 ホンダ・RVF/RC45 チーム・HRC アーロン・スライト 1位
1997年 スズキ・GSX-R750 チーム・ラッキーストライク・スズキ ピーター・ゴダード 5位

脚注[編集]

外部リンク[編集]