全日本ロードレース選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

全日本ロードレース選手権(ぜんにほんロードレースせんしゅけん、ALL JAPAN ROAD RACE CHAMPIONSHIP)は、全国のサーキットを舞台に争われる国内最高峰のモーターサイクルロードレース選手権大会。通称はMFJ SUPERBIKE(エムエフジェイスーパーバイク)。

沿革[編集]

  • 1961年 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)設立
  • 1962年 全日本ロードレースを初開催
  • 1967年 シリーズ戦がスタート
  • 1990年 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)が旧・文部省所管の財団法人として認可される。
  • 1993年 GP500クラスが終了(正確には1994年はエントリー数不足による不成立)
  • 1999年 シリーズに「R2-1」という通称が付けられる。スーパーNKクラス開始
  • 2001年 ST600クラス開始
  • 2002年 スーパーバイククラスにJSB1000の参戦が可能に
  • 2003年 スーパーバイク・スーパーNKクラス終了(翌年よりJSB1000に一本化)
  • 2005年 シリーズの通称が「MFJ SUPERBIKE」に変更される。
  • 2006年 GP-MONOクラス開始
  • 2009年 GP250クラスが終了
  • 2010年 J-GP2クラス開始、旧GP125クラスがJ-GP3クラスに改称

クラス[編集]

現在のクラス[編集]

  • JSB1000(ジャパンスーパーバイク1000)
    4ストローク・600 - 1200ccの公道用一般市販バイクによって競われる、日本独自のスーパーバイクのクラス(レギュレーションのベースはスーパーバイク世界選手権のレギュレーションではなくFIM世界耐久選手権のレギュレーションをベースにしている。これはこのクラスに参戦している殆どのチームが、世界耐久選手権の1ラウンドとして行われている鈴鹿8時間耐久ロードレースにもエントリーする関係からである)。2010年のレギュレーションでは、4気筒車両は600 - 1000cc/最低車両重量165kg、3気筒車両は750 - 1000cc/165kg、2気筒車両は850 - 1200cc/170kgに制限されている。クラス3位以内入賞マシンには部品の買い取り制度があり、当該レース参加者から買い取り希望があれば決められた額で販売しなくてはならない。クラス創設は2002年からで、2003年から全日本ロードレース選手権最高峰カテゴリーと位置づけられている。メーカーチーム(ワークス・チーム)の参戦は2007年から認められるようになった。かつてGP500クラスやTT-F1クラス、スーパーバイククラスが開発費の高騰で衰退した反省から、改造範囲を抑え開発費を抑制している。
  • J-GP2
    2010年より新設されたクラス。主催者側では「ST600上位者のステップアップクラス」と位置づけているが[1]、事実上はロードレース世界選手権(MotoGP)GP250クラスが2010年より4ストロークエンジンの「Moto2」クラスに移行することに伴い作られたクラスである。
    Moto2がホンダ製エンジンのワンメイクなのに対し、本クラスはMFJが公認したST600用エンジン(4ストローク401cc - 600ccのエンジン)であれば他メーカーのエンジンも使用可能。またフレームについても、専用のプロトタイプマシン(最低車両重量153kg)以外に「コンストラクターのビジネスチャンス創出のため」としてST600からの改造車両(最低車両重量148kg)も「デチューン版Moto2マシン」として参戦が認められる(2011年度より最低車両重量はプロトタイプ・ST600ベース共に148kgに統一されている)。初年度の2010年はmoto2用シャーシを使用したチームは存在しなかったが(moto2とJ-GP2では重量制限のレギュレーションが異なり、moto2用マシンだとバラスト等を搭載して重量アップしなければ参戦できない為)、2011年はいくつかのチームがmoto2用フレームを使用しての参戦を予定している(2011年第5戦時点では関口太郎小山知良TSRのTSR6を(小山は第4戦まではICP製シャーシを使用)、山口辰也モリワキのMD600(第5戦より使用)を使用して参戦している)。なお2012年からTSR、モリワキ共にJ-GP2レギュレーションに合わせた『全日本選手権J-GP2仕様』(これまでは使用するチーム側がレギュレーションにあわせて対応していた)シャーシの供給を行っている。
  • J-GP3
    かつてのGP125の後継クラス。2010年にGP125からJ-GP3に名称が変更され、4ストローク175cc超250cc以下単気筒エンジンのマシンとGP125の2ストロークマシンとの混走で競われたが、2011年にホンダがNSF250Rを投入するなどした結果、4ストロークマシンへの移行が進み、2012年より規則が改正され4ストロークマシンのみとなった(現在でも地方選手権では2ストロークマシンの参戦が認められている)。最低重量はライダーの体重・装備込みで145kg(GP-MONOベースのマシンの場合は135kg)。若手ライダーが多いクラスだが、ロードレース世界選手権同クラスで年齢制限が設けられた影響でベテランライダーの参戦も多く、若手VSベテラン対決が見物。
  • ST600
    4ストローク公道用一般市販バイクによって競われるクラス。2010年のレギュレーションでは、4気筒車両は401 - 600cc/最低車両重量158kg、3気筒は500 - 675cc/162kg、2気筒は600 - 750cc/166kgに制限されている(バラスト使用不可)。改造範囲も大きく制限されており、全日本選手権の中では最も市販車に近い。大会6位以内入賞マシンには車両及び部品の買い取り制度があり、当該レース参加者から買い取り希望があれば決められた額で販売しなくてはならない。予選・ウォームアップ・決勝を通して使用できるタイヤは3セット。

過去に存在したクラス[編集]

  • GP500
    500ccのレース専用バイクによって競われるクラス。1981年から1993年まで開催された。2ストロークエンジンが主流だったが4ストロークエンジンのマシンも存在した。かつてのWGP・500ccクラスと直結する関係であり、WGPに参戦するメーカーの実戦開発の場としてワークスマシンが揃って参戦し、WGP以外では唯一500ccのワークスマシンが見られるレースとして人気を博した。
    しかしワークスマシンの存在はプライベーターの上位入賞を難しくすることにもつながり、参戦費用の高騰もあって晩年はエントリー台数が一桁となり興行的には今一つの盛り上がりであった。規定上は250cc超500cc以下ならOKだったので、モリワキはRS250をボアアップして250cc超の排気量としたマシンをエントリーさせた事がある。
  • フォーミュラ750
    750ccのレース専用バイクによって競われるクラス。1973年から1980年まで開催された。当時のトップカテゴリー。1977年から1979年までの3年間は世界選手権も開催されたクラスだが生産台数25台以上の制限がありメーカーの開発が進まなかったことが衰退の原因でもあった。
  • オーバー250cc
    250cc超の排気量のバイクによって競われるクラス。1968年から1972年まで開催された。当時のトップカテゴリー。
  • 350cc
    350ccのレース専用バイクによって競われるクラス。1976年から1981年まで開催された。1983年までWGPでもこのクラスは開催されていた。
  • TT-F1
    4ストローク750cc以下又は2ストローク500cc以下の公道用市販車をベースにした改造バイクによって競われるクラス。1984年から1993年まで開催された。改造範囲は市販車のクランクケースを使用していれば、フレーム交換やサスペンションの構造変更も可能であり開発費の高奮を招いた。1988年からはスーパーバイク仕様でのエントリーも可能であった。
  • スーパーバイク(SB)
    4ストロークの公道用市販車をベースにした改造バイクによって競われるクラス。4気筒の場合は600cc超750cc以下、3気筒では600cc超900cc以下、2気筒では750cc超1000cc以下というように、気筒数によって排気量制限が異なる点がJSB1000と異なる。気筒数により最低重量も異なった。1994年から2002年まで最高峰カテゴリーとして開催された。
  • TT-F3
    4ストローク400cc以下又は2ストローク250cc以下の公道用市販車をベースにしたバイクによって競われるクラス。1984年から1991年まで開催された。
  • スーパーNK(S-NK、スーパーネイキッド)
    スーパーバイククラスとの混走の形で行われた。改造範囲はSBよりも広いが、入賞マシンには車両の買い取り制度がある。
    • Xフォーミュラ
    プライベーターの手によるオーバー1000ccの4ストロークマシン(Xフォーミュラマシン)によって競われるクラス。
    • NK-1
  • プロトタイプ
    2002年のみ開催された賞典外クラス。排気量1000cc以下の車両で安全上の問題が無ければ参戦できた。ロードレース世界選手権最大排気量クラスがGP500からMotoGPへと変わるに伴い、メーカーがMotoGPマシンの開発に力を入れざるを得ない状況があったため創設された。スズキがGSV-Rで、カワサキがスーパーバイク車両を大幅改良したマシンで参戦。買い取り制度が無い為、ヨシムラとケンツがGSX-R1000改造マシンでフル参戦した。SB/S-NK/JSB1000との混走であった。
  • GP250
    2009年まで開催された、250ccレース専用バイクによって競われるクラス。2ストローク・175cc超250cc以下の最大2気筒のエンジンで、車体最低重量は100kg。MotoGPに直結したクラスとして若手の登竜門的存在となっていた。2009年は賞典外ながら、現J-GP2クラスに相当するマシンの混走を認めていた。
  • GP125
    2009年まで開催された2ストローク・85cc超125cc以下単気筒エンジンのマシンによって競われるクラス。2008年より4ストローク175cc超250cc以下単気筒エンジンのマシンの参戦が認められ、2010年の車体最低重量は2ストローク車両が77kg、4ストローク車両が75kgだった。
  • GP-MONO
    4ストローク単気筒250cc自然吸気エンジン(RAM圧禁止)を搭載するレース専用バイクによって競われるクラス。2010年のレギュレーションでは車両最低重量は85Kg(バラスト使用可)。2006年から全日本格式で開催されてきたが、2011年で全日本格式の開催を終了した[1]。クラス名称の「MONO」は単気筒に由来する。このクラスのみライセンスは国際と国内。

歴代チャンピオン[編集]

ライダー[編集]

250cc超 GP250 GP125 90cc 50cc
1967年 松永喬 矢野啓司 増田恒弘 滋野靖穂 伊藤光夫
1968年 松永喬 和田正宏 馬場忠雄 神谷良明  
1969年 隅谷守男 金谷秀夫 隅谷守男 小田豊  
1970年 河崎裕之 大脇俊夫 小田豊 近藤英二  
1971年 金谷秀夫 大脇俊夫 杉本泉 金谷秀夫  
1972年 小田豊   小田豊    
F750 GP250 GP125 GP350  
1973年 根本健   角谷新二    
1974年 高井幾次郎   青木辰己    
1975年 浅見貞男   江崎正    
1976年 高井幾次郎 毛利良一 飯田浩之 佐藤順造  
1977年 毛利良一   飯田浩之 鈴木修  
1978年 上野真一 上田公次 上田公次 石川岩男  
1979年 水谷勝   斉藤三夫 木下恵司  
1980年 鈴木修   一ノ瀬憲明 平忠彦  
GP500 GP250 GP125 GP350  
1981年 木下恵司(ヤマハ)   一ノ瀬憲明(ホンダ) 藤本泰東  
1982年 水谷勝(スズキ) 福田照男(ヤマハ) 一ノ瀬憲明(ホンダ)    
1983年 平忠彦(ヤマハ) 斉藤光雄(ヤマハ) 栗谷二郎(ホンダ)    
GP500 GP250 GP125 TT-F1 TT-F3
1984年 平忠彦(ヤマハ) 小林大(ホンダ) 栗谷二郎(ホンダ) 八代俊二(モリワキ) 江崎正(ヤマハ)
1985年 平忠彦(ヤマハ) 小林大(ホンダ) 畝本久(ホンダ) 辻本聡(ヨシムラ) 山本陽一(ホンダ)
1986年 木下恵司(ホンダ) 片山信二(ヤマハ) 吉田健一(ホンダ) 辻本聡(ヨシムラ) 山本陽一(ホンダ)
1987年 藤原儀彦(ヤマハ) 清水雅広(ホンダ) 畝本久(ホンダ) 大島行弥(ヨシムラ) 田口益充(ホンダ)
1988年 藤原儀彦(ヤマハ) 本間利彦(ヤマハ) 廣瀬政幸(ホンダ) 宮崎祥司(ホンダ) 塩森俊修(ヤマハ)
1989年 藤原儀彦(ヤマハ) 岡田忠之(ホンダ) 山崎冬樹(ホンダ) ダグ・ポーレン(ヨシムラ) ダグ・ポーレン(ヨシムラ)
1990年 伊藤真一(ホンダ) 岡田忠之(ホンダ) 坂田和人(ホンダ) 岩橋健一郎(ホンダ) 鶴田竜二(カワサキ)
1991年 ピーター・ゴダード(ヤマハ) 岡田忠之(ホンダ) 小野真央(ホンダ) 宮崎祥司(ホンダ) 高橋勝義(ヤマハ)
1992年 ダリル・ビーティー(ホンダ) 原田哲也(ヤマハ) 斉藤明(ホンダ) 塚本昭一(カワサキ)  
1993年 阿部典史(ホンダ) 宇川徹(ホンダ) 加藤義昌(ヤマハ) 北川圭一(カワサキ)  
SB GP250 GP125 ST600 S-NK
1994年 吉川和多留ヤマハ 宇川徹(ホンダ) 宮坂賢(ホンダ)    
1995年 青木拓磨(ホンダ) 沼田憲保(スズキ) 宇井陽一(ヤマハ)    
1996年 青木拓磨(ホンダ) 沼田憲保(スズキ) 東雅雄(ホンダ)    
1997年 芳賀紀行(ヤマハ) 加藤大治郎(ホンダ) 秋田貴志(ヤマハ)    
1998年 伊藤真一(ホンダ) 中野真矢(ヤマハ) 仲城英幸(ホンダ)    
1999年 吉川和多留(ヤマハ) 松戸直樹(ヤマハ) 仲城英幸(ホンダ)   鎌田学(スズキ)
2000年 井筒仁康カワサキ 中冨伸一(ホンダ) 小山知良(ヤマハ)   鶴田竜二(カワサキ)
2001年 梁明スズキ 関口太郎(ヤマハ) 仲城英幸(ホンダ) 武田雄一(ホンダ) 北川圭一(スズキ)
SB GP250 GP125 ST600 JSB1000/S-NK
2002年 渡辺篤(スズキ) 嘉陽哲久(ヤマハ) 仲城英幸(ホンダ) 清成龍一(ホンダ) 山口辰也(ホンダ)
JSB1000/SB/S-NK GP250 GP125 ST600  
2003年 北川圭一(スズキ) 青山博一(ホンダ) 青山周平(ホンダ) 小西良輝(ホンダ)  
JSB1000 GP250 GP125 ST600 GP-MONO
2004年 井筒仁康(ホンダ) 高橋裕紀(ホンダ) 仲城英幸(ホンダ) 辻村猛(ホンダ)  
2005年 伊藤真一(ホンダ) 青山周平(ホンダ) 菊池寛幸(ホンダ) 安田毅史(ホンダ)  
2006年 伊藤真一(ホンダ) 横江竜司(ヤマハ) 中上貴晶(ホンダ) 安田毅史(ホンダ) 山下祐(ヤマハ)
2007年 渡辺篤(スズキ) 宇井陽一(ヤマハ) 岩田裕臣(ホンダ) 小西良輝(ホンダ) 森隆嘉(ホンダ)
2008年 中須賀克行(ヤマハ) 高橋巧(ホンダ) 菊池寛幸(ホンダ) 小西良輝(ホンダ) 乃村康友(ホンダ)
2009年 中須賀克行(ヤマハ) 宇井陽一(ヤマハ) 菊池寛幸(ホンダ) 手島雄介(ホンダ) 花房一樹(ヤマハ)
JSB1000 J-GP2 J-GP3 ST600 GP-MONO
2010年 秋吉耕佑(ホンダ) 小西良輝(ホンダ) 大久保光(ホンダ) 山口辰也(ホンダ) 藤井謙汰(ホンダ)
2011年 秋吉耕佑(ホンダ) 中上貴晶(ホンダ) 藤井謙汰(ホンダ) 山口辰也(ホンダ) 長島哲太(ホンダ)
JSB1000 J-GP2 J-GP3 ST600
2012年 中須賀克行(ヤマハ) 渡辺一樹(カワサキ) 徳留真紀(ホンダ) デチャ・クライサー(ヤマハ)
2013年 中須賀克行(ヤマハ) 野左根航汰(ヤマハ) 山田誓己(ホンダ) 渡辺一馬(ホンダ)
2014年 [[  ]](  ) [[  ]](  ) [[  ]](  ) [[  ]](  )

掲載クラス

1967年 - 1975年:セニア

1976年 - 1978年:エキスパート

1979年 - 1994年:国際A級

1995年 - :国際

チーム[編集]

SB GP250 GP125 S-NK
2000年 カワサキレーシングチーム Team高武RSC Jhaレーシング TEAM YELLOWCORN
2001年 チーム キャビンホンダ SP忠男レーシングチーム Team Jha ケンツJトラストレーシング
SB GP250 GP125 JSB1000/S-NK
2002年 YSP Racing Team SP忠男レーシングチーム TEAM Jha ホンダドリームフィルレーシング
JSB1000総合 GP250 GP125 ST600
2003年 ケンツJトラストモジョウエスト SP忠男レーシングチーム Team・HARC-PRO. Team HARC-PRO.
JSB1000 GP250 GP125 ST600
2004年 チーム桜井ホンダ DyDO MIU Racing Team・iF Jhaレーシング F.C.C. TSR
2005年 Honda DREAM RT Team HARC-PRO. チームウイリー Team HARC-PRO.
2006年 KEIHIN KoharaR.T. RACING TEAM 森のくまさん Team HARC-PRO. Team HARC-PRO.
JSB1000 GP250 GP125 ST600 GP-MONO
2007年 ヨシムラスズキwithJOMO TEAM PRO-TEC TEAM PLUS ONE Team HARC-PRO. TEAM PLUS ONE
2008年 YSP&PRESTOレーシング バーニングブラッドRT TSR Team HARC-PRO. モリワキMOTULレーシング
2009年 YSP Racing team Team SJ-R TSR ウイリーDAYTONA プリミティブRT
JSB1000 J-GP2 J-GP3 ST600 GP-MONO
2010年 TSR Team HARC-PRO. 18 GARAGE RACING TEAM モリワキクラブ TSRⅡ
2011年 TSR Team HARC-PRO. Team Projectμ7C TOHO Racing Project μ7c Racing
JSB1000 J-GP2 J-GP3 ST600
2012年 ヤマハYSPレーシングチーム RS-ITOH Team Projectμ7C YamahaThailandRacingTeam  
2013年          

テレビ[編集]

2011年まではCSデジタルのGAORAが中継を行っていたが、2012年からはBSデジタルのTwellVに放映権が移行し、同チャンネルで録画中継(原則としてレースの8日後に放送)が行われている。同年からはUstreamやMFJ独自の動画配信サイト「MFJ Live Channel」を通じてネット上での動画配信も行うようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]