手島雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

手島 雄介(てしま ゆうすけ、1983年1月26日 -)は、埼玉県さいたま市出身のモーターサイクルロードレースライダー。

愛称は「テッシー」。身長172cm、体重65kg、B型

2007年より加藤大治郎の遺志を継ぎ、74Daijiroポケバイ)を使ったスクールを開催している。

略歴[編集]

9歳でポケバイを始め、デビュー戦をいきなり優勝で飾る。中学生でミニバイクに転向し、ミニバイク時代や125cc時代は自分でバイクのメンテナンスをしていた。

家族のサポートで続けてきたレースだが、2000年ヤマハ系名門チームのSP忠男レーシングに加入し、SP250デビュー。初戦で2位表彰台を獲得する。同年夏に開催された、鈴鹿4時間耐久ロードレースに出場。ペアを組んだ三瓶陽介選手と共に17歳コンビで優勝を飾る。

2001年、ST600に転向。ST600イーストエリアチャンピオン。

2002年、ST600で全日本ロードレース選手権デビュー、第6戦SUGOで全日本初優勝を飾る。

2004年全日本ロードレース選手権第6戦鈴鹿を棄権し、FIMアジアチャレンジカップ選手権に参戦。第1レースを優勝、第2レースを準優勝と華麗な国際デビューを飾る。

2005年、SP忠男(YAMAHA)からF.C.C.TSRHONDA)へ移籍。ST600で全日本ロードレース選手権参戦。鈴鹿8時間耐久ロードレースでXX-F Div.1 クラス優勝、総合4位になる。

2006年全日本ロードレース選手権JSBへ転向。MFJ Superbike JSB新人賞獲得。

2007年、F.C.C.TSR(HONDA)からHRC(HONDAワークス)へ移籍。

2007年・2008年と怪我に泣く場面が多く、不本意なシーズンとなった。

2009年、ホンダワークスの全日本ロードレース選手権撤退をうけ、古巣TSRより全日本ロードレース選手権ST600に参戦し、年間チャンピオンとなる。

2010年MotoGPのMoto2クラスに参戦するJiRチームのオファーを受け、第7戦から第11戦までスポット参戦した。

戦績[編集]

  • 2000年 鈴鹿SP4時間耐久レース 17歳ペアで優勝
  • 2001年 ST600 イーストエリアチャンピオン
  • 2002年 全日本ロードレース選手権ST600 シリーズランキング位
  • 2003年 全日本ロードレース選手権ST600 シリーズランキング7位
  • 2004年 FIM ST600アジアチャレンジカップ RD.4マレーシア戦優勝
全日本ロードレース選手権ST600 シリーズランキング7位
全日本ロードレース選手権ST600 シリーズランキング2位
全日本ロードレース選手権JSB1000 シリーズランキング12位
鈴鹿8時間耐久ロードレース(手島、伊藤真一)3位
全日本ロードレース選手権JSBシリーズランキング12位
全日本ロードレース選手権JSB1000 シリーズランキング14位
  • 2009年 全日本ロードレース選手権ST600 シリーズチャンピオン

外部リンク[編集]