青木拓磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青木 拓磨
青木拓磨(2008年)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1974年2月24日(40歳)
群馬県北群馬郡子持村
レースでの経歴
ロードレース世界選手権
活動期間 1993年 - 1997年
初レース 1993年 日本GP 250cc
最終レース 1997年 オーストラリアGP 500cc
チーム ホンダ
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
18 0 4 0 0 169

青木 拓磨(あおき たくま、1974年2月24日 - )は、日本オートバイロードレースライダー、ラリードライバー。吉本興業所属。兄・青木宣篤と弟・青木治親もオートバイライダーであり「青木三兄弟」の次男として知られる。

経歴[編集]

群馬県北群馬郡子持村(現在の渋川市)出身。1990年にデビュー。1995年1996年全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスチャンピオンを獲得。1997年ロードレース世界選手権GP500クラスにフルエントリー。イモラGPで表彰台を獲得し、シリーズ5位となるが、1998年に開幕前のテスト中の事故で脊髄損傷し、下半身不随となったため現役を退くことを余儀なくされる。

引退後は手動でアクセル・ブレーキ操作が可能なレーシングカートに乗り始め、ホンダ・レーシング助監督やテレビ等での解説、子供向けバイク教室などモータースポーツに関する精力的な活動を行なっている。現在も自動車およびオートバイ関係の雑誌に顔を出すことが多く、自身の体感による自動車のバリアフリー追求やオートバイにおけるトライクの存在の認知等も行っている。

ここ数年は手動でアクセル・ブレーキ操作が可能なように改造を行った車で主にラリーレイドにも参戦している。2007年2008年にはタイで行われたアジアクロスカントリーラリーに出場し、2007年には総合7位、2008年は総合19位・市販車改造ディーゼルクラス優勝の成績を残した。2009年にはダカール・ラリーに初参戦。結果はリタイヤとなったが翌年以降への参戦に向け意欲的である。

本人は日本国内での自動車レース参戦を強く望んでいたが、従来日本自動車連盟(JAF)は障害者に対するモータースポーツライセンスの発給に消極的で、2009年まではジムカーナ等単走競技への参加のみが可能な限定付きライセンスしか発給してこなかった(そのためレース活動も、前述のように日本国外でのラリーレイドをメインとせざるを得なかった)。これに対し拓磨本人も手動での車両操作機構の開発を引き続き進めると共に、友人である土屋武士らが中心となってJAFに対しライセンスの限定解除を求める働きかけを行った結果、2010年についにJAFによるライセンスの限定が解除され国内の自動車レース参戦が可能になった。これを受けて拓磨・土屋らは新たに「takuma-gp team KOMACHI」としてチームを立ち上げスーパー耐久のST4クラスへ参戦することを表明している[1]

略歴[編集]

全日本ロードレース選手権GP250 ランキング13位(日清カップヌードルホンダ
  • 1992年 - 全日本ロードレース選手権GP250 ランキング4位
鈴鹿8時間耐久ロードレース9位(青木宣篤RVF750
  • 1993年 - 全日本ロードレース選手権GP250 ランキング2位
鈴鹿8時間耐久ロードレース3位(マイク・スミス/RVF750)
  • 1994年 - 全日本ロードレース選手権スーパーバイク ランキング2位(6勝)
  • 1995年 - 全日本ロードレース選手権スーパーバイク チャンピオン(5勝/HRCRVF/RC45
  • 1996年 - 全日本ロードレース選手権スーパーバイク チャンピオン(8勝/HRC/RVF/RC45)
鈴鹿8時間耐久ロードレース3位(カール・フォガティ/RVF/RC45)
鈴鹿8時間耐久ロードレースリタイヤ(青木宣篤ウルトラマンレーシング/RVF/RC45)
  • 1998年 - 開幕前のテストで脊椎を損傷
  • 1999年 - ホンダレーシング助監督
  • 2000年 - チームキャビンホンダ助監督
  • 2001年 - チームキャビンホンダ助監督
  • 2002年 - ホンダモーターサイクルジャパン レーシングアドバイザー
  • 2005年 - ハンドドライブクロス選手権参戦
  • 2009年 - ダカール・ラリー T2-2 リタイヤ (青木孝次/team takuma-gp/いすゞ・D-MAX)
  • 2009年 - 富士チャンピオンレースシリーズ第5戦 デミオレース 3位

ロードレース世界選手権[編集]

1993年からのポイントシステム:

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
ポイント 25 20 16 13 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位 勝利数
1993年 250cc カップヌードル-ホンダ NSR250 AUS
-
MAL
-
JPN
8
ESP
-
AUT
-
GER
-
NED
-
EUR
-
RSM
-
GBR
-
CZE
-
ITA
-
USA
-
FIM
-
8 24位 0
1994年 250cc カップヌードル-ホンダ NSR250 AUS
-
MAL
-
JPN
5
ESP
-
AUT
-
GER
-
NED
-
ITA
-
FRA
-
GBR
-
CZE
-
USA
-
ARG
-
EUR
-
11 20位 0
1995年 500cc HRC-ホンダ NSR500 AUS
-
MAL
-
JPN
3
ESP
-
GER
-
ITA
-
NED
-
FRA
-
GBR
-
CZE
-
BRA
-
ARG
-
EUR
-
16 23位 0
1996年 500cc HRC-ホンダ NSR500 MAL
-
INA
-
JPN
NC
ESP
-
ITA
-
FRA
-
NED
-
GER
-
GBR
-
AUT
-
CZE
-
IMO
-
CAT
-
BRA
-
AUS
-
0 - 0
1997年 500cc レプソル-ホンダ NSR500V MAL
5
JPN
4
ESP
4
ITA
NC
AUT
NC
FRA
5
NED
NC
IMO
3
GER
3
BRA
-
GBR
10
CZE
6
CAT
7
INA
7
AUS
2
134 5位 0

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]