河崎裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河崎 裕之(かわさき ひろゆき、1945年10月31日 - )は、日本の元レーシングライダー。京都府出身。

14歳で50ccの免許を取得、高校時代にはモトクロスに熱中する。1965年にスズキの契約ライダーとなり、やがてロードレースに転向。1967年に日本GPで50ccクラス3位となる。1968年にスズキの世界GP撤退に伴いヤマハと契約。1970年に全日本シニア251cc以上でチャンピオンとなる。1976年、77年にはインドネシアGPで優勝する。

1977年から82年までスズキに所属、500ccレーサーの開発を担当する。81年オーストリアGPで3位入賞。1983年にヤマハに復帰、YZR500の開発を行いながら全日本、世界GPにも参戦した。1988年引退。現在はヤマハのレーシングアドバイザー。

経歴[編集]

  • 1965年 スズキの契約ライダーとなる。
  • 1967年 世界GP 50ccクラスにスポット参戦し、日本GPで3位入賞を果たした。
  • 1968年 ヤマハへ移籍。
  • 1970年 全日本選手権にレギュラー参戦し、251cc以上クラスチャンピオンとなった。
  • 1977年 スズキへ移籍後はRG500の開発にも尽力した。
  • 1979年 世界GP 500ccクラスにスポット参戦し、オーストリアGPでは5位入賞を果たした。
  • 1981年 世界GP 500ccクラスにスポット参戦し、オーストリアGPでは3位入賞を果たした。
  • 1983年 再びヤマハへ移籍後はYZR500の開発を手掛けた。
  • 1987年 世界GP 500ccクラスにスポット参戦し、日本GPでは7位入賞を果たした。
  • 1988年 引退。

外部リンク[編集]