国際自動車連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際自動車連盟
略称 FIA
設立年 1947年
種類 非営利国際機関
目的 自動車団体統括
モータースポーツ統括
本部 フランスの旗 フランスパリ
位置 コンコルド広場
公用語 英語
フランス語
ウェブサイト www.fia.com
テンプレートを表示

国際自動車連盟(こくさいじどうしゃれんめい、フランス語: Fédération Internationale de I'Automobile)は、世界各国の自動車団体により構成される非営利の国際機関。略称はFIA。本部はフランスパリにある。2009年以降の会長はジャン・トッド

歴史[編集]

前身は1904年に設立された国際自動車公認クラブ協会(Association Internationale des Automobile Clubs Reconnus : AIACR)。1947年にFIAへ改組された。会長は任期4年で、FIA総会(FIA General Assembly)の投票により選出される。

活動[編集]

活動の趣旨は、世界各国の自動車団体(自動車連盟や自動車クラブ)とその登録会員(オーナードライバー)の権益を代表し、国際的な振興を目指すことである。世界125カ国、213の自動車団体が加盟し、総会員数は1億人を超える[1]国際運転免許証発行の便宜を図るほか、自動車の安全確保や環境保護のための様々な啓蒙活動も行っており、2001年にはそのための下部組織としてFIA Foundationを設立した。これらの業務の決定機関が、移動と自動車の世界評議会(World Council for Mobility&Automibile)である。

また、世界中の四輪モータースポーツの統轄機関という役割をもち、競技ルール(スポーティング・レギュレーション)や技術規定(テクニカル・レギュレーション)の制定、レース記録の公認、競技施設の安全性監督、ドライバーへのライセンス発行など多岐の業務を行う。世界選手権、国際選手権、国内選手権などのカテゴリーを設け、フォーミュラ1世界選手権、世界ラリー選手権世界ツーリングカー選手権など多くのレースイベントを主催している。

このモータースポーツ部門は、1922年に設立された下部組織、国際スポーツ委員会 (Commission Sportive Internationale, CSI) が担当していたが、1978年、CSIは国際自動車スポーツ連盟 (Fédération Internationale du Sport Automobile, FISA) に改編された。FISAはF1の運営を巡りF1コンストラクター協会と激しい抗争に及んだが、1981年に合意したコンコルド協定を基に共同運営を行うことになった。1993年、FISAはFIAに吸収され、その役割は世界モータースポーツ評議会 (World Motor Sport Council) が務めることになる。F1に関するレギュレーション決定は下部組織のひとつ、F1委員会 (Formula One Commission) で行われる。

関連団体[編集]

これらから独立して、FIA管轄事項に関する紛争解決を図る国際控訴裁判所 (International Court of Appeal) が設けられている。

FIAが指定する各国の管轄団体をAuthority Sport Nationale :ASNといい、通常1つの団体(例外的に1国複数)が公認されその国での運営を行う。

日本[編集]

FIAの日本における加盟公認組織は日本自動車連盟(JAF)である。つまり日本のASNは日本自動車連盟である。

組織[編集]

  • FIA総会 FIA General Assembly
    • FIA会長 FIA President
      • 副会長(移動と自動車) Deputy President(Mobility&Automobile)
        • 移動と自動車の世界評議会 World Council for Mobility&Automibile
          • 移動と自動車の委員会 Mobility&Automibile Commissions
      • 副会長(スポーツ)Deputy President(Sport)
        • 世界モータースポーツ評議会 World Motor Sport Council
          • スポーツ委員会 Sporting Commission
  • FIA評議員会 FIA Senate
  • 国際控訴裁判所 International Court of Appeal
  • 事務局 Secretariat

歴代会長[編集]

会長名(国籍) 期間
フランスの旗 ジュアン・ド・ロアン=シャボー(Jehan de Rohan-Chabot)フランス 1946年–1958年
フランスの旗 アドラン・ド・リドケルク・ボーフォール(Hadelin de Liedekerke Beaufort)(フランス) 1958年–1963年
イタリアの旗 フィリッポ・カラッチオーロ・ディ・カスタニェート(Filippo Caracciolo di Castagneto)イタリア 1963年–1965年
イギリスの旗 ウィルフリッド・アンドリューズ(Wilfrid Andrews)イギリス 1965年–1971年
ベルギーの旗 アモーリー・ド・メロード(Amaury de Merode)ベルギー 1971年–1975年
ドイツの旗 パウル・アルフォンス・フォン・メッテルニヒ=ヴィンネブルク(Paul Alfons von Metternich-Winneburg)ドイツ 1975年–1985年
フランスの旗 ジャン=マリー・バレストル(Jean-Marie Balestre)(フランス) 1985年–1993年
イギリスの旗 マックス・モズレー(Max Mosley)(イギリス) 1993年–2009年
フランスの旗 ジャン・トッド(Jean Todt)(フランス) 2009年–

主催競技[編集]

世界選手権[編集]

国際、地域選手権[編集]

  • FIA GT3ヨーロッパ選手権 - FIA GT3 European Championship
  • CIK-FIA 世界カート選手権 - CIK-FIA Karting World Championship
  • FIA F3インターナショナルトロフィー - FIA Formula 3 International Trophy
  • FIA ヨーロッパツーリングカーカップ - FIA European Touring Car Cup
  • FIA ヨーロッパトラックレース選手権 - FIA European Truck Racing Championship
  • FIA クロスカントリーラリーワールドカップ - FIA Cross-Country Rally World Cup
  • FIA ヨーロッパドラッグレース選手権 - FIA European Drag Racing Championship
  • FIA ヨーロッパ選手権 オートクロスドライバーズ - FIA Europian Championship for Autocross Drivers
  • FIA ヨーロッパラリークロス選手権 - FIA European Rallycross Championships
  • FIA オルタネティブエネルギーカップ - FIA Alternative Energies Cup
  • FIA ヨーロッパヒルクライム選手権 - FIA European Hill Climb Championship
  • FIA 国際ヒルクライムチャレンジ - FIA International Hill Climb Challenge
  • FIA ヨーロッパヒルクライムカップ - FIA European Hill Climb Cup
  • FIA ヒストリックラリー選手権 - FIA Historic Rally Championship
  • FIA ヒストリックレギュラリティーラリー - FIA Historic Regularity Rallies
  • FIA ヒストリックヒルクライム選手権 - FIA Historic Hill Climb Championship
  • FIA ヨーロッパラリーカップ - FIA European Rally Cups
  • FIA 中東ラリー選手権 - FIA Middle-East Rally Championship
  • FIA アフリカラリー選手権 - FIA African Rally Championship
  • FIA アジアパシフィックラリー選手権 - FIA Asia-Pacific Rally Championship
  • FIA ヨーロッパラリー選手権 - FIA European Rally Championship
  • FIA フォーミュラE選手権 - FIA Formula E Championship

廃止[編集]

車両規定[編集]

FIAは、モータースポーツの基本となる車両規定を制定・公布する権利を持つ。車両規定に関しては、車両の形状や生産台数をベースにしてグループをまず規定する。グループに関しては、1980年までは数字(1~9)で分けていたが1981年からはアルファベットによるグループ分けがメインになっている。グループの下に排気量によるクラス若しくはディビジョン(Div)が設定される。

1970年代[編集]

グループ1(G1)
連続する12ヶ月に5000台以上生産された4座の車。ツーリングカーが対象
グループ2(G2)
グループ1(G1)の車に装備の追加を行って公認を取得したマシン。規定台数500台(台数の違う資料もある)
グループ3(G3)
連続する12ヶ月に5000台以上生産された2座の車。グランドツーリングカーが対象。
グループ4(G4)
グループ3(G3)の車に装備の追加を行って公認を取得したマシン。連続する24ヶ月に規定台数400台(当初500台であったが400台に変更される)。
グループ5(G5)
当初は、2座席オープントップのプロトタイプレーシングカー。参加車の減少により1976年から市販車ベースに大幅な改造を加えたシルエットフォーミュラに変更。シルエットフォーミュラは、ルーフ形状のみ量産車のパーツを使用すればシャーシをパイプフレームやアルミモノコックで新規に製造することが可能。但しエンジンのマウント位置の変更と、サスペンションの基本構造は、市販車のままで、ストラット→Wウィシュボーンなどの変更は不可。
グループ6(G6)
当初は、2座席クローズドボディプロトタイプレーシングカー。グループ4(G4)のGTの試作モデルという位置づけで最低生産台数の規定があった。1976年のG5のシルエットフォーミュラの変更に伴い旧G5の2座席オープントップのプロトタイプレーシングカーに規定変更となった。
グループ7(G7)
排気量無制限の2座席オープントップのプロトタイプレーシングカー。主としてアメリカのカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ用のマシン。
グループ8(G8)
FIAが認定し、FIA選手権がかかったシングルシーター・オープンホイールのフォーミュラカー。カテゴリーとしては、F1F2F3の3種類。
グループ9(G9)
グループ8(G8)以外のシングルシーター・オープンホイールのフォーミュラカー。規定上通称フォーミュラーリブレ(FL)と呼ばれる。選手権としては、使用されるエンジンの排気量を数字で示す場合が多い。エンジン規定がG8に合わない場合もこのグループでの規定でレースが開催された。アメリカのF5000/日本のFJ360・FL550・FJ1300・F2000等のレースが該当する。

1980年代[編集]

2010年代[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]