金谷秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金谷 秀夫(かなや ひでお、1945年2月3日 - 2013年12月19日 )は、元バイクレーサーレーシングチーム会長/監督。兵庫県神戸市生まれ。

1970年代前半の日本国内のレースで「敵なし」と評されるほどの速さを見せた。ヤマハワークスライダーとしてロードレース世界選手権(世界GP)に参戦し、初戦(250ccクラス)でいきなり優勝。さらに500ccクラスと350ccクラスで日本人初の優勝を遂げた。ニックネームは世界の金谷

来歴[編集]

片山義美主催の「チーム木の実」に加入し[1]、伝説の六甲山トレーニングでテクニックを磨く。

「チーム木の実」がカワサキ系チームだったことからカワサキワークスライダーになる。

1969年の全日本セニア[2]250ccクラスチャンピオンになるが、カワサキがレース活動を縮小したため契約を解除されてしまう。

1970年、選抜テストを受けてヤマハワークスに加入。

1971年、全日本セニア251cc以上/同90ccクラスチャンピオン。

1972年、ヤマハワークスライダーとして世界GP250ccクラスに参戦[3]。初戦の西ドイツGPニュルブルクリンク)で、世界GP初参戦・初優勝の快挙を成し遂げるが、前半4戦のみ参戦して日本に帰国。

1973年、ヤマハワークスライダーとして世界GP500cc/250ccクラスに参戦[4]。500ccクラス初戦で2位入賞(優勝はヤマハワークスの同僚、ヤーノ・サーリネン)など好成績を挙げる。しかし第4戦イタリアGPモンツァ)の250ccクラスで発生した多重衝突事故で、サーリネンが事故死し、金谷も負傷してしまう。ヤマハは喪に服す意味で後半戦に出場せず、金谷も帰国した。

1974年、年頭のデイトナ200マイルレースで決勝レース中に転倒し、重傷を負う。数ヶ月の入院加療の後、秋のMFJ日本GPでレースに復帰し、フォーミュラリブレクラス2位入賞。

1975年、ヤマハのエースであるジャコモ・アゴスチーニ[5]のサポート役として、再び世界GP500cc/350ccクラスに参戦。初戦のフランスGPで500ccクラス2位。第2戦のオーストリアGPでは500ccクラスと350ccクラスの両方で優勝という快挙を成し遂げた[6]。しかし第5戦を終えた時点で世界GP参戦を打ち切り日本に帰国。この時点でのランキングは金谷とアゴスチーニが同点1位。前半5戦だけの参戦だったが、金谷は1975年の500ccクラス世界ランキング3位になった[7]。同年秋のMFJ日本GPフォーミュラリブレクラス優勝。

以降は世界GPに参戦することはなくなり[8]、日本国内でヤマハワークスマシンの開発をメインに活動した[9]

1982年いっぱいで現役を引退した。

引退後はヤマハ系の有力チームであるチーム・カナヤの会長として若手を育成[10]。TVのロードレース解説、ライディングテクニックに関する書籍の執筆なども行った。また1982年公開の映画『汚れた英雄』ではレースシーンの監修を担当するなどオートバイライフの浸透に力を注いでいる。

エピソード[編集]

カワサキに所属していた1966年富士スピードウェイで開催された全日本選手権ロードレース大会ジュニア部門[11]250ccクラスに出場。アメリカ人ライダーのギャリー・ニクソンと接戦を展開した末に2位になる。金谷はまだジュニア(現在の国内ライセンス)のライダーだったが、その速さはライバルチームにも知れ渡っていた。ヤマハは金谷+カワサキの優勝を絶対に阻むため、アメリカで既に一流ライダーだったニクソンを呼び寄せ、日本のレース統括団体(MFJ)にジュニア登録させるという裏技を使ったと言われる。本場アメリカの一流ライダーと互角に渡り合ったことで、金谷の評価はさらに高まったという意見がある。

1973年の世界GP500/250cc参戦時の同僚であるヤーノ・サーリネンに対し、深い友情と尊敬の念を抱いていたと言われる。サーリネン事故死の後、ライバルチーム(MVアグスタ)のエースだったジャコモ・アゴスチーニがヤマハに加入してきたこと[12]、および翌1974年にアゴスチーニのサポートをさせられることに、金谷は納得がいかない面があったらしい[13]。それが1974年デイトナ200での転倒・重傷につながったという[14]

1975年の世界GP参戦時、前半戦のみ出場して帰国したことに対し、波紋が起こった。ヨーロッパジャーナリストが『ランキング1位のお前がなぜ、帰るんだ?』『世界チャンピオンになりたくないのか?』と質問したのに対し、金谷は『勝つのはアゴ(アゴスチーニ)の仕事、俺には日本での(マシン開発の)仕事があるんや!』という名言を残した。

一部で「アゴスチーニにチャンピオンになってもらうため、ヤマハが無理に金谷を帰国させたのではないか?」といった説も存在する。金谷は後のインタビュー等で「エースのサポートとして世界GPの前半戦だけ参戦し、帰国後はマシン開発に当たるというのは、事前に決まっていた。それがエースとサポートの仕事であり、不満などはない。僕は性格的にもセカンドライダーが合っていたと思う」と語っている[15]

脚注[編集]

  1. ^ 金谷いわく「片山さんの弟子になった」。
  2. ^ 現在の国際ライセンス
  3. ^ 当時は全日本チャンピオンに対しMFJからヨーロッパ視察の特典が与えられており、ヤマハと金谷はこの特典を利用してGPに参戦したと言われる
  4. ^ 1967年いっぱいで中断していたヤマハワークスの活動再開であり、同時にヤマハとしては初の世界GP500ccクラス参戦だった
  5. ^ ヤマハのライバルであるイタリアのMVアグスタから、1973年末にヤマハに移籍してきた
  6. ^ 世界GP500ccクラス優勝、同350ccクラス優勝、世界GPの2クラス同時優勝、いずれも日本人ライダー初
  7. ^ 同年のチャンピオンはアゴスチーニ。日本のメーカーが世界GP500ccクラスでライダータイトルを獲得したのはこれが初。
  8. ^ オイルショックの影響などでヤマハがレース活動を縮小したため、という意見がある。
  9. ^ 当時のヤマハワークスライダーはマシン開発が主たる業務で、国内レース参戦は年末のMFJ日本GP程度に限られていたため、年間タイトルは獲得できないのが通例だった
  10. ^ チーム・カナヤは金谷の現役時代から存在
  11. ^ 日本GPと併催。この当時まだ全日本選手権はシリーズ化されておらず、この一戦の優勝者が事実上の全日本チャンピオン
  12. ^ 金谷は「アゴスチーニ個人への恨みなどはない」と語っている。
  13. ^ ライバルチームのエースを引き抜くのではなく、既存のヤマハ系ライダーを抜擢してほしいという考えだったらしい。
  14. ^ 同僚のアゴスチーニを抜いてやろうと追いかけている最中に転倒したという
  15. ^ 1974年デイトナ200で重傷を負い入院中、翌年はアゴスチーニのサポートをしようと気持ちがまとまったという

外部リンク[編集]