芳賀紀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
芳賀 紀行
ヤマハYZF-R1を駆る芳賀(2008年8月)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1975年3月2日(39歳)
愛知県名古屋市
ゼッケン 41
ウェブサイト nki41.com
レースでの経歴
スーパーバイク世界選手権
活動期間 2000年 -
2011年 順位 8位 (176pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
252 39 100 6 52

芳賀 紀行(はが のりゆき、1975年3月2日 - )は、愛知県名古屋市出身のオートバイロードレースライダー。ヨーロッパにおいても、その技量・経験から、高い評価と人気を誇る。

兄は元ヤマハワークスライダーの芳賀健輔 (はが けんすけ)。スーパーバイク世界選手権に参戦していた加賀山就臣と仲が良い。

来歴[編集]

1996年鈴鹿8時間耐久ロードレースで史上最年少、最多周回数記録で優勝。1997年全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスチャンピオン。以降、スーパーバイク世界選手権を主戦場にし、世界戦のトップクラスを走る。

2008年スーパーバイク世界選手権チャンピオンのトロイ・ベイリスが引退する際に後継者に指名され、悩んだ末「チャンピオンを獲りたい」とドゥカティ・ワークスチームへの移籍を決断した[1]

2010年スーパーバイク世界選手権からのドゥカティ・ワークスチームの撤退を受け、DFX PATA Apriliaに移籍。アプリリアから供給されるワークススペックのRSV4を駆りスーパーバイク世界選手権に参戦した。

2012年Swan Yamahaに移籍しブリティッシュスーパーバイク選手権に参戦。

2013年加賀山就臣ケビン・シュワンツと共にチームカガヤマから鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦。また、Rapid Solicitors Kawasakiからブリティッシュスーパーバイク選手権の後半3ラウンドに出場した。

ライディングスタイルなど[編集]

ハングオンの時に、体がバイクの陰に隠れるほど体を傾けるライディングスタイルは非常にアグレッシブに映る。芳賀は「縁石はコース内」と言っているが、ほとんどのライダーがサーキットの路面とは摩擦係数が異なる縁石に乗り上げるのを極力避ける事を考えると、スリップダウンを怖がらない芳賀のアグレッシブさを如実に示すコメントである。

アグレッシブさに隠れてはいるが、芳賀の真の得意技はロケットスタートである。2009年には低中速が速いドゥカティとのコンビネーションもあって、「予選は2列目までに入れれば十分」と言われるほどの強烈なスタートでいきなり4~5台を1コーナーまでに抜き去り先頭グループに乱入、上位でレースをコントロールしながら要所で抜き去る、もしくは一歩引いて前のミスを我慢強く待ちながらポイントランキングをコントロールするというレースが目立つ。

他のライダーに比べてコーナーのイン側を常に走るラインを得意としており、独自のライン取りを行う。アメリカのラグナ・セカでは、芳賀の走行ラインの事を「芳賀ライン」と呼んでいる。

ニックネームは「Nitro Nori」。マスコットは「狂犬」。その走りは勝つか転ぶかとまで言われるほど[1]激しいものである。速さは充分だが転倒やマシントラブルによるリタイヤも多いため未だ世界選手権では無冠であるが、強気で魅せるライディング、ユニークなパフォーマンスなどで高い人気を誇り、スーパーバイク世界選手権に欠かせない存在となっている。ミハエル・シューマッハも芳賀のファンである。転倒はするが受身の技術は高く、2008年のソルトレイクでのレースまで転倒を起因とする骨折は一度もしておらず、その骨折が人生で初の骨折であった。

純粋レーサーマシンによるMotoGPよりもスーパーバイクのような市販車改造レースに強く、トップを走るライダーの後ろにぴたりとつけて、わずかなラインの隙を逃さずに飛び込んでいく様は職人芸とも言える。

ゼッケンはどのカテゴリーのレースであっても特殊な事情がない限り「41」であり、自らのウェブサイトのアドレスの一部等にも41を取り入れている。父の誕生日が4月1日であることも重なり愛用のナンバーとなっている。

戦績[編集]

  • 1992年 - ロードレース関東選手権SP250 ランキング2位
  • 1993年 - 全日本ロードレース選手権250cc ランキング13位
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース リタイア(松下順一/ヤマハ YZF750SP)
  • 1994年 - 全日本ロードレース選手権スーパーバイク ランキング9位
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース リタイア(平山雅也/ヤマハ YZF750SP)
  • 1995年 - 全日本ロードレース選手権スーパーバイク ランキング10位
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース 22位(近藤靖典/ヤマハ YZF750SP)
  • 1996年 - 全日本ロードレース選手権スーパーバイク ランキング8位
  • 1997年 - 全日本ロードレース選手権スーパーバイク チャンピオン
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース リタイア(芳賀健輔/ヤマハ YZF750)
  • 1998年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング6位
  • 1999年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング6位
  • 2000年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング2位(ヤマハ・WSBK・チーム/ヤマハ YZF-R7)
  • 2001年 - ロードレース世界選手権500cc ランキング14位(レッドブル・ヤマハ・WCM
  • 2002年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング4位(Playstation2-FGF・アプリリア/Aprilia RSV 1000)
  • 2003年 - ロードレース世界選手権MotoGP ランキング14位(Alice・アプリリア・レーシング/Aprilia RS3)
  • 2004年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング3位(レネゲイト・ドゥカティ/Ducati 999RS)
  • 2005年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング3位(ヤマハ・モーター・イタリア/ヤマハ YZF-R1)
  • 2006年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング3位(ヤマハ・モーター・イタリア/ヤマハ YZF-R1)
    • 鈴鹿8時間耐久ロードレース リタイア(コーリン・エドワーズ/ヤマハ YZF-R1SP)
  • 2007年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング2位(ヤマハ・モーター・イタリア/ヤマハ YZF-R1)
  • 2008年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング3位(ヤマハ・モーター・イタリア/ヤマハ YZF-R1)
  • 2009年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング2位(ドゥカティ・ゼロックス・スーパーバイク・チーム/Ducati 1098R)
  • 2010年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング6位(ドゥカティ・ゼロックス・スーパーバイク・チーム/Ducati 1098R)
  • 2011年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング8位(PATA・レーシングチーム・アプリリア/Aprilia RSV4 Factory)
  • 2012年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング8位(Swan Yamaha/ヤマハ YZF-R1)
  • 2013年 - ブリティッシュスーパーバイク選手権 ランキング26位(Rapid Solicitors Kawasaki/カワサキ ZX-10R)
  • 2014年 - 鈴鹿8時間耐久ロードレース 3位(加賀山就臣・ドミニク・エガーター/スズキ GSX-R1000)

スーパーバイク世界選手権[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2 R1 R2
2000年 ヤマハ RSA
2
RSA
DSQ
AUS
10
AUS
2
JPN
2
JPN
4
GBR
4
GBR
4
ITA
Ret
ITA
5
GER
3
GER
1
SMR
7
SMR
Ret
SPA
3
SPA
1
USA
1
USA
2
GBR
5
GBR
4
NED
3
NED
1
GER
9
GER
5
GBR
GBR
2位 335
2002年 アプリリア SPA
2
SPA
2
AUS
Ret
AUS
6
RSA
Ret
RSA
6
JPN
3
JPN
5
ITA
Ret
ITA
3
GBR
2
GBR
10
GER
4
GER
5
SMR
4
SMR
3
USA
Ret
USA
Ret
GBR
4
GBR
5
GER
7
GER
4
NED
3
NED
6
ITA
5
ITA
4
4位 278
2004年 ドゥカティ SPA
Ret
SPA
1
AUS
8
AUS
6
SMR
4
SMR
4
ITA
Ret
ITA
Ret
GER
1
GER
Ret
GBR
1
GBR
2
USA
6
USA
4
GBR
1
GBR
1
NED
4
NED
3
ITA
4
ITA
Ret
FRA
2
FRA
1
3位 299
2005年 ヤマハ QAT
5
QAT
11
AUS
Ret
AUS
Ret
SPA
5
SPA
4
ITA
11
ITA
9
EUR
Ret
EUR
3
SMR
6
SMR
6
CZE
7
CZE
1
GBR
2
GBR
1
NED
3
NED
2
GER
2
GER
3
ITA
3
ITA
C
FRA
Ret
FRA
3
3位 271
2006年 ヤマハ QAT
Ret
QAT
3
AUS
4
AUS
4
SPA
5
SPA
5
ITA
4
ITA
3
EUR
2
EUR
2
SMR
5
SMR
3
CZE
4
CZE
3
GBR
3
GBR
1
NED
Ret
NED
Ret
GER
2
GER
2
ITA
4
ITA
6
FRA
2
FRA
4
3位 326
2007年 ヤマハ QAT
8
QAT
4
AUS
4
AUS
3
EUR
4
EUR
1
SPA
2
SPA
3
NED
2
NED
Ret
ITA
1
ITA
1
GBR
2
GBR
C
SMR
Ret
SMR
2
CZE
4
CZE
4
GBR
7
GBR
2
GER
1
GER
2
ITA
4
ITA
3
FRA
1
FRA
1
2位 413
2008年 ヤマハ QAT
14
QAT
13
AUS
8
AUS
7
SPA
Ret
SPA
1
NED
Ret
NED
2
ITA
2
ITA
1
USA
Ret
USA
6
GER
1
GER
1
SMR
10
SMR
4
CZE
6
CZE
7
GBR
19
GBR
2
EUR
Ret
EUR
DSQ
ITA
1
ITA
1
FRA
1
FRA
2
POR
Ret
POR
14
3位 327
2009年 ドゥカティ AUS
1
AUS
2
QAT
2
QAT
2
SPA
1
SPA
1
NED
2
NED
1
ITA
2
ITA
Ret
RSA
1
RSA
1
USA
9
USA
8
SMR
5
SMR
3
GBR
3
GBR
Ret
CZE
8
CZE
6
GER
2
GER
Ret
ITA
1
ITA
2
FRA
2
FRA
1
POR
Ret
POR
2
2位 456
2010年 ドゥカティ AUS
3
AUS
5
POR
8
POR
8
SPA
5
SPA
1
NED
10
NED
Ret
ITA
11
ITA
6
RSA
17
RSA
10
USA
3
USA
4
SMR
7
SMR
9
CZE
6
CZE
5
GBR
14
GBR
13
GER
Ret
GER
1
ITA
3
ITA
2
FRA
7
FRA
5
6位 258
2011年 アプリリア AUS
9
AUS
7
EUR
6
EUR
17
NED
Ret
NED
8
ITA
16
ITA
4
USA
9
USA
Ret
SMR
Ret
SMR
3
SPA
6
SPA
7
CZE
12
CZE
10
GBR
Ret
GBR
Ret
GER
3
GER
Ret
ITA
2
ITA
2
FRA
7
FRA
10
POR
15
POR
11
8位 176

脚注[編集]

  1. ^ a b 「大人の走りを身につけて、芳賀が狙う初タイトル」 『Sports Graphic Number』2009年4月16日号、文藝春秋、2009年、雑誌26853-4/16、109頁。

外部リンク[編集]