ワールド・チャンピオンシップ・モータースポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワールド・チャンピオンシップ・モータースポーツWorld Championship Motorsports, WCM)は、かつてロードレース世界選手権に参戦していたレーシングチーム。

ブラータWCM(2005年イギリスGP、ジェームス・エリソン)

チームの歴史[編集]

ROCヤマハ時代[編集]

1992年アメリカのモータースポーツ愛好家ボブ・マクリーンと、イギリスエンジニアジャーナリストのピーター・クリフォードにより設立された。同年よりROCヤマハ(ROC製のフレームにヤマハ・YZR500用のエンジンを搭載したマシン)でロードレース世界選手権500ccクラスに参戦を開始する。ニール・マッケンジーニール・ホジソンらの活躍で、ライダーズランキング10位前後という、プライベーターとしてはかなり良好な成績を何度か残した。

レッドブル・ヤマハ時代[編集]

1997年、チームに転機が訪れた。シーズン開幕時にはカーク・マッカーシー1人がROCヤマハを駆る、例年と同様と体制だったが、第2戦終了後にYamaha Promotor Racing チームが急きょ撤退することになり、ヤマハは行き場を失った2台のYZR500(ワークス仕様)と2人のライダー(ルカ・カダローラトロイ・コーサー)の引き継ぎをWCMチームに依頼した。第3戦ヘレスより、WCMチームは新たに栄養ドリンクメーカーレッドブルのスポンサードを得て、レッドブル・ヤマハ・WCMとして、2台のYZR500と1台のROCヤマハを走らせることになった。突然ワークスマシンとトップクラスのライダーを得たチームのパフォーマンスは大きく向上し、第4戦ムジェロでは、カダローラがチームに初表彰台をもたらした。契約上の問題からコーサーはシーズン途中でチームを去り、マッカーシーが代わってYZR500に乗るようになった。最終的に4回表彰台を獲得したカダローラは、この時点でのチーム最高位となるシリーズランキング6位に入った。

1998年、チームはレッドブルの地元オーストリアに本拠地を移した。ライダーのラインナップは一新され、サイモン・クラファーレジス・ラコーニがYZRを駆った。第8戦ドニントンで、クラファーはチームに初の勝利をもたらした。

1999年は、第12戦バレンシアでラコーニが自身初となる勝利を果たした。一方クラファーはミシュランタイヤへの順応に苦しみ低迷、シーズン途中でギャリー・マッコイと交代になった。マッコイはラコーニが勝利したバレンシアで3位表彰台を獲得した。

2000年がチームにとっての絶頂期となった。マッコイとラコーニは共にチームに残留し、マッコイがシーズン3勝を果たしシリーズ5位を獲得した。また、彼のスライド走法を駆使した豪快なコーナーリングは多くのメディアやファンの注目を集めるところとなった。

2001年はラコーニに代わって前年度スーパーバイク世界選手権シリーズ2位の芳賀紀行がチームに加入した。マッコイは怪我の影響もあって未勝利のシリーズ12位に終わる。芳賀も乗り慣れないYZR500に手こずってシリーズ14位に沈んだ。

2002年、500ccクラスは再編されてMotoGPクラスとなり、新たに4ストローク990ccのマシンが主力となったが、WCMは旧型のYZR500を使い続けることになった。芳賀に代わって加入したジョン・ホプキンスは、ルーキーとしてはまずまずの活躍を見せてシリーズ15位に入った。一方マッコイは怪我で欠場することも多く、シリーズ20位に沈んだ。6年間スポンサーを務めたレッドブルはこの年をもってチームを去り、翌年からは125ccクラスのKTMチームをサポートするようになった。

ハリスWCM時代[編集]

2003年[編集]

2003年、ライダーラインナップは一新されクリス・バーンズラルフ・ワルドマンのペアとなった。チームはイギリスのハリス・パフォーマンス・プロダクツと提携し、新たにハリスWCMとしてシリーズを戦っていくことになった。

ROCと同様、かつてYZR500のエンジンを搭載したオリジナルフレームのマシン(ハリス・ヤマハ)を開発していたハリスと共に、今度は市販車のYZF-R1のエンジンをベースとしたオリジナルの4ストロークMotoGPマシンを開発した[1]が、このマシンはFIMにより失格処分が下された[2]。テクニカルレギュレーション中の「プロトタイプのマシンのみ参戦可」の条文に、多くのエンジンパーツをYZF-R1と共用する点が抵触していると判断されたためである。

チームは国際規律裁判所に控訴したが、決定が覆ることはなかった[3]。さらにスポーツ仲裁裁判所に控訴したが却下され、失格が確定となった[4]。この裁定を受けて、第8戦ドニントンよりチームは1993年型のROCヤマハと、2001年型のセイバーV4(1994年型YZR500ベースのマシン)を引っ張り出してきて戦う羽目になった[5]。ワルドマンはレースに参戦することなくチームを去り、ダビド・デ・ゲアが代わりに参戦した。第11戦エストリルでようやくレギュレーションに適合した新しい4ストロークマシンがデビューし[6]、シーズンの残りを戦ったが、結局この年は1ポイントも獲得することはできなかった。

2004年[編集]

2004年はクリス・バーンズとミシェル・ファブリツィオのペアになったが、バーンズはシーズン半ばで怪我のためジェームス・エリソンに交代となった。さらにエリソンは途中でアプリリアに移ることになり、その代役を宇井陽一が務めた。

2005年(ブラータWCM)[編集]

2005年シーズンはチェコのバイクメーカーブラータと提携し、チーム名も新たにブラータWCMとして戦うことが発表された[7]。ジェームス・エリソンとフランコ・バッタイーニをライダーに、チームは当初は従来型のハリスWCMで戦い、第11戦ブルノには新しいV6エンジンを搭載したマシンがデビューするはずであったが、結局V6マシンがレースを戦うことはなかった[8][9]。この年がWCMチームのGP参戦最終年となった。

2006年以降の動き[編集]

2006年の暫定エントリーリストでは、WCMはビモータエンジンを搭載し、ジェレミー・マクウィリアムスジェイソン・ペレスをライダーに参戦することが発表されていた[10]が、最終的なエントリーリストにWCMの名前はなく、参戦は実現しなかった[11]

2007年シーズンに向けては、250ccクラスを戦うウィノナ・レーシングと提携し、ウィノナ・WCMとしてMotoGPクラスへの復帰を画策していた[12]が、スポンサー集めに失敗し参戦はできなかった[13]

チーム戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]