サイモン・クラファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイモン・クラファー
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
生年月日 1969年1月15日(45歳)
ニュージーランド、ワイオウル
レースでの経歴
ロードレース世界選手権
活動期間 1993年, 1998年-1999年
初レース 1993年 スペインGP 500cc
最終レース 1999年 イギリスGP 500cc
初勝利 1998年 イギリスGP 500cc
最終勝利 1998年 イギリスGP 500cc
チーム スズキ, ヤマハ
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
32 1 3 1 2 162

サイモン・クラファー ( Simon Crafar, 1969年1月15日 - ) は、ニュージーランド・ワイオウル出身のオートバイレーサー

経歴[編集]

1991年、マレーシアのスーパーバイク選手権でチャンピオンとなる。1993年には第4戦スペインGP、500ccクラスのレースにハリスヤマハのマシンを駆ってデビューを果たす。第8戦ヨーロッパGPからは、ジョン・コシンスキーの後釜としてラッキーストライクスズキ250ccチームでワークス仕様のRGV-Γ250を駆った。しかしクラファーは、自分の体格には小さすぎる250ccマシンのライディングを楽しむことはできなかった[1]

1994年、クラファーは同郷のアーロン・スライトのチームメイトとして、Rumiチームでセミワークス仕様のホンダ・RVF/RC45を駆ってスーパーバイク世界選手権にフル参戦を開始し、初年度はシリーズランキング5位に入った。翌1995年シーズンも当初はRumiチームに残留していた。しかしホンダのワークスチームのダグ・ポーレンがシーズン序盤にチームを去ったため、クラファーはその後釜としてワークスチームのセカンドライダーの地位を得て、エースライダーのスライトと再び組むことになった[2]。ワークスマシンを得たクラファーはシーズン終盤にかけて徐々に強さを発揮し、第10戦アッセンのレース1では2位表彰台を獲得した。

翌1996年にはカワサキに移籍。1997年には2位を2回、3位を3回獲得するなどの活躍でシリーズ5位に入った。スーパーバイク世界選手権ではここまでトータルで10回表彰台に立ったものの、勝利は挙げられないままだった。

1998年、クラファーはレッドブルWCMヤマハチームからロードレース世界選手権500ccクラスに復帰。ワークス仕様のYZR500を得たクラファーは、ドニントンでおこなわれた第8戦イギリスGPにおいてグランプリ初優勝を果たした。この勝利はWCMチームにとっても初勝利であり、またダンロップタイヤにとってはドライレースで挙げた最後のGP最高峰クラスでの勝利となっている。

1999年シーズン序盤はWCMチームに残留したが、新しいミシュランタイヤへの順応に苦しみ成績は低迷、シーズン途中でギャリー・マッコイにシートを奪われることになった。前年度勝利を挙げたドニントンにはMuZチームから参戦し10位入賞。これがクラファーにとって最後のGPとなった。500ccクラスでは通算25レースに出場、3度の表彰台を記録した[3]

2000年にはスーパーバイク選手権にスライトの代役[4]として2ラウンドのみ出場した。2002年にはヤマハのマシンを駆ってブリティッシュスーパーバイク選手権に出場、2回3位表彰台を獲得してシリーズ8位に入った。

主なレース戦績[編集]

ロードレース世界選手権[3][編集]

シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP ポイント 順位
1995年 500cc ハリスヤマハ 5 0 0 0 7 25位
250cc スズキ 7 0 0 0 17 21位
1998年 500cc ヤマハ 14 1 3 1 119 7位
1999年 500cc ヤマハ
MuZ
6 0 0 0 19 18位
合計 32 1 3 1 162

スーパーバイク世界選手権[5][編集]

シーズン バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
1989年 4 0 0 0 0 0 -
1990年 ヤマハ 2 0 0 0 0 12 39位
1991年 2 0 0 0 0 0 -
1992年 ホンダ 9 0 0 0 0 12 39位
1993年 ドゥカティ 6 0 0 0 1 32 21位
1994年 ホンダ 22 0 0 0 0 153 5位
1995年 ホンダ 24 0 2 0 0 187 6位
1996年 カワサキ 24 0 1 0 0 180 7位
1997年 カワサキ 24 0 2 1 1 234 5位
2000年 ホンダ
カワサキ
6 0 0 0 0 20 30位
合計 123 0 10 1 2 830

鈴鹿8時間耐久ロードレース[6][編集]

開催年 バイク チーム パートナー 総合順位
1989年 ヤマハ・FZR750R YSP目白スーパーエンジェル Toshiharu Kaneko 43位
1992年 ホンダ・VFR750R 元林&チームヨシハル Jun Suzuki 18位
1996年 カワサキ・ZX-7RR オリコカワサキレーシングチーム アンソニー・ゴバート 2位
1997年 カワサキ・ZX-7RR ラッキーストライク・カワサキ 柳川明 7位
1998年 ヤマハ・YZF750 マールボロ・ヤマハRT 芳賀紀行 6位
2000年 ヤマハ・YZF-R7 ヤマハ・レーシング・チーム 辻村猛 16位

脚注[編集]

  1. ^ www.motorcycle.com
  2. ^ ただしマシンカラーは別だった。
  3. ^ a b Simon Crafar career statistics at MotoGP.com
  4. ^ スライトは脳出血を起こしてシーズン序盤を欠場。
  5. ^ http://www.worldsbk.com/teams-e-riders/rider?pilota=43
  6. ^ http://www.suzukacircuit.jp/8tai/history/top.html