中冨伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中冨 伸一
2008年8月、ブランズハッチにて
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1978年10月30日(35歳)
福岡県
レースでの経歴
スーパーバイク世界選手権
活動期間 2006年-2008年
マニファクチャラー ヤマハ
2008年 順位 19位 (51pts)
出走回数 勝利数 表彰台 PP FL 総ポイント
71 0 0 0 0

中冨 伸一(なかとみ しんいち、1978年10月30日 - )は、福岡県出身のオートバイロードレースライダー。2000年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオン。2006年より2008年までスーパーバイク世界選手権に参戦。

略歴[編集]

幼稚園の頃に一度だけポケバイに乗ったことがあった。この時の楽しさが忘れられずに、小学1年の時からお年玉や小遣いを貯めるポケバイ貯金を始めた。小学6年で買ったポケバイで、近くにあったポケバイコースに通いつめた。当初、両親は乗り気ではなかったが、息子の気持ちに動かされ、コースまでポケバイを運んだ。そのポケバイコースは車の解体屋もしており、タイヤ外しの手伝いをして、ただで走らせてもらった。解体する車のガソリンで走った。

全日本を走るほどになったポケバイだが、仲間がやめ始めたころにはやめかけたが、祖母は「本当にやめていいのか?」とたずね「やめたくない」と答えた伸一にミニバイクを与えた。そのバイクで走りまくった。

戦歴[編集]

西日本エリア選手権GP250 チャンピオン
鈴鹿8時間耐久ロードレース10位(玉田誠ウルトラマンRT桜井ホンダ/RVF/RC45
鈴鹿8時間耐久ロードレース4位(武田雄一/チーム高武と桜井ホンダ/VTR1000SP1
  • 2001年 - 全日本ロードレース選手権GP250 ランキング11位(チーム高武/RS250R)
鈴鹿8時間耐久ロードレースリタイア(清成龍一/桜井ホンダ/AC91M)
  • 2002年 - 全日本ロードレース選手権GP250 ランキング8位(チーム高武/RS250R)
鈴鹿8時間耐久ロードレース29位(生見友希雄/桜井ホンダ95/VTR1000SPW
  • 2003年 - 全日本ロードレース選手権JSB1000 ランキング6位(YSP&プレスト/YZF-R1
鈴鹿8時間耐久ロードレース2位(吉川和多留/YSP&プレスト/YZF-R1)
  • 2004年 - 全日本ロードレース選手権JSB1000 ランキング3位(1勝:筑波/YSP&プレスト/YZF-R1)
鈴鹿8時間耐久ロードレース14位(吉川和多留/ YSP&プレスト/YZF-R1)
  • 2005年 - 全日本ロードレース選手権JSB1000 ランキング4位(2勝:筑波、オートポリス/YSP&プレスト/YZF-R1)
鈴鹿8時間耐久ロードレース12位(吉川和多留/ YSP&プレスト/YZF-R1)
  • 2006年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング17位(ヤマハ・モーター・フランス/YZF-R1)
  • 2007年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング15位(ヤマハ・モーター・フランス/YZF-R1)
  • 2008年 - スーパーバイク世界選手権 ランキング19位(ヤマハ・モーター・フランス/YZF-R1)
  • 2009年 - 全日本ロードレース選手権 ST600ランキング2位(1勝:鈴鹿/HiTMAN RC甲子園ヤマハ/YZF-R6)
  • 2010年 - 全日本ロードレース選手権 ST600ランキング3位(HiTMAN RC甲子園ヤマハ/YZF-R6)
  • 2011年 - 全日本ロードレース選手権 ST600ランキング2位(HiTMAN RC甲子園ヤマハ/YZF-R6)

外部リンク[編集]