ホンダ・CBR900RR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・CBR > ホンダ・CBR900RR
1997 HONDA CBR900RR

ホンダ・CBR900RR(シービーアールきゅうひゃくダブルアール)は本田技研工業が主に輸出市場向けに製造していた4ストロークオートバイである。輸出用モデルはFireBlade(ファイヤーブレード)のペットネームが与えられている。

モデル別に排気量は893cc、919cc、929cc、954ccとあり、929cc、954ccのモデルはCBR 900CBR 900RRCBR 929RRCBR 954RRと呼ばれる場合があるが、本稿ではこれも併せて記述する。

概要[編集]

1980年代後半から1990年代初頭当時の排気量900cc前後のクラスは、250ccから400ccのクラスで主流となっていたWGPレーサーレプリカモデルや、750ccクラスのスーパーバイク世界選手権に出場するために販売していたホモロゲーションモデルなどの軽量なモデルとは違い、スポーツツアラーモデルが主流であった。(当時スポーツ性能の高いGPZ900Rや、FZR1000GSX-R1100でさえ相当重量があった。)

その中で、ホンダは1980年代後半より、VFR750に続くスポーツモデルとして、CBR750の後継車種でCBRシリーズの旗艦としてCBR250RR400RRシリーズと延長上のデザインをしたCBR750RRの開発していたが、販売面でのCBR750の苦戦、VFR750Rと同じ750ccクラスにスポーツモデルを置くことによるバッティング、V型エンジン搭載車への開発への配慮などの複数の視点からCBR750RRは開発中止となった。

しかしCBR750RRの設計主任を担当した馬場技師が開発の中止された当車種を排気量を900ccぐらいまでアップさせ、軽量なスポーツモデルとして出したら輸出市場が狙えるのではないかとの考えを会社側に提案し、会社側もそれに了承し、開発が決定した。

開発はCBR750RRの遺産を生かし、CBR750RRのエンジンのストロークアップや、レーサーレプリカ同様の軽量化、リアカウルの収納スペースの確保等が挙げられるが、特にハンドリングが900ccからリッタークラスに代表されるような、もっさりしたハンドリングではなく250ccから400ccクラスのレプリカや750ccのホモロゲーションモデルのように軽いハンドリングを目指したところであった。

軽量で、ハンドリングとブレーキは2ストNSR250Rの900cc版ともいえ[1]、CBR900RRは日本国外の市場からは歓迎されまたたく間に世界中でベストセラーになり、新たな造語としてツアラーともレーサーレプリカとも違うという意味でスーパースポーツ(SS)と呼ばれるようになった。

長らく輸出専用車で日本国内では逆輸入車扱いあったが、2001年に発売された6代目、CBR954RRからは国内市場投入が決定され、馬力規制や遮音部品の追加など日本国内の規制に合わせた改良も行われた。国内仕様にはFireBladeのペットネームは与えられていない。

2004年には後継車種であるCBR1000RRにバトンを渡し、生産終了となった。なお、開発も馬場技師から原技師へバトンタッチされ、ペットネームもCBR900RRシリーズのFireBladeとは区別され、Firebladeとなっている。

車種履歴[編集]

初代CBR900(SC28)[編集]

CBR900RR
SC28、1型、および2型
Honda CBR900RR Fireblade 1992,jpg.jpg
CBR900RR Fireblade 1992、ホンダコレクションホール
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 本田技研工業
車体型式 SC28
エンジン SC28E型 893cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブ4気筒
内径x行程 / 圧縮比 70.0mm x 58.0mm / 11:1
最高出力 91kW (124PS)/10,500rpm
最大トルク 9.0kgf・m/8,500rpm
乾燥重量 185kg
車両重量 206kg
テンプレートを表示

初代は893ccであった。エンジンは元が750ccであったものを、70mmのボアはそのままに、ストロークを58mmまで拡大しこの排気量を得ている。これはCBR1100XXと同値のストローク量であり、この排気量のスポーツモデルとしては異例ともいえるロングストローク傾向であった。しかし、それにより中回転域の加速特性は良好であり、軽い車体とのマッチングもあいまって非常に高い運動性を得るに至った。それは主にワインディングロードや高速道路の合流などで活きることとなり、国内外のメディア及びライダーから絶賛をもって迎えられた。

特徴

  • 2眼のフロントライト
  • グロスブラックで塗られたサイレンサー
  • 16インチのフロントホイール

2代目(SC28)[編集]

形式名が一代目と同じことからわかるように、マイナーチェンジモデルである。 このモデルでは独立二灯ライトを廃し、タイガーアイと呼ばれる異型2灯(片側はマルチリフレクタ)のライト形状に変更された。

変更点

  • タイガーアイ形状のヘッドライトへの変更と、独立ポジション・ライトの追加。
  • フロントサスペンションの圧縮側アジャスタの追加。
  • アッパーカウルステーをアルミ製に変更、またシリンダーヘッドカバーをマグネシウム製に変更することで1型から若干の軽量化も施された。
  • アルミ地のサイレンサー。
  • オイル容量の増大。( 交換時3.5L、フィルタ込3.6L)
  • スピードメータの取り出しが、フロントアクスルからドライブシャフトへ移動。


3代目CBR900RR(SC33)[編集]

CBR900RR
SC33、3型、および4型
CBR900RR 1997.png
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 本田技研工業
車体型式 SC33
エンジン SC33E型 919cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブ4気筒
内径x行程 / 圧縮比 71.0mm x 58.0mm / 11.1:1
最高出力 95kW (128PS)/10,500rpm
最大トルク 9.3kgf・m/8,500rpm
乾燥重量 183kg
車両重量 200kg
テンプレートを表示

このモデルより排気量が893ccから918ccへ拡大し出力を4PS向上。2代目のタイガーアイと呼ばれる異型2灯のライト形状は踏襲される。

  • フレームを変更、剛性をやや落とすことで扱いやすさおよび旋回性の向上を実現。またエンジンにも小変更、エギゾーストパイプをステンレスに変更(ブラック塗装)

その他にもフューエルポンプを廃止するなど、軽量化も継続して行われる。

4代目CBR900RR(SC33)[編集]

このモデルがキャブレター仕様の最終型となる。

  • トルクおよび出力の拡大
  • 車両の軽量化

フレームは3型に似るが、ピボット裏側に補強リブを追加したりステムパイプを若干前方へ出すなど、変更点は多い。またスイングアームをテーパー形状に変更、フォークオフセットを35mm→30mmに、フォークピッチを204mm→214mmにするなど、操安性に関する改良は多岐にわたる。更にFブレーキはローター径を296mmから310mmとし、剛性を高めたニッシンの新型キャリパー(キャリパーピストン径は34mm+32mmに大径化)、14mm→5/8インチへ大径化したマスターシリンダーとの組合せでこれまでで最強の制動力を誇る。

エンジンは排気量こそ3代目と同一であるが、アルミスリーブの採用をはじめ約80%のパーツを新造しており、出力は3代目の128PSから130PSへ向上している。キャブレターには新たにスロットルポジションセンサーを追加。マフラーはオールステンレスとなり、ブラック塗装は廃止された。

Fフォークカートリッジのアルミ化、劇的に薄型となったメーターといった徹底した細部の軽量化など、キャブ仕様の集大成ともいえるモデルである。

5代目CBR929RR(SC44)[編集]

CBR929RR
2001年仕様
Honda CBR 929RR.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 本田技研工業
車体型式 BC-SC44
エンジン SC44E型 929cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブ4気筒
内径x行程 / 圧縮比 74.0mm x 54.0mm / 11.3:1
最高出力 108kW (148PS)/11,000rpm
最大トルク 10.3kgf・m/9,000rpm
乾燥重量 170kg
車両重量 198kg
テンプレートを表示

1998年にヤマハからYZF-R1が発売され、シリーズ初の大幅なフルモデルチェンジが行われた。ライバルの衝撃的な高性能を目の当たりにし、1年前倒しで発売開始する。

CBR929RRという名称は正式には北米仕様のみであり、欧州仕様は従来通りCBR900RRという名称となるが、まとめてCBR929RRと呼ばれることも多い。

外観としては3眼ヘッドライトの採用が特徴。ロービームでは真ん中の1灯のみ、ハイビームで3灯すべてが点く。

変更点

  • キャブレターからFI(フューエルインジェクション)に変更
  • 吸気デバイス(H-VIX)、排気デバイス(H-TEV)
  • フロントホイールのインチアップ(16インチから17インチへ)
  • 倒立フロントフォーク
  • セミ・ピボットレスフレーム
  • 液晶のデジタルスピードメーターの採用
  • 欧州仕様ではHISS(ホンダイグニッションセキュリティシステム)を採用している。北米仕様は954から。

なお、北米地区向けに限定車も発売された。

6代目CBR954RR(SC50)[編集]

CBR954RR
2002年仕様[2]
02Model CBR954RR ED.jpg
2002年欧州仕様
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 本田技研工業
車体型式 BC-SC50
エンジン SC50E型 954cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブ4気筒
内径x行程 / 圧縮比 75.0mm x 54.0mm / 11.5:1
最高出力 111kW (151PS)/11,250rpm
最大トルク 10.7kgf・m/9,500rpm
乾燥重量 168kg
車両重量 195kg
テンプレートを表示

このモデルが900シリーズの最終型となるモデルで、初代から始まった軽量化により乾燥重量がミドルクラスのCB400SFとほぼ同じ重量で、CBR1000RRまで含め、ファイヤーブレードシリーズ最軽量のモデルである。なお、スーパースポーツでは初めて国内の基準に合わせて改良が施された日本国内仕様が用意され、馬場技師の最後の担当車両として記念すべきモデルでもあった。FI(燃料噴射装置)仕様でありながらキャブレター車のような爆発的加速力を持ち、後継機のCBR1000RRよりもピーキーな性格だが、現行のスーパースポーツマシンにはない特徴が多い。

変更点

  • より、シャープなデザイン
  • 日本国内仕様の設定
  • チタンエキゾースト
  • イモビライザー(HISS)の初採用
  • LEDテールへの変更

そのほか、インジェクターを4穴から12穴にしたり、スイングアームピボットメンバーの肉厚アップなど、目に見えない変更も数多い。操安に関しては、安定指向の5型をベースに、各部の変更でどうにかシャープな方向へ振った節があり、市場の要求に対する設計陣の苦労もみてとれるモデルである。

なおO2センサー等の排気ガス浄化装置を装着しているモデルもある(ドイツ及びカリフォルニア仕様)。

輸出仕様と日本国内仕様との変更点

  • ヘッドライトが常時点灯(英国および欧州仕様などはヘッドライト切り替えスイッチがあるが、一部の輸出仕様では常時点灯仕様もある)
  • ヘッドライトのポジション灯の廃止
  • ウインカーのダブル球への変更(ウインカーをポジション灯として兼用するため)
  • レギュラーガソリン仕様(フルパワー車および輸出車はハイオクガソリン仕様)
  • 馬力規制(151PSから91PSへの変更)
    • 吸気と排気関係の部品の変更
    • サイレンサーの出口の絞り込み
    • 電気配線の変化
    • スパークプラグの番数変更
    • スピードメーター表記における、180km/h規制(2003年型でフルスケール化)
  • 騒音規制に伴うカウル内へのスポンジなどの遮音物の追加
  • ドリブンスプロケットのサイズ変更
  • サイレントチェーンの採用
  • 北米仕様同様の名称へ変更(ファイヤーブレードの名称は付かず車名がCBR954RRとなる)
  • 一部ステッカーの変更

ほかにも、ホンダアクセスのアラームシステムや、ココセコムに対応できるようになっているなどの日本仕様独自の防犯システムを組み込むことができる

2003年には、北米モデルのカラーバリエーションモデルのほかにもオートバイ販売店であるPRO'S 店限定としてスロベニア共和国アクラポビッチ社のスリップオンサイレンサーと輸出向けの塗装(輸出仕様の2003年型モデル)がされた特別仕様が販売されていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「HONDA 50Years ホンダ50年史」より
  2. ^ http://www.honda.co.jp/news/2002/2020228a-cbr954rr.html

参考文献[編集]

中村友彦「王者奪還」、『Bikers Station』第156巻、遊風社2000年9月、 P. 77-85、 雑誌07583-9。

外部リンク[編集]