ホンダ・CD250U

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・CD250U
Cd250u.jpg
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
車体型式 MA02
エンジン MC06E型 233cc 
内径x行程 / 圧縮比 53.0mm x 53.0mm / 9.2:1
最高出力 22ps/8500rpm
最大トルク 2.0kgm/7000rpm
車両重量 145kg
      詳細情報
製造国
製造期間
タイプ ビジネスバイク
設計統括
デザイン
フレーム ダイヤモンド
全長x全幅x全高 2020mm x 765mm x 1060mm
ホイールベース 1325mm
最低地上高
シート高 755mm
燃料供給装置 キャブレター
始動方式
潤滑方式
駆動方式 チェーン
変速機 常時噛合式5段リターン
サスペンション テレスコピック式
スイングアーム式
キャスター / トレール
ブレーキ 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
タイヤサイズ 3.00-17 4PR
3.25-17 6PR
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 10L
燃費
カラーバリエーション
本体価格
備考 ダブルシートモデルはシート高760mm・1kg増
先代
後継 ナイトホーク250
姉妹車 / OEM
同クラスの車 ヤマハ・YD250
テンプレートを表示

CD250U(シーディーにひゃくごじゅうユー)は、かつて本田技研工業が製造販売していたオートバイである。

概要[編集]

1988年4月8日に発売。型式名MA02。

当時としても珍しい高速道路も乗れる250ccクラスのビジネスバイクであり、CDシリーズに分類されるもののベンリィシリーズとは一線を画す存在で、1968年に発売されたドリームCD250[1][2]の後継車と解釈することも可能である。

車両解説[編集]

CD125Tと共用のプレスバックボーン+鋼管フレームを採用。スイングアームならびにシートレールを延長し、CD125Tより若干大柄な車格を実現した。

シートは一般的なダブルシートとシングルシート+大型キャリアの2種類を選択可能とした[3]

フロントにNS50Fと共用の2ポッドキャリパー式ディスクブレーキを装備。

メーターは一見2眼式であるが、タコメーターは装備せずスピードメーターのみで左側はインフォメーションランプとされた。

エンジンは250Tシリーズ用に開発されたMC06E型空冷4ストロークOHC直列2気筒エンジンに荷物積載を考慮した低めかつクロス気味に設定されたギア比の5段マニュアルトランスミッションを搭載する。

  • 本エンジンは、低中回転でのトルクを重視したチューニングが施されており、360°クランクである。

現状[編集]

日本国内の年間販売目標が2,000台であったこと。ビジネスバイクとしては\30万を超える価格や大排気量であったことから、さしたる需要が見つからず約5年で生産終了となった[4]

しかし、ビジネス向け車両であるため高い耐久性を持ち走行5万kmを超えた個体も多数存在する[5]ほか、レトロ嗜好な車体デザインという面ではGB250ヤマハSR400などと比較しても知名度が低いこともあり、稀有な存在に興味を示すマニア・オーナーも存在する。

  • この理由のひとつとしてエンジンがT250シリーズや人気車種であったレブルと共通のMC06E型であったため、パーツは新品ストック・中古も含め入手しやすい状況がある。

また日本国内では不人気により個体数が少なかったものの生産は続けられ、東南アジア各国(特に台湾香港)では近年まで新車の購入が可能であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 二輪製品ニュース・CD250
  2. ^ 当時のCB250Tをベースにエンジン・ボディの各部機能をビジネス向けに改修し、エンジン特性を中低速重視にした当時としても大型の商用車。
  3. ^ 標準現金価格は、ダブルシート仕様が\330,000、シングルシート+大型キャリア仕様が\319,000。
  4. ^ 一時期は郵政省が郵政即配便用バイクとして導入したが、廃止により現在では見ることはほぼ不可能である。
  5. ^ 燃費は個体差はあるが、現在でも概ね25km/L前後をマークする。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]