ホンダ・RC212V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・RC212V
2007年仕様[1]
The Honda Sporty.jpg
Exhibited in AutoExpo 2008
基本情報
メーカー 本田技研工業
エンジン 800cc 4ストローク
水冷DOHC4バルブV型4気筒
最高出力 148kW(201PS)以上
車両重量 Over 148kg
テンプレートを表示

RC212V(アールシーにいいちにブイ)とは、ロードレース世界選手権MotoGPクラス参戦を目的として製作されたホンダのレース専用オートバイである。

解説[編集]

RC212Vを運転するケーシー・ストーナー。2011年には年間チャンピオンに輝いた。

RC212Vは2007年よりMotoGPクラスのエンジン排気量の上限が990ccから800ccに変更されるのに伴い、RC211Vの後継車種として登場した。エンジン形式はRC211VがV型5気筒を採用していたのに対し、FIMレギュレーション変更による排気量削減と、気筒数による最低重量の変更によりV型4気筒を採用している。これは、5気筒による高回転高出力化のアドバンテージよりも、重量面のハンディ(4気筒の最低重量が148kgなのに対し5気筒の最低重量は155.5kg)の方が影響が大きいとの判断による。

一方でシャーシに関しては、前年にニッキー・ヘイデンがライディングしてチャンピオンを獲得した「ニュージェネレーション」と呼ばれる仕様のRC211Vがベースとなっている。「ニュージェネレーション」は、「オリジナル」と呼ばれる従来型のRC211Vに較べて大幅にコンパクト化されており、いわばRC212Vの先行開発型とも言えるものであった。

こうしてコーナーリングと立ち上がり加速重視のコンセプトのもとに生まれたRC212Vであったが、当初のライダーの評価は「パワー不足」というものであった。事実、2007年シーズンが始まってみると、圧倒的な最高速を誇るドゥカティデスモセディチGP7の後塵を拝し、シーズン2勝を挙げるのがやっとであった。しかしシーズン中にも大幅な改良が続けられ、終盤には4戦連続ポールポジションを獲得するまでに戦闘力を向上させた。

以降もヤマハおよびドゥカティの後塵を拝する状況が続き、RC211Vに比べると苦戦が続いたが、都度改良が加えられ続けたことにより勝利数は増えていくようになる。

2010年モデルからはサスペンションを長年使用されていたショーワからオーリンズ製へ、ホイールも自社生産モデルからマルケジーニ製へと変更されている(オーリンズ製サスペンションに関しては2009年シーズン後半からアンドレア・ドヴィツィオーゾのマシンで先行投入されている)。これはタイヤのワンメイク化に伴い、足回りをライバルと同じ仕様にすることでトラブルの際の原因をシンプル化することが目的であるという。なおこの変更でmotoGPクラスの全車がオーリンズ製サスペンション・マルケジーニ製ホイールとなっている(なお2010年からテック3が、2011年からヤマハワークスがホイールをMFR製に変更している)。

投入以降ずっと問題化されていたエンジンのパワー不足に関しても、2009年よりエンジン開発やマネジメントシステム開発にホンダF1F1エンジンを開発に関っていたエンジニアが参加したことでほぼ解消されているという[2][注釈 1]2011年型では新型のシームレスミッションが採用されており(ホンダが最初に投入し、その後スタンダートとなったF1のシームレスミッションの技術の応用だけではなく、マウンテンバイクのワークス参戦時に得た材質加工技術も生かされているという[3])、ライバル陣営に対するアドバンテージとなっていると言われている[4]中で、ホンダに移籍してきたケーシー・ストーナーの絶好調もあり6年ぶりにマニュファクチャラー・ライダー・チームのチャンピオン3冠奪回を果たし、レギュレーションの変更に伴い最後のシーズンとなるRC212Vにとって最高の締めくくりとなった。

2012年シリーズからは再び排気量が1,000ccになるのに伴い、後継機のRC213Vに引き継がれる。

マニュファクチャラーズ・ランキング[編集]

  順位 優勝回数 レース回数 優勝ライダー
2007年 3位 2 18 ダニ・ペドロサ(2勝)
2008年 3位 2 18 ダニ・ペドロサ(2勝)
2009年 2位 3 18 ダニ・ペドロサ(2勝)
2010年 2位 4 18 ダニ・ペドロサ(4勝)
2011年 1位 13 17 ケーシー・ストーナー(10勝)

参考画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 事実RC212V最終年となる2011年ではライダーの体格等による違いはあるものの、他メーカーのマシンと比較しても最高速度で5km/h前後速い速度を常に計測している。

出典[編集]

  1. ^ 2006年10月31日ニュースリリース”. 2012年11月17日閲覧。
  2. ^ ライディングスポーツ2011年4月号より
  3. ^ ライディングスポーツ2012年3月号より
  4. ^ ホンダ公式サイト内宮城光のホンダMotoGP2011シーズン分析

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]