ホンダ・シャドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャドウSHADOW)とは、本田技研工業が製造するクルーザー(アメリカン)タイプのオートバイである。シリーズ車種として排気量別に数車種が生産されている。

なお本項では派生車種にあたる VT750/400S(ブイティー750/400エス)についても記述する。

概要[編集]

シャドウは主に北米向けクルーザーに使われていた名前であったが、1986年にそれまで生産されていた NV750カスタムシャドウ の名称で発売し[1]、日本でもこの名称が使われるようになった。

シャドウ(NV750カスタム)[編集]

ホンダ・シャドウ
No motorcycle.png
基本情報
車体型式 RC25
エンジン RC14E型 
水冷4サイクルSOHC3バルブV型2気筒
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
テンプレートを表示

シャドウの名称が使われる国内向けモデルとしては初代に当たるモデル。1982年12月17日に発売された NV750カスタム の外観やフレームを一新した。搭載されるエンジンは現行の750ccモデルとは異なる挟み角が45度のものである。位相クランクを採用し、クルーザーモデルとしては非常に振動が少ないのが特徴。

シャドウ400・750[編集]

シャドウ400 2008年モデル(画像手前がカスタム・奥がクラシック)

概要[編集]

シャドウ400・7501997年に発売された。車体はほぼ共通で前輪17インチ・後輪15インチとなっている。当初はチョッパーとして販売されていたスティードが存在、シャドウはクラシックタイプとして外装を派手にすることで同じクルーザータイプにおける住み分けを計っていが、後にクルーザー車両はシャドウに統一されることになる。

搭載されるエンジンは、スティードに搭載されるものをベースに吸排気系の変更で出力向上を果たしている。さらにワイドレシオのギアを採用してギア1段1段の伸び感を演出。シャドウ750ではスティード600のエンジンのボア・ストロークを変更、ギアを4段から5段へと変更している。

歴史[編集]

1997年シャドウ400・750 新規発売。後のモデルとは違いマフラーは一本出しである。

2000年、前輪19インチで外装をシンプルにした シャドウ スラッシャー および シャドウ スラッシャー750 が発売される。ショートフェンダーの採用、ローダウンによりシート高は従来モデルより50mm低下、触媒内蔵のメガホン形状の2本出しマフラーを装備するなど、カスタム然とした個性的なスタイルであった。

2003年にはシャドウ750のみフルモデルチェンジが行われる。フレームの新設計でホイールベースが30mm延長され、シート高が15mm落とされた。シングルキャブレターの採用による燃費向上、外装の変更や、ホンダ独自の盗難防止気候H・I・S・Sを装備した。併せて型式番号とエンジン型式番号が変更(RC44、RC44EからRC50、RC50E)されている。

2008年、シャドウ750は1月にマイナーモデルチェンジ、シャドウ400は10月にフルモデルチェンジし、PGM-FIを搭載により環境性能を向上させた。シャドウ400は2車種に細分化され、大柄なフェンダーを装着する クラシック と、大径21インチのフロントタイヤと小さなフェンダーを装着し、シャドウスラッシャーの後継にあたる カスタム となった。400ccモデルのエンジンは新設計とされ、低中速のトルクがより強調されている。これにより、400ccのクルーザーモデルとしては初めて、最大出力回転数の半分の回転数で最大トルクを出力するという、より本格的なアメリカンバイクらしいトルクフィーリングを獲得した。全てのモデルにおいて、触媒を内蔵したテーパード(葉巻型)の二本出しマフラーが採用される。

2009年には750ccのバリエーションモデルとして シャドウ ファントム が発売された。この車両は外装を一部変更し塗装をブラックに統一している。また通常の750ccモデルにはABS仕様も追加された。通常仕様車のリアブレーキは機械式リーディング(ドラムブレーキ)だが、ABS仕様車のリアブレーキは油圧式ディスクブレーキとなっている。

VT750S・400S[編集]

VT750S
VT400S

VT750S2010年3月に発売された。北米では SHADOW RS として発売されている車両で、車体は先代のシャドウをベースとしチェーン駆動の採用や外装の簡素化で大幅に重量を軽減させており、エンジン出力もカタログスペックではシャドウと異なっている。また車輪もシャドウファントム同様に前輪19インチ・後輪16インチに換装している。大型自動二輪車のビギナーを意識した車両となっており、販売価格は税込みで74万9,700円と抑え目に設定されている。

同年11月5日には VT400S を発売。車体は750と同一で、エンジンはシャドウ400シリーズからの流用となっている。

1100ccクラス[編集]

1993年から当時のホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング(HAM)が生産していた シャドウ・エース(VT1100C2) を日本に輸入し シャドウ アメリカン クラシック エディション として正規発売した。1,099cc、挟み角45度のエンジンはわずか2500rpmで8.7kgmの最大トルクを発生させる。

1998年には同じくHAM生産による シャドウ エアロ が300台限定で輸入販売された。ディープフェンダーや大型なヘッドライト、ティアドロップ型タンク、シーソー型チェンジペダルや大型ステップボードなどの採用で、よりクラシックなスタイリングを強調させたモデルである。

なお、日本において1100ccクラスのシャドウが シャドウ1100 の名称で発売されたことは無い。

VT125シャドウ[編集]

VT125 シャドウ

VT125シャドウは、主にヨーロッパの初心者ライダー向けに生産されていた排気量125ccのクルーザーであり、日本に正規輸入はされなかった。エンジンはこの車両のために開発された水冷90°V型2気筒で、最大出力15hp/11,000rpmの高回転型である。このエンジンはバラデロ125にも採用されている。車体は125ccとは思えないほど大柄であり、また車重も乾燥重量145kgと重い。同クラスにはXV125 ビラーゴエリミネーター125などが存在する。

脚注[編集]

  1. ^ ホンダ二輪製品ニュース[1]

外部リンク[編集]