ホンダ・CBツイスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・CBツイスター
Cb110.jpg
基本情報
エンジン 109cc 
内径x行程 / 圧縮比 __ x __ / __
テンプレートを表示

CBツイスター(シービーツイスター)は、本田技研工業インド法人であるホンダ・モーターサイクル・アンド・スクーター・インディア・プライベート・リミテッド(HMSI)が製造販売している自動二輪車である。約4.2万ルピー(デリー価格 約8万円)で、初年度は22万台の販売を見込むインド国内における戦略車。

概要[編集]

2010年2月に発売。インド国内で最も競争が激しい100ccクラスをターゲットにする。

エンジン2009年に投入されたホンダ・スーパーカブ110に搭載された新世代の単気筒エンジンを搭載。9馬力のエンジンにインド国内の道路事情に合わせた4速マニュアルトランスミッションを組み合わせる。環境性能も同年4月から施行されるインド国内の排出ガス規制(BS-3)に適応するよう配慮される[1]

外観はビキニカウルを配するなど若年層向けの設定がなされ、ブラジル・ホンダが同国内の市場に投入されているCG150TitanMixなどと同系統のデザインを有する[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]