ホンダ・マグナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マグナMAGNA)とは、かつて本田技研工業が発売販売していたクルーザー(アメリカン)タイプのオートバイである。

1980年代から2000年代にかけて、シリーズ車種として排気量別に開発・生産されていた。また、単純表記で「ホンダ・マグナ」とされた際には、750ccクラスの3代目モデルにあたるマグナ(RC43型)のみを指す場合がある。

VF750マグナ・V45マグナ・マグナ/RS[編集]

VF750 Magna

マグナシリーズ最初の車種となる「VF750マグナ」は、1982年4月VF750セイバーの兄弟車種として登場。

世界初となる水冷V型4気筒750ccエンジンを、チョッパースタイルのボディに搭載。最高出力は72psを発揮。また二輪初採用となる油圧式クラッチや、ブレーキング時の姿勢変化を抑えるTRAC機構を装備していた。

SuperMagna(1987年式)
V45マグナ・カナダ輸出モデル

シリーズ2代目となる「V45マグナ」は、1987年4月に登場。

1,660mmのロングホイールベースに695mmの低シート高のロー&ロングフォルムと、斜め上を向いている4本出しのマフラーが特徴。最高出力はクラス上限数値である77psを確保しつつ、中低速域の扱いやすさに重点を置いたセッティングとなっていた。

VF750C Magna(1999年式)
マグナ・輸出モデル

シリーズ3代目となる「マグナ」は、輸出専用モデルとして生産されていた「VF750C」の日本国内向けとして、1993年6月に登場。

エンジンはVFR系のものをベースに、カムシャフトの駆動方式をギア(カムギアトレーン)からローラーチェーンに変更し、空冷エンジン風の冷却フィンを追加装備して搭載。最高出力は2ps落とされて75psとなった。1994年7月には、ビキニカウルを装備した派生車種「マグナRS」も登場した。

Vツインマグナ(250cc)[編集]

ホンダ・Vツインマグナ
マグナ250.JPG
基本情報
排気量クラス 軽二輪
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 MC29
エンジン MC15E型 249cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 60.0mm x 44.1mm / 11.0:1
最高出力 27PS / 10,000rpm
最大トルク 2.3kgf・m / 7,500rpm
乾燥重量 171kg
車両重量 183kg
テンプレートを表示

マグナシリーズの250cc版である「Vツインマグナ」(V-TWIN MAGNA)は、1993年の第30回東京モーターショーにて発表され、翌年より販売が開始された。

なお、同車は2007年9月の自動車排出ガス規制強化をもって生産終了が公表された[要出典]

I型[編集]

1994年6月25日に発売された[1]。ホンダ伝統のVTシリーズなどに用いられた水冷4ストロークDOHC4バルブ90°V型2気筒のエンジン「MC15E型」を採用。トルク特性を中低速領域に変更し、エンジンフィーリングに鼓動感をもたせつつ最高出力27馬力を発生させた。シリンダーヘッドシリンダーブロックの側面には、水冷エンジンながら空冷フィン風のモールドが施されている。マフラーはショートタイプのメガフォンマフラーを車体右側に二連装で装備し、エキゾーストパイプは車体下部で接続されておりトルク特性に貢献している。250ccクラスながら車格は400ccモデルにひけをとらないほどの大柄なボディであった。

VツインマグナS[編集]

1996年6月15日に発売された[3]。通常モデルのI型マグナをベースとしているため基本性能は変わらないが、ハザードランプスイッチがこのモデルのみ装備されている。大きな変更としては、後輪のみディッシュホイールだった通常モデルに対して前輪にもディッシュホイールを採用、リアサスペンションにはリジットサス風のフルカバー付きショックアブソーバーが採用された。

II型[編集]

1999年3月24日に発売された[4]。基本性能はI型とさほど変わらないが、従来通りのツインメガフォンタイプの外観ながらマフラー内部が新設計され、環境性能の向上がなされている。外観もマイナーチェンジされ、シートがスリムな新形状になり、ステップがI型に比べ40mm前方に移動された。

III型[編集]

2004年11月30日に発売された[5]。基本性能はII型同様。外観もほぼ変わっていないが、燃料タンクには新デザインのロゴマークと「SPIRIT OF THE PHOENIX(スピリット・オブ・ザ・フェニックス)」[6]の立体エンブレムを採用。盗難抑止に効果的な強化ハンドルロック機構や強化キーシリンダー、イグニション配線の直結始動防止回路を採用するとともに、別売のイモビアラームキットが取り付け可能なプレワイヤリングを新たに装備した。

最終モデル[編集]

2006年11月24日に発売された[7]。ベースはIII型であり、性能や装備は基本的に同様となる。このモデルのみの特徴としては、メッキ仕上げのクランクケースカバーを黒塗装仕上げに変更、エンジン本体や前後ホイールハブなども黒色で統一し、より精悍な引き締まったイメージとなっている。さらに燃料タンクの上部には、ホンダがアメリカンカスタムバイクの象徴としている“SPIRIT OF THE PHOENIX”[6]の不死鳥をデザインイメージしたタンクマークを施されている。色はグラファイトブラックの一種のみラインナップされた。

マグナ50[編集]

ホンダ・マグナ50
Honda MAGNA50 2007-01.jpg
基本情報
排気量クラス 原動機付自転車
メーカー 日本の旗本田技研工業
車体型式 A-AC13
エンジン AC09E型 49cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 39.0mm x 41.4mm / 10.0:1
最高出力 3.9PS / 8,000rpm
最大トルク 0.38kgf・m / 6,000rpm
乾燥重量 87kg
車両重量 96kg
テンプレートを表示

マグナシリーズの末弟「マグナ50」(MAGNA FIFTY)は1995年4月24日に発売された[8]。キャッチコピーは「野性がある。プライドがある。」など。車名に含まれる排気量数は「ごじゅう」ではなく、あえて「マグナフィフティ」と読ませる独特なネーミングとなっている。

搭載されるエンジンはカブ系列の空冷50ccSOHC単気筒、変速機は常時噛合式4速リターン、始動方式はセルスターターのみとなっている。原付一種ながら、当時販売されていた原付アメリカン「ジャズ」とは一線を画した迫力あるスタイルと細部の本格的な作り込みが成されている。なおフロントホイール周りはCBX125Fと同型の物が流用されており、ホンダ伝統のブーメラン型コムスターホイールが用いられた最後の車種となった。

ジャズが生産終了となった後は、同車は唯一ラインアップされている原付アメリカンモデルとなっていたが、2007年9月の排ガス規制をもって生産終了が公表された[要出典]

車体色には、ブーンシルバーメタリック、クラシカルホワイト、パールヘロンブルー、グラファイトブラックなどが設定されていた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]