ホンダ・モトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・CT50JCモトラ
Honda MOTRA 50cc.jpg
基本情報
排気量クラス 原動機付自転車
メーカー 本田技研工業
車体形式 A-AD05
エンジン AD05E型 49cc 
内径x行程 / 圧縮比 39mm x 41.4mm / 9.8:1:1
最高出力 4.5ps/7,500rpm
最大トルク 0.46kg-m/5,500rpm
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本
製造期間 1982年-1987年
タイプ
設計統括
デザイン
フレーム バックボーン式
全長x全幅x全高 1,655mm x 740mm x 975mm
ホイールベース 1,125mm
最低地上高
シート高 720mm
燃料供給装置 キャブレター (PB59)
始動方式 キック
潤滑方式 ウェットサンプ
駆動方式 チェーンドライブ
変速機 3段新ロータリー×2(サブミッション付)
サスペンション テレスコピック式
スイングアーム式
キャスター / トレール 27° / 44mm
ブレーキ 機械式ドラム
機械式ドラム
タイヤサイズ 5.40-10-4PR
5.40-10-4PR
最高速度
乗車定員 1人
燃料タンク容量 4.5L
燃費 100km/L
カラーバリエーション
本体価格 165,000円(発売当時)
備考
先代
後継
姉妹車 / OEM
同クラスの車
テンプレートを表示

ホンダ・モトラ (HONDA MOTRA) は、本田技研工業がかつて生産・販売していた原動機付自転車

概要[編集]

1982年6月10日に発売開始。低く構えた車体にワイドブロックパターンの前後タイヤ、多彩な荷物の積載を可能にする大型キャリアの装備など、アウトドアユースを意識したワイルドな外観が特徴。後にこのスタイルは、同社の250ccスクーターPS250」のデザインモチーフにもなっている[要出典]

搭載されるエンジンは、4.5psを発揮するスーパーカブ系の49cc空冷4サイクル単気筒。3速のロータリー式トランスミッションには「高速」・「低速」を切り替えるレバー操作式の副変速機が搭載されており、ローギア使用時には最大で約23度の登坂能力を発揮した。

販売当時はその特異性と、当時のメーカー希望小売価格が165,000円と50ccモデルとしては若干割高だったことから大ヒットには至らなかった。しかし生産終了後に人気が再燃。現在の中古車市場でも現存台数の絶対的な不足から高値安定の状態が続いている。

車名の由来[編集]

モーターサイクル (Motorcycle) + トラック (Truck) に由来する。

姉妹車種[編集]

同じスーパーカブ系の横型単気筒エンジンを搭載している車種を挙げた。

現在販売されている姉妹車種[編集]

過去に販売された姉妹車種[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]